ドコモ光

本当に必要?ドコモ光の最大通信速度10ギガのスペックや概要を解説!

2021年6月9日

 

ドコモ光10GBは本当に必要か

「ドコモ光10ギガって実際どうなの?」「他社とどう違うの?」などの疑問の声が多いのではないでしょうか?

ドコモ光の通常プランは1Gbpsの通常光回線ですが、10Gbpsとなると通常プランの10倍になります。

ドコモ光が始まったのは2015年3月1日(タイプBは同年6月)、今や700万件を突破しており、光コラボとしては一番人気となっております。

そんな中で「auひかり」や「NURO光」が先行導入している1Gbps以上の光ブロードバンドサービスの中で、オンラインゲームやVRなどを楽しみたいユーザー向けに「ドコモ光10ギガ」を提供開始しています。

しかし、ドコモ光10ギガはエリアがせまく、あまり普及していないのです。

この記事ではドコモ光が気になる人向けに、本当に必要なのかを考えてもらうために、スペックや概要を解説していきたいと思います。

ドコモ光10ギガの基本スペック

ドコモ光10ギガ概要
プラン名10ギガタイプA/10ギガタイプB/10ギガ単独タイプ
エリア・東京都23区・狛江市・調布市・三鷹市の一部
・大阪府大阪市
・愛知県名古屋市
通信速度上り/下り最大10Gbps
提供タイプ戸建てのみ
レンタル機器10ギガ対応無線LANルーター
オプション・ドコモ光テレビオプション
・あんしんパックホーム
・ひかりTV for docomo
※ドコモ光電話提供不可
初期費用3,300円
契約期間2年定期契約/定期契約なし
解約金14,300円(2年定期契約)

注意

  • エリアは関東がメイン
  • 通信速度は技術規格上の実測値なので実際は大きく低下する場合がある
  • ドコモ光電話の提供がない

ドコモ光10ギガ月額料金は高い

タイプAタイプB単独タイプ
月額料金2年契約:6,930円
縛りなし:8,580円
2年契約:7,150円
縛りなし:8,800円
2年契約:6,490円
縛りなし:8,140円
ルーターレンタル550円/月※1
ルーター込みの月額料金2年契約:7,480円
縛りなし:9,130円
2年契約:7,700円
縛りなし:9,350円
2年契約:7,040円
縛りなし:8,690円

※1ルーターレンタルは東日本エリアはドコモから提供されるが西日本エリアはNTT西日本から提供される

月額料金は驚きの高額です。

ルーターレンタルは必須ではありませんが、通常利用しているルーターが10ギガ対応していないことがほとんどなので、ドコモ光本来のポテンシャルを発揮できません。

ドコモとしてはルーターレンタルを推奨しています。

NTT西日本エリア(大阪府大阪市・愛知県名古屋市)の場合はNTT西日本から提供されるため、自分でNTT西日本への申し込みが必要になります(ドコモ光10ギガ申込時に同時取次可)

ドコモ光10ギガの工事料は1ギガプランと同額

ドコモ光10ギガ新規契約/転用の場合

転用前の
フレッツ光プラン
工事工事料
新規契約派遣工事19,800円
転用フレッツ
光クロス以外
派遣工事19,800円
フレッツ
光クロス
不要0円
転用と同時の引越し
NTT東⇒西跨がない
フレッツ
光クロス以外
派遣工事19,800円
フレッツ
光クロス

 

ドコモ光1ギガからドコモ光10ギガへのプラン変更/ドコモ光10ギガ利用中

ドコモ光利用中工事工事料
ドコモ光 1ギガから
ドコモ光 10ギガ
に変更する
ドコモ光 10ギガ
に料⾦プラン変更
派遣工事19,800円
引越しと同時に
「ドコモ光 10ギガ」
に変更
ドコモ光 10ギガ
を利⽤中
引越し派遣工事19,800円
ドコモ光テレビオプショ
ンを申込む/廃⽌する
派遣工事

上記はネットのみの工事料でドコモ光テレビオプションを申し込む場合は別途工事料が発生します。

また派遣工事日を土日祝もしくは年末年始(12月29日~1月3日)にした場合、追加料として3,300円がかかります。

ちなみに工事料は分割払いにすることができます。

戸建て
一括の場合19,800円
分割の場合12回1,375円
24回687円※
36回458円※
48回343円※
60回275円

※分割時端数が発生するため、端数分は初回請求となっております。

10ギガ対応プロバイダは9社に限られている

ドコモ光のプロバイダは24社の中から選ぶことができますが、ドコモ光10ギガの場合は9社と限られます。

タイプAタイプB
プロバイダ・ドコモnet
・plala
・GMOとくとくBB
・andline
・hi-ho
・IC-NET
・BB.Excite
・AsahiNet
・エディオンネット

タイプBに位置している「BB.Excite」はドコモ光(1Gbps)ではタイプAなのですが、10ギガプランではライプBになっています。

ドコモ光はIPv6が対応している

IPvとは「Internet Protocol Version」の略でインターネット通信規格になります。

接続方式には「IPv6通信」と「IPv4通信」があり、「IPv4通信」のみ対応のインターネットサイトが主流になっています。

「IPv4通信」のIPアドレスを割り当てられる数は43億個と言われていますが、世界人口が約60億人のためアドレスが枯渇し混雑しやすい状況の中、新たに導入されたのが「IPv6通信」です。

IPv6通信のIPアドレスを割り当てられる数は約340潤(かん)で、実質無限と言えます。

よって「IPv6通信」は通信速度が速く、安定しやすいということになります。

10ギガ対応無線LANルーターはレンタルしよう

現在10ギガに対応している無線LANルーターは徐々に販売されていますが、従来のルーターと比べ端末価格が跳ね上がります。

そのため、ドコモでは10ギガ対応ルーターレンタルを推奨しています。

レンタルルーター市販品
ルーターレンタルWXR-5950AX12 : Wi-Fiルーター : AirStation | バッファロー
製品名称10ギガ対応無線LANルーターBUFFALO WXR-5950AX12
価格550円/月(レンタル)3万円~4万円
有線LAN10GBASE-T×1(最大速度10GBps)
1000BASE-T×3(最大速度1GBps)
10GBASE-T×1(最大速度10GBps)
1000BASE-T×3(最大速度1GBps)
無線LANDraft IEEE802.11ac/n/a/g/b
(最大速度2.4Gbps)
Draft IEEE802.11ac/n/a/g/b
(最大速度4.8Gbps)

※西日本エリアでレンタルする場合は、NTT西日本から提供されるため「フレッツ 光クロス対応レンタルルーター」となります。

レンタルの場合、年間6,600円のため5年以上利用した場合は損益の分岐点になりますが、市販品の端末価格と比較するとレンタルする方が無難でしょう。

ドコモ光10ギガを導入するメリット・デメリット

ドコモ光10ギガに切り替えを検討しているのなら、切り替える前にメリットとデメリットを知っておきましょう。

ドコモ光10ギガのメリット

メリット

  • ドコモユーザーならセット割が適用できる
  • 高画質動画視聴やオンラインゲームもサクサク利用
  • 新規申し込みならdポイント39,200Ptもらえる

ドコモユーザーならセット割が適用できる

ドコモスマホを利用している人の特権で、スマホと光をセットにすることで「ドコモ光セット割」が適用されます。

詳細は以下の通りです。

料金プランセット割の割引額
5Gギガホ プレミア永年 -1,100円
5Gギガホ
ギガホ プレミア
ギガホ
5Gギガライト/ギガライト<ステップ4:~7GB>
<ステップ3:~5GB>
<ステップ2:~3GB>永年 -550円
<ステップ1:~1GB>

家族が離れて暮らしていても割引対象

ドコモ光を引いている世帯だけ対象ではなく、同じファミリーグループに入っている人全員が対象のため離れて暮らしている家族も割引の対象になります。

ファミリー割引グループの画像

ファミリーグループは、主回線から三親等以内家族であれば、最大20回線までグループを広げることができます。

高画質動画視聴やオンラインゲームもサクサク利用

最近では4Kや8K動画対応のテレビが普及していますし、オンラインゲームをプレイする人も増えてきていますよね。

従来の1ギガだとカクカク動いてしまったこともあると思いますが、10ギガに切り替えることによりサクサク動く可能性が高くなります。

とは言うもののベストエフォート方式のため、通信環境にも大きく左右することになります。

ベストエフォート方式とは

インターネットの通信速度は、あくまでも回線事業者が提示する最大限のスピードです。最大限の条件がそろってはじめてその通信速度が出るということです。その提示した最大通信速度となるように最大限の努力をするという意味で使われる言葉が「ベストエフォート」です。

ドコモ光10ギガの口コミを見てみましょう。

 

速度においてはいい評価が多いようですね。

実測値のため口コミの数値が常に出るわけではありませんが、かなり安定して利用できそうです。

こんな方もPRを兼ねたツイートをしていました。

https://twitter.com/kaori_0816/status/1375039632572751875

元祖マスク女子のざわちんさん。PRとはいえ、10ギガの速さを体験し感動されています。

新規申し込みならdポイント39,200Ptもらえる

ドコモ光10GBキャンペーン

出典:NTTドコモ

※キャンペーンによりポイント数が変動します。

ポイントの内訳は以下の通りです。

【特典1】新規契約または転用でdポイント進呈

【特典2】最大12ヵ月毎月dポイント1,600Pt還元

 

【特典1】新規契約または転用でdポイント進呈

ドコモ光10ギガを新規で申し込むとdポイント20,000Pt、転用なら5,000Ptもらえます。

【適用条件】

①「ドコモ光10ギガ(2年定期契約)」を申し込み、申込み月含む7か月以内に利用開始
②「ドコモ光」の利用開始時時点で「ドコモ光 10ギガ(2年定期契約)」契約中であり「ドコモ光」ご契約者がdポイントクラブ会員またはドコモビジネスプレミアクラブ会員であること

注意ポイント

・ドコモ光1ギガからの料金プラン変更は対象外

・ポイント進呈タイミングは「ドコモ光」利用開始月の翌々月

・ポイントは期間・用途限定(※有効期限は進呈月の1日から起算して6ヵ月)

【特典2】最大12ヵ月毎月dポイント1,600Pt還元

適用条件は特典1と同じです。

1,600Pt×12ヵ月間もらえるのなら、19,200Pt還元されるということになります。

ポイント進呈のタイミングは「ドコモ光」利用開始月の翌々月から最大12ヵ月間となります。

ドコモスマホのペア回線がない場合

ドコモのスマホを契約しておらず、ドコモ光10ギガを単独で契約する場合、「ドコモ光のdアカウント登録」をすることでポイント進呈の対象になります。

  • 「ドコモ光」のペア回線(「ドコモ光」と対となる携帯電話回線)ご契約者はペア回線にポイント進呈となります。ペア回線を設定しない場合は「ドコモ光のdアカウント登録」をすることでポイント進呈の対象となります。
  • ポイント進呈時点で「ドコモ光」またはペア回線のご契約者がdポイントクラブ会員またはドコモビジネスプレミアクラブ会員でない場合はポイント進呈されません。
  • 進呈するdポイント(期間・用途限定)の有効期限は進呈月の1日から起算して6か月です。「ポイント交換商品(賞品が当たる抽選、JALマイル・Pontaポイントへの交換含む)」「ケータイ料金の支払い」「データ量の追加」にはご利用になれません。詳細は「別ウインドウが開きますdポイントクラブサイト」でご確認ください。
  • ドコモビジネスプレミアクラブ会員の場合はドコモポイントの進呈となります。ドコモポイントは「ケータイ料金の支払い」にはご利用になれません。
  • 2年定期契約は利用開始日から2年間同一回線での継続利用が条件(自動更新・解約金あり)です。
  • ドコモショップ・量販店以外からのお申込みの場合、特典内容が異なる場合があります。

引用元:ドコモ光公式サイトより

12ヵ月間1,600Ptもらえるのなら、月額の実質料金に充てて計算してみました。

タイプAタイプB単独タイプ
月額料金2年契約:6,930円
縛りなし:8,580円
2年契約:7,150円
縛りなし:8,800円
2年契約:6,490円
縛りなし:8,140円
ルーターレンタル550円/月※1
ルーター込みの月額料金2年契約:7,480円
縛りなし:9,130円
2年契約:7,700円
縛りなし:9,350円
2年契約:7,040円
縛りなし:8,690円
ポイント進呈後の実質料金
(1年間・ルーター込み)
2年契約:5,880円2年契約:6,100円2年契約:5,440円

ドコモ光10ギガのデメリット

続いてデメリットです。

デメリット

  • ドコモ光電話が非対応
  • サービス提供は戸建てタイプのみ
  • 料金が割高

ドコモ光電話が非対応

なんとドコモ光電話(固定電話)が非対応のため、現在ドコモ光電話を契約している場合は廃止しないといけません。

昨今では携帯電話の普及により、固定電話を引いている世帯は減少傾向ではありますが、仕事用や子どもの学校用で利用している方も多くいらっしゃいます。

固定電話が利用できないと困る方は、この時点で10ギガは外れます。

サービス提供は戸建てタイプのみ

ドコモ光10ギガは戸建てタイプのみサービス提供をしており、マンションに住んでいる方は対象外になります。

マンションに住んでいる場合は「ドコモ光1ギガ」の契約をしましょう。

その点、NURO光は戸建てもマンション(5階建て以下)もサービス提供しているため、今後に期待したいと思います。

料金が割高

通信品質が良くなっているので、金額が上がるのは致し方無いことではあります。

10ギガタイプA1ギガタイプA
月額料金(戸建て)2年契約:6,930円2年契約:5,720円
5年利用415,800円
※ポイント進呈を考慮して396,600円
343,200円

10ギガと1ギガの料金の差分は1,210円です。

10ギガは12ヵ月間1,600Pt還元されると考えても、5年間利用で53,400円の差分です。

今一度、本当に10ギガが必要なのかを考えてみましょう。

10ギガ他社比較

10ギガはドコモ光以外にも他社で提供しています。

10ギガ提供しているおすすめの事業者は以下の通りです。

  • ドコモ光
  • NURO光
  • auひかり
  • SoftBank光

それぞれ比較してみます。

光事業者4社で比較してみた

気になるところは月額料金や工事費用、キャンペーンといったところだと思います。

以下の表でまとめてみました。

ドコモ光NURO光auひかりSoftBank光
月額料金6,930円6,317円6,468円6,930円
工事費用19,800円66,000円
※実質0円
41,250円
※実質0円
26,400円
解約金14,300円22,000円16,500円10,450円
住居タイプ戸建て戸建て
マンション
※5階建て以下
戸建て戸建て
公式キャンペーン39,200Pt進呈1ヵ月目:無料
2~3ヵ月目:550円/月
事務手数料:無料
10ギガスタート割
-858円/月×12ヵ月
月額5,720円
(最大24ヵ月間)

月額料金はNURO光が一番安価になりますが、SoftBank光のキャンペーンでは24ヵ月間月額料金5,720円になります。

月額料金の割引をしていないのがドコモ光のみであり、ポイントもお金ではあるのは分かりますが、少し寂しいキャンペーンと感じます。

しかも期間・用途限定ポイントのため、ポイントを月額料金に充てることはできず、dポイント加盟店での利用および6ヵ月間の有効期限付きですし。

強制的にポイントを利用せざるを得ません。。。

キャリアスマホじゃないならNURO光一択

ドコモ・au・SoftBankのスマホなら、それに合わせた光の申し込みが一番安いです。

言わずもがなですが、ドコモなら「ドコモ光セット割」、auなら「auスマートバリュー」、SoftBankなら「おうち割光セット」により、セット割が適用されます。

では格安スマホを利用している場合はどうでしょう?

答えはNURO光が正解です。

NURO光をおすすめするポイント

  • 月額料金が安い
  • 事務手数料がかからない
  • 工事費が実質0円
  • マンションが対応している

以上のように、メリットがたくさんあります。

\最大45,000円キャッシュバック/

NURO光公式サイト

下り2Gbps速度で爆速

ahamo利用者ならセット割をねらう

ahamoは月額料金が2,970円のドコモ格安プランです。

ahamoにすることにより、ドコモ光とのセット割が適用されないため泣く泣く継続している方や、別の光回線へ乗り換えた方も多くいるかと思います。

しかし諦めるのはまだ早い!ahamoユーザーでも光回線とのセット割があります(10Gbpsではないけど)。

詳細は「ahamoの光セット割がある!?業界最安水準「enひかり」の料金や評判・他社比較を徹底解説」をご参考ください。

ahamo-povo-enhikari
参考enひかりの9つのメリットと3つのデメリット|評判から他社比較まで徹底解説!ahamoやpovoはおすすめ

追記:2022年9月20日(火)に、enひかり1ギガ用無線LANルーター大特価キャンペーンの終了日が延長されました。 追記:2022年3月1日(火)より、KDDIの格安プラン「povo」にしている方も ...

続きを見る

まとめ

ドコモ光10ギガについて解説しましたが、まだまだエリアがせまく検討している人も少ないでしょう。

しかし今後エリアが広がったとして、月額料金を鑑みて本当に10ギガが必要か考えてみましょう。

最後に、ドコモ光10ギガがおすすめな人とおすすめではない人を解説しておきます。

ドコモ光10ギガがおすすめな人

  • 多人数で利用する人
  • 高画質動画視聴やオンラインゲームを利用することが多い人
  • お金より品質を大事にする人

ドコモ光10ギガがおすすめではない人

  • 現状で満足している人
  • SNSやネットの利用がメインな人
  • 1円でも節約したい人

ぜひ参考にして、素敵なスマホライフを過ごしてくださいね!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ラボ

ドコモに勤めて15年。 ドコモショップスタッフによるドコモユーザーや覚えることで大変なドコモで勤めるスタッフの手助けになるようサイトを立ち上げる。 長年培ったプロの視点でドコモサービスを解説・評価・他社比較をするサイト。 ドコモを利用するすべての人のためになるよう忌憚なく記事を書いていきます。別サイト「ちょっとWiFi」にてドコモ記事の監修者も手掛ける。

-ドコモ光

© 2022 ドコモラボ -docomolab-