iPhone15

ahamo 他社固定回線

GMOとくとくBB光がahamoユーザーにおすすめな3つの根拠|固定費節約術

ahamo×とくとくBB光3つのおすすめ理由

モコちゃんはてな
モコちゃん
なんでahamoってとくとくBB光がおすすめって言われてんの?

ahamoユーザーにとって、光回線をどこにするか重要なポイントです。なぜなら、ahamoはドコモ光とのセット割がないため、ドコモ光のまま放置しておくと損をしてしまいます。

ではなぜ、GMOとくとくBBが運営する「とくとくBB光」がahamoユーザーにおすすめなのか、その根拠となる理由を3点解説していきます。

【期間限定】とくとくBB光 キャッシュバック増額中!

とくとくBB光10ギガ2月

2024年2月1日(木)~ 

吹き出し

特典詳細

①とくとくBB光申し込み全員30,000円キャッシュバック

②他社から乗り換えで60,000円増額

④オプション同時申込で最大24,000円増額

\いよいよ最後のチャンス!/
最大114,000円受け取れる!

とくとくBB光公式サイトはコチラ

ahamoはGMOとくとくBB光がおすすめな理由

とくとくBB光

では早速結論でもある理由から述べます。

とくとくBB光がおすすめな理由

  • 理由1.年間1万円以上も節約できる
  • 理由2.ahamo大盛り100GBと比較して実質月額820円(27円/日)しか変わらない
  • 理由3.契約期間がないためスマホごといつでも乗り換えられる

理由1.年間1万円以上も節約できる

solution

ahamoにした人の大半は、「毎月のスマホ料金を安くしたい」という思いで変更していると思いますが、光回線を見直さず高いまま放置するのは本末転倒です。必ず固定回線の見直しをしておきましょう。

とくとくBB光の月額料金は業界最安レベルで格安に設定されており、今最も勢いのある光回線と言えます。プラン別料金は以下の通りです。

料金プラン 戸建て マンション
とくとくBB光 通常プラン 4,818円 3,773円
【参考】ドコモ光 5,720円 4,400円
差額 902円/月 627円/月

通常プランとドコモ光と比較しても、毎月戸建て902円/マンション627円の差が開くため、年間10,824円も節約することができる、格安スマホならぬ「格安光」と言っても過言ではありません。

ahamoはショップや電話での受付ができなくなる代わりに月額料金が安くなるプランですが、とくとくBB光においてはショップ自体構えていないため、基本的には電話での対応になります。

ドッくん キラリ
ドッくん
でもやっぱり窓口があった方が安心という人は、ドコモ光にしておくことをおすすめするよ!

しかしご安心ください。「パソコンの設定が分からない」「ネットにつながらなくなった」などのトラブル時には、とくとくBB光オプションの「リモートサポートサービス(月額550円)」があるので、不安な人は付けておくのがおすすめです。

理由2.ahamo大盛り100GBと比較して実質月額338円(11円/日)しか変わらない

Plan

ahamo大盛りオプションにより、月間100GBのデータ容量を月額4,950円で利用することができます。しかし、とくとくBB光と比較すると、実質月額338円程しか変わらず、かつデータ無制限で利用することができます。

その根拠となるのは、とくとくBB光の高額キャッシュバックによるものです。計算してみましょう。

【参考】

  • ahamo月額料金:2,970円/20GB
  • 大盛りオプション:1,980円/+80GB
  • 合計4,950円/100GB
ahamo20GB+とくとくBB光 ahamo単体
月額料金 ahamo:2,970円
・戸建て:4,818円
・マンション:3,773円
ahamo+
大盛りオプション:4,950円
キャッシュバック 90,000円※2
とくとくBB光
3年間実質料金※1
戸建て:実質2,318円
マンション:実質1,273円
合計金額 戸建て:5,288円
マンション:4,243円
4,950円

※1 計算式:(月額料金×36ヵ月-40,000円)÷36ヵ月
※2 オプション加入条件のキャッシュバックは除いています

上記のように、毎月戸建て338円/マンションなんては707円安い計算になります。ahamo単体では月間100GBの制限付きが、とくとくBB光なら無制限で利用可能なのでかなりお得感があります。

理由3.契約期間がないためスマホごといつでも乗り換えられる

Next Stage

ahamo・とくとくBB光ともに契約期間の縛りはないため、もっと良いプランや光回線が出たとしても気軽に乗り換えられます。また解約違約金も発生しません。

とくとくBB光の工事費は3年間の分割支払いとなっており、その分割支払い分が基本料から相殺されることで実質0円となっています。よって、3年以内に解約した場合は、工事費の残債は支払う必要があるため3年以上の利用をおすすめします。

戸建て(派遣工事ありの場合) 料金内訳
工事費 26,400円(分割36回)
1回目:990円/2回目から36回目:726円
基本料割引 1回目:-990円/2回目から36回目:-726円
合計 実質0円

光コラボからの事業者変更や、フレッツ光からの転用であれば工事の必要がないため、いつでも乗り換えることができます。

 

\以下リンクから申込限定特典!/
最大114,000円もらえる!

とくとくBB光特設サイト

✅契約期間に縛りなし・工事費実質無料!

 

おすすめ光回線|GMOとくとくBB光の概要

ahamoユーザーにとくとくBB光がおすすめなのはご理解いただけたかと思います。ここからは、とくとくBB光のどのプランを契約するべきか、料金や速度、キャンペーンなどを解説していきます。

とくとくBB光は通常プランとminiプランがある

とくとくBB光は通常プランとminiプランの2つで構成されているシンプル設計です。しかし、通常プランにおいては、申し込むサイトによって月額料金が異なるので注意しましょう。

もっとも、おすすめは以下表左の「特設サイト」からの申し込みです。

【通常プラン】
とくとくBB光
特設サイト経由
【新プラン】
とくとくBB光 mini
【通常プラン】
とくとくBB光
公式サイト経由
公式サイト
トップページ
\ 1番人気 /
とくとくBB光2月
とくとくBB光mini2月 とくとくBB光通常2月
月額料金 戸建て:4,818円
マンション:3,773円
戸建て:4,730円
マンション:3,630円
※ルーターレンタル料330円含む
戸建て:5,390円
マンション:4,290円
プラン変更 変更不可 公式通常プランへ変更可 miniプランへ変更可
通信制限 なし トラフィック混雑時に低速 なし
工事費用 実質0円 実質0円 実質0円
解約違約金 0円 0円 0円
契約期間 なし なし なし
v6プラス あり あり あり
ルーターレンタル 無料 330円/月(必須) 無料
キャンペーン 最大114,000円
①全員対象:30,000円

②他社乗り換え:+60,000円
③オプション加入:+最大24,000円
最大89,000円
①全員対象:5,000円
②他社乗り換え:+60,000円
③オプション加入:+最大24,000円
最大89,000円
①全員対象:5,000円
②他社乗り換え:+60,000円
③オプション加入:+最大24,000円
公式サイト 詳しくはコチラ 詳しくはコチラ 詳しくはコチラ

miniプランはルーターレンタル代がかさむため、特設サイトの通常プランの月額料金とほぼ同額になります。miniプランは通信トラフィックが混雑すると制御され、通信速度が低下する設計になっているため、この金額差なら特設サイトの通常プランがおすすめです。

申し込みは上記の3通りから好きなものを選ぶことができますが、申し込むサイトによってプランが異なるうえに、実はこれには注意が必要です。

注意!miniプランと公式サイトの通常プランは変更できるが特設サイトの通常プラン変更できない

特設サイトはminiプランや公式サイトの通常プランとは違うため、プランを変更することはできません。言い換えれば、miniプランと公式通常プランは自由に変更することができます。

しかしよく考えてみてください。以下に3つのプランのメリット・デメリットを書いておきます。

メリット デメリット
特設サイト
おすすめ!
・月額料金が安い
・全員一律30,000円キャッシュバック
・乗り換え特典60,000円増額
・v6プラス対応で通信速度が速い
miniプラン ・月額料金が安い
・乗り換え特典60,000円増額
・v6プラス対応で通信速度が速い
・申込者全員特典が少ない
・トラフィック混雑時に低速になる
・Wi-Fiルーターが有料
公式サイト ・乗り換え特典60,000円増額
・v6プラス対応で通信速度が速い
・申込者全員特典が少ない
・月額料金が高い

このように、特設サイトはデメリットはなく、メリットが多くあります。強いて言えば、「miniは低速の恐れ」があり、「公式通常プランは高い」という点は、極めて大きいデメリットなのではないかと思います。

v6プラス対応で高速通信が可能

とくとくBB光はプランに限らず、v6プラス対応の高速通信が可能です。

v6プラスとは、NTT東日本・西日本が提供するフレッツ光回線を利用したインターネット接続方式で、従来のPPPoE接続方式より混雑しにくく快適に利用できることが特長です。

v6プラス

v6プラスにより、平均通信速度もかなり安定しています。参考にドコモ光と比較してみましょう。

とくとくBB光 ドコモ光
Ping値:20.58ms
下り平均速度:378.63Mbps
上り平均速度:287.26Mbps
Ping値:19.21ms
下り平均速度:372.88Mbps
上り平均速度:264.66Mbps
Ping値:20.99ms
下り平均速度:354.18Mbps
上り平均速度:321.24Mbps
Ping値:19.09ms
下り平均速度:341.48Mbps
上り平均速度:271.3Mbps
夕方 Ping値:20.62ms
下り平均速度:302.53Mbps
上り平均速度:263.82Mbps
Ping値:20.04ms
下り平均速度:301.73Mbps
上り平均速度:251.9Mbps
Ping値:22.55ms
下り平均速度:262.19Mbps
上り平均速度:255.86Mbps
Ping値:22.13ms
下り平均速度:244.15Mbps
上り平均速度:234.72Mbps
深夜 Ping値:19.17ms
下り平均速度:361.94Mbps
上り平均速度:285.39Mbps
Ping値:19.09ms
下り平均速度:356.1Mbps
上り平均速度:277.82Mbps

※参考データ:みんなのネット回線速度(みんそく)より
※計測日:2023年7月31日

ご覧の通り、僅差ですがドコモ光よりとくとくBB光のほうが平均速度が上回っているのが分かります。この品質で月額料金が安いという点も、大きなメリットと言えます。

Wi-Fiルーター無料レンタル

BUFFALO|v6プラス対応ルーター1

v6プラスで高速通信をするには、対応のWi-Fiルーターが必要です。とくとくBB光では、v6プラス対応のWi-Fiルーターが無料でレンタルできます。

無料レンタルできるモデル 【参考】AMAZON価格※1 v6プラス対応 同時接続台数
BUFFALO WSR-2533DHP2 3,400円(中古) 対応 18台
BUFFALO WSR-2533DHP3 7,600円(新品) 対応 18台
NEC PA-WG2600HS 3,480円(中古) 対応 18台
NEC PA-WG2600HS2 7,670円(新品) 対応 18台
ELECOM WRC-2533GST2 6,644円(新品) 対応 24台

※1 2022年12月9日時点の価格です

3年以上利用するとそのままもらえる特典付き。上記ラインナップの機種は選べませんが、どれが届いても性能はほぼ同じなのでご安心を。

とくとくBB光は2023年お客様満足度No.1

とくとくBB光

GMOとくとくBBは、『2023年 RBB TODAY 光コラボアワード』においてお客様満足度総合1位を受賞しています。

さらに、

とくとくBB光|回線速度満足度94%

※お客様アンケート調査「とても満足」「満足」「やや満足」と回答した方の合計93.7%(2022年9月18日~9月25日、回答数889人)

とくとくBB光|お客様の声

 

\以下リンクから申込限定特典!/
最大114,000円もらえる!

とくとくBB光特設サイト

✅契約期間に縛りなし・工事費実質無料!

 

とくとくBB光通常プランについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

GMOとくとくBB光の2月最新キャンペーン

とくとくBBではプランによってキャンペーンが異なります。それぞれ解説していきます。

【おすすめ】特設サイトの通常プランキャンペーン

とくとくBB光2月

特設サイトで申し込める通常プランのキャンペーンは、乗り換え・新規(および転用)それぞれキャッシュバックがもらえます。

とくとくBB光を申し込みと一律30,000円キャッシュバックがもらえます。さらに他社からの乗り換え時に解約金や撤去費用などが発生する場合、金額問わず一律60,000円がキャッシュバック

さらに、オプション(GMOひかりテレビで20,000円+GMOひかり電話で4,000円)同時加入すると、最大24,000円キャッシュバックが追加されるので、合計最大114,000円のキャッシュバックとなります。

とくとくBB光 2月特典
イメージ 吹き出しとくとくBB光2月
対象者 他社からの乗り換え時に解約違約金が発生した場合
申込期限 2024年2月1日(木)~
もらえる金額 最大114,000円
【以下内訳】
【特典A】全員対象:30,000円
【特典B】他社から乗り換え:+60,000円
【特典C】オプション同時加入:+24,000円
共通受取条件 開通月を1ヶ月目として11ヶ月目に指定口座確認のメールが届き、登録があった翌月末日に振り込み
その他受取条件 【特典A】→全員
本サイトからとくとくBB光を申し込みすること
【特典B】→対象者のみ
・他社サービス解約時に解約違約金等の支払いが発生すること
・とくとくBB光の申し込みから3ヶ月目の末日までに他社サービスを解約し解約違約金明細の写真を提出すること
【特典C】→対象者のみ
新規申込と同時に以下指定オプションを加入すること
・GMOひかりテレビ:20,000円増額
・GMOひかり電話:4,000円増額
※乗り換え(事業者変更、転用)の場合、特典対象外

キャッシュバックの手順は以下をご覧ください。

miniプラン・公式サイトキャンペーン

とくとくBB光mini

miniプランと公式通常プランのキャンペーンは、他社乗り換え時に発生した解約金や撤去費用問わず、一律60,000円キャッシュバックがもらえます(新規契約は5,000円)。

miniプランと通常プラン【公式経由】
イメージ とくとくBB光mini2月
金額 最大89,000円
【以下内訳】
【特典A】全員対象:5,000円
【特典B】他社から乗り換え:+60,000円
【特典C】オプション同時加入:+24,000円
申込期限 2024年2月1日(木)~
振込時期 開通から12ヶ月目
その他受取条件 【特典A】→全員
本サイトからとくとくBB光miniを申し込みすること
【特典B】→対象者のみ
・他社サービス解約時に解約違約金等の支払いが発生すること
・とくとくBB光の申し込みから3ヶ月目の末日までに他社サービスを解約し解約違約金明細の写真を提出すること
【特典C】→対象者のみ
新規申込と同時に以下指定オプションを加入すること
・GMOひかりテレビ:20,000円増額
・GMOひかり電話:4,000円増額
※乗り換え(事業者変更、転用)の場合、特典対象外

miniプランと公式通常プランをプラン変更しても、キャッシュバックの権利は剥奪されません。

キャッシュバックを考慮したプラン別実質料金

「他社乗り換えで60,000円キャッシュバック」が魅力に感じる人もいると思います。では、通常プラン(特設経由・公式経由)と、miniプラン別で、実質支払料金を割り出してみましょう。

miniプラン \ 1番人気 /
通常プラン
特設サイト
通常プラン
公式サイト
月額料金 戸建て:4,730円
マンション:3,630円
※ルーターレンタル料330円含む
戸建て:4,818円
マンション:3,773円
戸建て:5,390円
マンション:4,290円
キャッシュバック 65,000円 90,000円 65,000円
3年実質料金 戸建て:120,280円
実質月額料金:3,341円
マンション:80,680円
実質月額料金:2,241円
戸建て:133,448円
実質月額料金:3,707円
マンション:95,828円
実質月額料金:2,661円
戸建て:144,040円
実質月額料金:4,001円
マンション:104,440円
実質月額料金:2,901円

※キャッシュバック金額は他社から乗り換えの場合
※指定オプション加入キャッシュバックは含めておりません

このように金額だけ見るとminiプランが頭一つ抜けた安さになります。この結果から割り出せる結論としては―—

という結果になります。

ahamo光ととくとくBB光はどっちが安いの?

ahamo光

ドコモは2023年7月1日より、ahamo専用光回線「ahamo光」を提供開始しました。

モコちゃんはてな
モコちゃん
ahamo専用だけあって、月額料金は安いんちゃうの?
実はそうとも限らなくて、とくとくBB光の方が総合的に安くなって導入しやすいんだ。詳しく見ていこう!
ドッくん 笑顔
ドッくん

ahamo光ととくとくBB光を比較

ahamo光 とくとくBB光
月額料金 戸建て:4,950円
マンション:3,630円
戸建て:4,818円
マンション:3,773円
事務手数料 3,300円 3,300円
通信速度 最大1Gbps 最大1Gbps
契約期間 2年 なし
工事費 戸建て:19,800円無料
マンション:16,500円無料
最大26,400円実質無料
解約違約金 戸建て:4,950円
マンション:3,630円
なし
スマホセット割 なし なし
契約条件 ahamo契約者 誰でもOK
プロバイダ 一体型 GMOとくとくBB
Wi-Fiルーターレンタル 330円/月 無料レンタル
キャンペーン dポイント10,000pt 新規契約:全員30,000円キャッシュバック
他社乗り換え:60,000円増額
オプション加入

月額料金はほとんど変わらないほか、とくとくBB光では高額なキャッシュバックキャンペーンがあります。そのうえ、Wi-Fiルーターについては、とくとくBB光は無料レンタルサービスがある一方、ahamo光ではOCNバーチャルコネクト対応ルーターを月330円でレンタルするか、自分で用意する必要があります。そうなると、月額料金はとくとくBB光に軍配が上がります。

またahamo光は最低利用期間が2年間で、途中解約すると解約違約金が発生します。そのため、とくとくBB光の方が契約するハードルが低いと言えます。

ahamo光メリット・デメリット|ドコモラボ
あわせて読みたいahamo光は安い!?ドコモ光との違いやメリット・デメリットを徹底解説!

続きを見る

とくとくBB光vsahamo光
あわせて読みたいとくとくBB光とahamo光はどっちがおすすめ?10項目で徹底比較!

続きを見る

年数ごとの実質負担額を比較

ahamo光 とくとくBB光 キャッシュバック
月額料金 戸:4,950円
集:3,630円
戸:4,818円
集:3,773円
ahamo光:10,000pt
とくとくBB光:40,000円
2年 戸:118,800円
集:87,120円
戸:115,632円
集:90,552円
■ahamo光
戸:108,800円
集:77,120円
■とくとくBB光
戸:75,632円
集:50,552円
3年 戸:178,200円
集:130,680円
戸:173,448円
集:135,828円
■ahamo光
戸:168,200円
集:120,680円
■とくとくBB光
戸:133,448円
集:95,828円
4年 戸:237,600円
集:174,240円
戸:231,264円
集:181,104円
■ahamo光
戸:227,600円
集:164,240円
■とくとくBB光
戸:191,264円
集:141,104円
5年 戸:297,000円
集:217,800円
戸:289,080円
集:226,380円
■ahamo光
戸:287,000円
集:207,800円
■とくとくBB光
戸:249,080円
集:186,380円

※戸…戸建て / 集…マンション(集合住宅)

表の一番右側が、キャッシュバック額を考慮した実質負担額ですが、どれを取ってもとくとくBB光の方が安く利用できることが分かります。これに加えてahamo光の場合、Wi-Fiルーターをレンタルするならば月額330円がかかるため、もう少し開きが生じます。

以上のことから、ahamoユーザーはahamo光にするよりとくとくBB光の方が安く利用できます。

 

\以下リンクから申込限定特典!/
最大114,000円もらえる!

とくとくBB光特設サイト

✅契約期間に縛りなし・工事費実質無料!

まとめ|ahamoはとくとくBB光の特設サイトがおすすめ

まとめ

ahamoユーザーにおすすめの光回線「とくとくBB光」について解説しました。とくとくBB光の安さや速度の速さについてはご理解いただけたと思います。

取りまとめると―—

本記事の取りまとめ

  • 年間1万円以上も節約できる
  • リアル店舗がなくても自分で問題解決できる人におすすめ
  • ahamo大盛り100GBと比較して実質月額338円(11円/日)しか変わらない
  • どちらも契約期間がないためスマホごといつでも乗り換えられる
  • とくとくBB光は申し込むサイトによってプランが異なる
  • おすすめは「料金」「品質」「特典」のバランスが取れた特設サイト

とくとくBB光はGMOとくとくBBが提供している光回線です。GMOとくとくBBは、ドコモ光のプロバイダの中でも一番人気を誇る老舗プロバイダなので、安心して申込めるかと思います。

 

\以下リンクから申込限定特典!/
最大114,000円もらえる!

とくとくBB光特設サイト

✅契約期間に縛りなし・工事費実質無料!

iPhoneSE3

新着記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ドックん&モコちゃん

ドックん&モコちゃんがドコモサービスについて解説中! 中の人は現役ドコモショップスタッフが執筆。長年培ったプロの視点でドコモサービスを解説・評価・他社比較をするサイト。 別サイト「ちょっとWiFi」にてドコモ記事の監修者も手掛ける。

-ahamo, 他社固定回線

\今なら最大114,000円キャッシュバック!/
とくとくBB光公式サイト
\今なら最大114,000円キャッシュバック!/
とくとくBB光公式サイト