他社固定回線

2023年2月|GMOとくとくBB光なら最大3.5万円キャッシュバック!他社比較で分かったメリット・デメリット

とくとくBB光トップ

2023年2月1日追記:このページから限定で、とくとくBB光を他社乗り換えで35,000円、乗り換えじゃなくても全員に32,000円(通常は5,000円)キャッシュバックできるようになりました!

モコちゃん 笑顔
モコちゃん
とくとくBB光のキャッシュバックがすごいって聞いてんけど実際のところどうなん?評判はいいの?
とくとくBBは他社からの乗り換えなら高額キャッシュバック中なんだ。じゃあ今回はとくとくBB光について詳しく解説していくよ!
ドッくん キラリ
ドッくん

とくとくBB光(GMO光アクセス)は、インターネットプロバイダ「とくとくBB」が提供するフレッツ光回線を用いたコラボ光サービスで、ドコモ光やauひかりなどのプロバイダで人気です。

またとくとくBB光は、月額料金や通信速度において高い評価を得られているほか、他社からの乗り換えなら高額キャッシュバックが行われています。本記事は、とくとくBBが手掛ける「とくとくBB光」の高い評判の理由や、メリット・デメリット、スマホとのおすすめセットなど解説していきます。

とくとくBB光高額CBについて

  • 他社からとくとくBB光に乗り換えると最大35,000円キャッシュバック
  • 乗り換えじゃないなら全員に32,000円キャッシュバック
  • キャッシュバック受取条件は案内メールから振込口座を登録するだけ
  • オプション加入などの条件なし

とくとくBB光は、他社からの乗り換えの場合、2023年2月1日より最大35,000円キャッシュバックキャンペーン中です。
家のインターネットが遅い…と思っている人は、お得に乗り換えるチャンスです。

とくとくBB光バナー

 \本サイト限定で最大35,000円もらえる!/

とくとくBB光公式サイトをみる

✅縛りなしで工事費実質無料!

Contents
  1. GMOとくとくBB光と他社の月額料金比較
  2. GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)の特長
  3. GMOとくとくBB光キャッシュバックと月額料金を他社を比較
  4. GMOとくとくBB光のキャンペーンまとめ
  5. GMOとくとくBB光を申し込むメリット
  6. GMOとくとくBB光を申し込むデメリット
  7. 自分は新規?転用?事業者変更?
  8. 本当にGMOとくとくBBで申し込んで大丈夫?
  9. まとめ

GMOとくとくBB光と他社の月額料金比較

早速ですがとくとくBB光がどれだけ安いか他社と比較してみます。

光回線事業者 月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金 5年間実質料金
とくとくBB光 戸建て:4,818円
マンション:3,773円
最大35,000円 戸建て:138,448円
実質月額料金:3,845円
マンション:100,828円
実質月額料金:2,800円
戸建て:254,080円
実質月額料金:4,234円
マンション:191,380円
実質月額料金:3,189円
ドコモ光 戸建て:5,720円
マンション:4,400円
最大20,000pt 戸建て:185,920円
実質月額料金:5,164円
マンション:138,400円
実質月額料金:3,844円
戸建て:323,200円
実質月額料金:5,386円
マンション:244,000円
実質月額料金:4,066円
ソフトバンク光 戸建て:5,720円
マンション:4,180円
最大24,000円 戸建て:181,920円
実質月額料金:5,053円
マンション:126,480円
実質月額料金:3,513円
戸建て:319,200円
実質月額料金:5,320円
マンション:226,800円
実質月額料金:3,780円
OCN光 戸建て:5,610円
マンション:3,960円
最大50,000円
※NTT-X Storeにて
50,001円分買い物が必要
戸建て:151,960円
実質月額料金:4,221円
マンション:100,480円
実質月額料金:2,791円
戸建て:286,600円
実質月額料金:4,776円
マンション:187,600円
実質月額料金:3,126円
ビッグローブ光 戸建て:5,478円
マンション:4,378円
最大40,000円 戸建て:147,208円
実質月額料金:4,089円
マンション:117,608円
実質月額料金:3,266円
戸建て:288,680円
実質月額料金:4,811円
マンション:222,680円
実質月額料金:3,711円
So-net光プラス 戸建て:6,138円
マンション:4,928円
最大50,000円 戸建て:170,968円
実質月額料金:4,749円
マンション:127,408円
実質月額料金:3,539円
戸建て:318,280円
実質月額料金:5,304円
マンション:245,680円
実質月額料金:4,094円

戸建てならとくとくBB光、マンションならOCN光が安くなっています。しかし注意したいのが、OCN光のキャッシュバック条件は、NTT-X Storeにて50,001円分の買い物をしないといけないため、純粋なキャッシュバックではありません。

そのことを除くと、とくとくBB光が一番安いことが分かります。

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)の特長

GMOとくとくBB光

とくとくBB光について、料金プランや通信速度について特長を見ていきましょう。またとくとくBB光はGMO光アクセスと呼ぶこともありややこしいですが同じサービスです(この記事では一律してとくとくBB光と記載)。

▼ とくとくBB光の基本情報 ▼

基本情報
月額料金 【戸建て】4,818円
【マンション】3,773円
事務手数料 3,300円
通信速度 最大1Gbps
スマホセット割 なし
解約違約金 なし
最低契約期間 なし
キャンペーン ・最大35,000円キャッシュバック
もしくは全員に32,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル

月額料金はシンプルに住居タイプの違いのみ

料金プランは戸建てタイプ・マンションタイプの2種類のみで、ややこしいプランは全くありません。

戸建て マンション
月額料金 4,818円 3,773円
初月費用 日割り計算

他社光回線のようにややこしい設計ではなく、住居タイプだけのシンプル設計です。また初月の費用は日割り計算になり、計算式は以下のとおりです。

【条件】マンションタイプ・31日の月・10日からサービス開始した場合

【計算式】3,773円÷31日×残22日=2,677円

ドッくん キラリ
ドッくん
月額料金に月の日数を割ると1日あたりの料金が計算でき、それを残りの日数分掛けると料金が割り出せるんだ。

最大1Gbpsの高速光回線

とくとくBB光はフレッツ光同様、最大1Gbpsの高速光回線です。しかしこれはあくまで理論上の数値のため、とくとくBB光以外の光回線を含めこの速度がでることはまずありません。
しかし、とくとくBB光の通信速度は速いと評価が高いことも事実です。

とくとくBB光の時間帯別の平均速度を見ていきましょう。

Ping 下り速度 上り速度
20.69ms 361.62Mbps 281.2Mbps
19.15ms 372.03Mbps 328.01Mbps
夕方 18.3ms 312.25Mbps 253.03Mbps
22.32ms 261.04Mbps 255.65Mbps
深夜 18.28ms 337.76Mbps 288.24Mbps

※参考データ:みんなのネット回線速度(みんそく)より
※計測日:2023年1月11日

昼や夜の混み合う時間帯でも300Mbps前後の通信速度がでているため、かなり安定した速度と言えます。

とくとくBB光?GMO光アクセス?どう違うの?

モコちゃん 困る
モコちゃん
とくとくBB光って言ったりGMO光アクセスって言ったり。。一体どっちなん?
どっちでも正解なんだけど、公式が呼んでるとくとくBB光でいいよ!
ドッくん 笑顔
ドッくん

公式ページでも「とくとくBB光」や「GMO光アクセス」両方の記載があり、ユーザーからしてみると『え?違うサービスなの?』と勘違いされがちですが、正真正銘同じサービスです。

古くからとくとくBBというインターネットプロバイダでサービス提供していたため、ユーザーにとってはとくとくBB光の方が馴染みやすいため、公式ページでもその名称を利用しています。

 \本サイト限定で最大35,000円もらえる!/

とくとくBB光公式サイトをみる

✅縛りなしで工事費実質無料!

GMOとくとくBB光キャッシュバックと月額料金を他社を比較

とくとくBBでは2022年12月28日より他社からの乗り換えで最大30,000円の高額キャッシュバックキャンペーンを実施しています。光回線を検討している人にとってキャッシュバックがもらえるのは嬉しい特典ですが、キャッシュバックキャンペーンを行っている光回線は数多くあり、結局どこが一番お得なのか分からなくなるものです。

ここからは、とくとくBB光のキャッシュバックの詳細と、キャッシュバックを行っている光回線を比較していきます。

2/1より最大35,000円分キャッシュバック

とくとくBB光キャンペーン

とくとくBB光のキャッシュバックキャンペーンは2種類あります。1つは他社からの乗り換え時に掛かった解約違約金の金額に関わらず一律30,000円キャッシュバック。2つ目は新規契約、および乗り換え時に解約金が発生しなかった場合、本サイト限定で全員に25,000円キャッシュバックとなります。

他社から乗り換え 新規契約
イメージ とくとくBB光キャンペーン とくとくBB光キャンペーン2
対象者 他社からの乗り換え時に解約違約金が発生した場合 他社からの乗り換え時含み解約違約金が発生しない場合
申込期限 2023年2月1日~2023年2月28日 2023年2月1日~2023年2月28日
もらえる金額 解約金金額に関わらず一律35,000円 32,000円
特典併用 35,000円と32,000円の特典は併用不可
共通受取条件 開通月を1ヶ月目として11ヶ月目にメールにて指定口座確認のメールが届き、登録があった翌月末日に振り込み
その他受取条件 ・とくとくBB光を申し込み後、電話で特典の申し込みをすること
TEL:0570-045-109 受付時間:10:00~19:00(平日)
・他社サービス解約時に解約違約金等の支払いが発生すること
・とくとくBB光の申し込みから3ヶ月目の末日までに他社サービスを解約し解約違約金明細の写真を提出すること
なし

振込条件はいたって簡単で、開通後11ヵ月目に案内メールが届いたら振込口座を登録するだけです。他社から乗り換える場合は、電話で特典の申し込みをし、他社で掛かった解約違約金の明細を送付するだけ。紙の明細がなくWEBで明細を確認していた場合は、画面のスクショや写真でもOKです。

メールが届くのは11ヵ月後なので忘れないようにリマインド設定しておこう!

案内メールが届くのは11ヵ月先になるためずっと覚えておくのは困難です。忘れないように、スマホやパソコンのスケジュールに案内メールが届くリマインド設定をしておきましょう。案内メールが届く目安は以下のとおりです。

開通月 案内メールが届く月 キャッシュバック振り込み月
1月 11月 12月
2月 12月 翌年1月
3月 翌年1月 翌年2月
4月 翌年2月 翌年3月
5月 翌年3月 翌年4月
6月 翌年4月 翌年5月
7月 翌年5月 翌年6月
8月 翌年6月 翌年7月
9月 翌年7月 翌年8月
10月 翌年8月 翌年9月
11月 翌年9月 翌年10月
12月 翌年10月 翌年11月
モコちゃん 笑顔
モコちゃん
案内メールが届く月初めにアラームが鳴るようにしておけば安心!

35,000円がもらえる人はこんな人!

「私は35,000円に当てはまるの?」と疑問に思う人もいると思います。とくとくBB光キャッシュバックの対象者は残念ながら全員ではありません。また以下2つの特典は併用ができないため、必ずどちらかが対象になります。
どんな人が35,000円もらえるのか見ていきましょう。

32,000円もらえる人 35,000円もらえる人
対象者 他社からの乗り換え時に解約違約金が発生しない人 ・他社のネット回線を解約で費用が発生した人
・ADSL、ケーブルテレビ解約で費用が発生した人
・ホームルーター、ポケットWi-Fi解約で費用が発生した人
・テレビ、固定電話に関わる費用が発生した人
・他社の工事費、端末代の残債が発生した人
・プロバイダ解約にかかる費用が発生した人
・他社固定電話からアナログ回線切り替えで費用が発生した人

基本的に35,000円をもらえる人は、何かしらネット回線の解約で費用が発生した場合です。
それは光回線に限らず、ADSLやケーブルテレビ、ホームルーターの解約や端末代、ポケットWi-Fiの解約金や端末代、固定電話や光テレビなどの費用すべてを含むため、ほとんどの人が対象になるのではないでしょうか。

モコちゃん 笑顔
モコちゃん
このご時世、ネット回線を利用してない人は少ないもんね!ウチも対象やし嬉しいわぁ~!

フレッツ光コラボ回線とキャッシュバック比較

コラボ回線にはキャッシュバックキャンペーンを行っている事業者が多くあります。とくとくBB光を含め、他の光回線の公式キャンペーンと比較してみましょう。
※キャッシュバック金額は一律オプション加入なしの条件で記載しています
※2022年12月時点の情報です

光回線事業者(公式) キャッシュバック金額 受取時期
とくとくBB光 最大35,000円 12ヵ月後
ドコモ光 最大20,000pt 4ヵ月後
ソフトバンク光 最大24,000円 6ヵ月後
OCN光 最大50,000円
※NTT-X Storeにて50,001円分買い物が必要
2ヵ月後
ビッグローブ光 最大40,000円 12ヵ月後
So-net光プラス 最大50,000円 12ヵ月後

公式キャンペーンの内容で比較すると、So-net光プラスが頭一つ抜けています。後述にて比較していますが、月額料金においてもとくとくBBが一番安く光を引くことができます。

 \本サイト限定で最大35,000円もらえる!/

とくとくBB光公式サイトをみる

✅縛りなしで工事費実質無料!

GMOとくとくBB光のキャンペーンまとめ

とくとくBB光では、高額キャッシュバックキャンペーンの他に「工事費実質無料」と「Wi-Fiルーターレンタル」のキャンペーンを行っています。それぞれ詳しく見ていきましょう。

工事費実質無料キャンペーン

GMOとくとくBB新規工事実質無料

光回線を導入する際に、大きな費用が掛かりがちなのが開通工事費用です。とくとくBB光では、開通工事の費用の実質無料キャンペーンを行っています。

+ 工事費用を見る

住居タイプ 派遣工事の有無 工事費用
戸建て
(屋内配線を設置する工事)
26,400円(分割36回)
1回目 990円
2回目~36回目 726円

(既設の屋内配線を利用した工事)
2,200円(分割36回)
1回目 275円
2回目~36回目 55円
マンション 光配線方式
(屋内配線を設置する工事)
25,300円(分割36回)
1回目 1,045円
2回目~36回目 693円

(既設の屋内配線を利用した工事)
2,200円(分割36回)
1回目 275円
2回目~36回目 55円
VDSL方式
LAN配線方式
25,300円(分割36回)
1回目 1,045円
2回目~36回目 693円
2,200円(分割36回)
1回目 275円
2回目~36回目 55円
  • 追加工事費
夜間深夜に工事する場合 NTT東日本 NTT西日本
時間帯 昼間(9:00~17:00) 0円(時刻指定をする場合は+12,100円)
夜間(17:00~22:00) 27,610円
深夜(22:00~8:30) 44,210円
土日祝に工事する場合 +3,300円
  • 追加工事費の例
  1. NTT東日本の地域で、日曜日の午前9:00に時刻を指定して工事を行った場合(屋内配線を新設する場合)
    12,100円(訪問時刻指定の追加工事費)+3,300円(土日祝の追加工事費)=15,400円
  2. NTT西日本の地域で、土曜日の17:00~22:00に工事を行った場合(屋内配線を新設する場合)
    27,610円(夜間工事希望の追加工事費)+3,300円(土日祝の追加工事費)=30,910円
  3. ※記載の金額は税込み金額です

3年以内の解約には注意

工事費用は36ヵ月間月額料金から割引されるため相殺になります。しかし、36ヵ月以内に解約すると工事費用の残債は支払わないといけないため、実質3年間以内の解約は費用がかかります。

新規契約26,400円の工事費用で2年間で解約した場合

726円×12回=残債8,712円の支払いが発生

他社へ乗り換える際、工事費用の残債を負担してくれる事業者もありますが、残債が発生することは忘れないようにしておきましょう。

v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターが無料レンタル

GMOとくとくBB光ルーターレンタル

とくとくBB光では、v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターが実質永年無料でレンタルできます。また3年以上利用した場合はそのままもらえます。
まずどのようなルーターか見ていきましょう。

無料レンタルできるモデル 【参考】AMAZON価格※1 v6プラス対応 同時接続台数
BUFFALO WSR-2533DHP2 3,400円(中古) 対応 18台
BUFFALO WSR-2533DHP3 7,600円(新品) 対応 18台
NEC PA-WG2600HS 3,480円(中古) 対応 18台
NEC PA-WG2600HS2 7,670円(新品) 対応 18台
ELECOM WRC-2533GST2 6,644円(新品) 対応 24台

※1 2022年12月9日時点の価格です

Wi-Fiルーターの機種は選ぶことができませんが、どのモデルが届いても性能は差ほど変わりません。またBUFFALO製のWSR-2533DHP2と、NEC製のPA-WG2600HSは、AMAZONでは新品を取り扱っておらず中古品の価格を記載していますが、どの製品も定期はほぼ変わりません。

高額キャッシュバックがもらえるうえに、Wi-Fiルーターも無料レンタルできるので、用意していない人にとっては嬉しい特典と言えるでしょう。

GMOとくとくBB光を申し込むメリット

とくとくBB光のメリットは以下のとおりです。

とくとくBB光のメリット

  • キャッシュバックが高額で受取条件が簡単
  • 解約費用に関わらず一律同額のキャッシュバック
  • 他者と比較して月額料金が安い
  • v6プラス対応だから通信速度が速い
  • 高性能Wi-Fiルーターがおかわりできる
  • 契約期間の縛りがないから解約違約金0円
  • 工事日までポケットWi-Fiがレンタルできる

メリットは計7点あります。光回線を選ぶポイントとして、「価格」「速度」「特典」の3つが挙げられますが、とくとくBB光はすべて網羅しているということになります。

それでは順番に見ていきましょう。

キャッシュバックが高額で受取条件が簡単

キャッシュバックの詳細については先述しておりますが、もう一度おさらいしておきましょう。

とくとくBB光のキャッシュバックには対象者が主に2通りあり、1つは他社からの乗り換え時に解約違約金などの料金が発生した場合の特典、もう1つは一切料金が発生しない場合で、この2つは併用できません。

他社から乗り換え 新規契約
イメージ とくとくBB光キャンペーン とくとくBB光キャンペーン2
対象者 他社からの乗り換え時に解約違約金が発生した場合 他社からの乗り換え時含み解約違約金が発生しない場合
申込期限 2023年2月1日~2023年2月28日 2023年2月1日~2023年2月28日
もらえる金額 解約金金額に関わらず一律35,000円 32,000円
特典併用 35,000円と32,000円の特典は併用不可
共通受取条件 開通月を1ヶ月目として11ヶ月目にメールにて指定口座確認のメールが届き、登録があった翌月末日に振り込み
その他受取条件 ・とくとくBB光を申し込み後、電話で特典の申し込みをすること
TEL:0570-045-109 受付時間:10:00~19:00(平日)
・他社サービス解約時に解約違約金等の支払いが発生すること
・とくとくBB光の申し込みから3ヶ月目の末日までに他社サービスを解約し解約違約金明細の写真を提出すること
なし

解約費用に関わらず一律同額のキャッシュバック

極端に言えば、例えば他社に支払っている工事費用の残債が1,000円だったとしても、一律で35,000円もらうことができます。

また35,000円キャッシュバックの条件である他社で掛かる解約違約金は、なにも「解約金」だけを指しているわけではなく、基本的に他社で発生する費用全般を指しており、参考に以下にまとめました。

特典対象

  • 他社の解約金
  • 配線撤去費用
  • 工事費用の残債
  • モバイルWiFiやホームルーターの端末金残債

他社と比較して月額料金が安い

とくとくBB光の月額料金は、他社と比較してかなり安く設定されています。

光回線事業者 戸建て マンション
とくとくBB光 4,818円 3,773円
ドコモ光 5,720円 4,400円
ソフトバンク光 5,720円 4,180円
OCN光 5,610円 3,960円
ビッグローブ光 5,478円 4,378円
So-net光プラス 6,138円 4,928円

ご覧のとおり、とくとくBB光の月額料金は一つ抜きんでた金額で設定されており、光コラボの中では間違いなくトップレベルの安さを誇ります。

先述していますが、キャッシュバックを考慮して計算してみました。

光回線事業者 月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金 5年間実質料金
とくとくBB光 戸建て:4,818円
マンション:3,773円
最大35,000円 戸建て:138,448円
実質月額料金:3,845円
マンション:100,828円
実質月額料金:2,800円
戸建て:254,080円
実質月額料金:4,234円
マンション:191,380円
実質月額料金:3,189円
ドコモ光 戸建て:5,720円
マンション:4,400円
最大20,000pt 戸建て:185,920円
実質月額料金:5,164円
マンション:138,400円
実質月額料金:3,844円
戸建て:323,200円
実質月額料金:5,386円
マンション:244,000円
実質月額料金:4,066円
ソフトバンク光 戸建て:5,720円
マンション:4,180円
最大24,000円 戸建て:181,920円
実質月額料金:5,053円
マンション:126,480円
実質月額料金:3,513円
戸建て:319,200円
実質月額料金:5,320円
マンション:226,800円
実質月額料金:3,780円
OCN光 戸建て:5,610円
マンション:3,960円
最大50,000円
※NTT-X Storeにて
50,001円分買い物が必要
戸建て:151,960円
実質月額料金:4,221円
マンション:100,480円
実質月額料金:2,791円
戸建て:286,600円
実質月額料金:4,776円
マンション:187,600円
実質月額料金:3,126円
ビッグローブ光 戸建て:5,478円
マンション:4,378円
最大40,000円 戸建て:147,208円
実質月額料金:4,089円
マンション:117,608円
実質月額料金:3,266円
戸建て:288,680円
実質月額料金:4,811円
マンション:222,680円
実質月額料金:3,711円
So-net光プラス 戸建て:6,138円
マンション:4,928円
最大50,000円 戸建て:170,968円
実質月額料金:4,749円
マンション:127,408円
実質月額料金:3,539円
戸建て:318,280円
実質月額料金:5,304円
マンション:245,680円
実質月額料金:4,094円

戸建てならとくとくBB光、マンションならOCN光が一番安くなりました。しかし、OCN光の場合はキャッシュバック特典条件が50,001円分の買い物が必要なので、純粋なキャッシュバックではありません。それを除くととくとくBB光が一番安い光回線になります。

またドコモ光やソフトバンク光ではスマホとセット割があり、最大1,100円の割引を受けることができるため、ドコモやソフトバンクのスマホを持っている場合は、セットにする方がお得になります。

ahamoやLINEMOなどの格安プランや、MVNOの格安スマホなどのセット割が適用されないスマホを契約している場合は、光回線単独での月額料金で選ぶようにしましょう。

v6プラス対応だから通信速度が速い

v6プラスとは、NTT東日本・西日本が提供するフレッツ光回線を利用したインターネット接続方式です。従来のフレッツ光はPPPoE接続方式を採用しており、利用者が多く、時間帯によって混雑が発生していました。

v6プラスでは「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」の接続方式により、利用者が少なく、混雑を避け快適に通信することができます。

PPPoE接続方式 v6プラス
利用者・時間帯によって混雑が発生

PPPoE接続方式

利用者・時間帯に左右されず快適に通信

v6プラス

GMOとくとくBB光最優秀パートナー賞受賞

またとくとくBB光では、日本ネットワークイネイブラー株式会社より「2020年度 v6プラス最優秀パートナー賞」を受賞しており、2017年度の受賞から4年連続となっているため信頼性も高いです。

通信速度に関しては利用環境によって左右されるため、全員が一概に速いとは(どの光回線においても)言えませんが、「速い」という口コミが多いことも確かです。

高性能Wi-Fiルーターがおかわりできる

おかわりルーター

「この部屋だけWi-Fiが弱い…」という悩みはありませんか?ルーターの設置場所や、家の壁質(鉄筋コンクリートなど)によってはWi-Fiが届きにくくなることがあります。

そんなときに3,300円の費用を払えば、Wi-Fiルーターが一つ購入でき、中継器代わりとしてエリアを広げることができます。
※レンタルではなく買い切りです

Wi-Fiが届きにくい
GMOとくとくBB光おかわりルーター
中継器として利用可能
GMOとくとくBB光おかわりルーター
各費用
月額料金 0円
端末代 3,300円
ドッくん 笑顔
ドッくん
購入できるルーターは無料レンタルできるルーターとラインナップは同じ。でもおかわりルーターに限り、好きな製品が選べるんだ。

契約期間の縛りがないから解約違約金0円

とくとくBB光では契約期間がないため、いつ解約しても解約違約金はかかりません。他社の解約金は2022年6月末までに契約しているか、2022年7月以降に契約しているかによって解約金が異なりますが、今回は2022年7月以降に契約した場合で比較してみましょう。

光事業者 契約期間 解約違約金
※2022年7月以降に契約した場合
とくとくBB光 なし なし
ドコモ光 2年契約 【戸建て】5,500円
【マンション】4,180円
ソフトバンク光 2年契約
or
5年契約
月額料金1ヵ月分
OCN光 2年契約 3,600円
ビッグローブ光 3年契約 【戸建て】4,230円
【マンション】3,360円
So-net光プラス 2年契約 【戸建て】4,580円
【マンション】3,480円

2022年7月1日より各事業者の解約違約金は安くなりましたが、それでも余計な費用が掛かってしまうことは否めません。その点、とくとくBB光のように違約金が掛かってこないのは魅力の一つと言えるでしょう。

3年以内の解約には注意

工事費用は36ヵ月間月額料金から割引されるため相殺になります。しかし、36ヵ月以内に解約すると工事費用の残債は支払わないといけないため、実質3年間以内の解約は費用がかかります。

新規契約26,400円の工事費用で2年間で解約した場合

726円×12回=残債8,712円の支払いが発生

他社へ乗り換える際、工事費用の残債を負担してくれる事業者もありますが、残債が発生することは忘れないようにしておきましょう。

工事日までポケットWi-Fiがレンタルできる

GMOとくとくBB光Wi-Fiレンタル

新規契約の場合、工事日まで最短でも2~3週間かかります。その間自宅にWi-Fiがない状態で、家族全員スマホでYouTubeなど動画を見ると、膨大な通信費がかかるうえに通信制限がかかるでしょう。
そんなときに強い味方となってくれるのが、ポケットWi-Fi、あるいはホームルーターがレンタルできるサービスです。

元々とくとくBBでは、WiMAXのサービスも行っているため、端末のスペックや通信速度の心配はいりません。ではさっそく詳細を見ていきましょう。

サービス詳細
月額料金 4,950円
送料 0円
解約違約金 0円
最低利用期間 なし
ポケットWi-Fi Speed Wi-Fi NEXT W06Speed Wi-Fi NEXT W06 下り最大:1.2Gbps
上り最大:75Mbps
連続通信時間:9時間
同時接続:16台
Speed Wi-Fi NEXT WX06Speed Wi-Fi NEXT WX06 下り最大:440Mbps
上り最大:75Mbps
連続通信時間:14時間
同時接続:16台
ホームルーター WiMAX HOME 02WiMAX HOME 02 下り最大:440Mbps
上り最大:75Mbps
通信エリア:WiMAX 2+、au 4G LTE
同時接続:20台
Speed Wi-Fi HOME L02Speed Wi-Fi HOME L02 下り最大:1Gbps
上り最大:75Mbps
通信エリア:WiMAX 2+、au 4G LTE
同時接続:42台

自宅以外に持ち運びたい場合はポケットWi-Fi、基本的に自宅でしか使わない場合はホームルーターという選び方で問題ありません。在庫切れ等により希望の端末がレンタルできない場合がありますが、一時の繋ぎと思って割り切りましょう。

 \本サイト限定で最大35,000円もらえる!/

とくとくBB光公式サイトをみる

✅縛りなしで工事費実質無料!

GMOとくとくBB光を申し込むデメリット

とくとくBB光のデメリットは以下のとおりです。

とくとくBB光のデメリット

  • スマホとのセット割がない
  • 3年以内に解約すると工事費の残債が掛かる
  • カスタマーサポートがつながりにくい

とくとくBB光のデメリットは以上の3点です。しっかりデメリットも見極めることにより、後悔せず光回線を導入することができます。
それでは見ていきましょう。

スマホとのセット割がない

とくとくBB光はどの携帯会社ともセット割は組めませんが、裏を返せばどの携帯会社でも安い光回線と言えます。
しかし、スマホとのセット割がある場合はセットにする方が安くなる可能性が高いので、以下にておすすめの組み合わせを載せておきます。

携帯キャリア おすすめ光回線 セット割
ドコモ ドコモ光 最大-1,100円
ソフトバンク ソフトバンク光 最大-1,100円
au auひかり
eo光
コミュファ光
So-net光プラス
ビッグローブ光
@nifty光 他
最大-1,100円
OCNモバイルONE OCN光 -220円
ahamo
povo
LINEMO
他 格安SIM
とくとくBB光 なし

以上のように、最大1,100円の割引はかなりお得になるため、セットにする方が良いと言えるでしょう。しかし、ahamoやLINEMOなどの格安プランやMVNOの格安SIMを持っている場合は、どの光回線ともセット割がありません。

つまり、単純に光回線の月額料金やキャンペーンの内容など決め方は自由になるため、とくとくBB光を選ぶことが一番お得になると言えます。

3年以内に解約すると工事費の残債が掛かる

契約期間や解約期間はないものの、実質3年間の縛りがあります。新規契約の場合、工事費用が最大26,400円が分割36回で支払うことになりますが、キャンペーンによって月額料金から同額分の割引により相殺される仕組みです。

しかし、36ヵ月以内に解約をすると相殺先がなくなるため、工事費用の分割代が浮き彫りになってしまいます。

転用・事業者変更は工事費がかからない

フレッツ光からの転用、あるいは他社コラボ光回線からの乗り換えは、基本的に同じ配線を利用するため工事費がかかりません。よって上記の内容が当てはまる人は新規契約の人のみとなります。

カスタマーサポートがつながりにくい

とくとくBB光をすでに申し込んでいる人の口コミを見ると、カスタマーサポートがつながりにくいという声があります。しかも無料のフリーダイヤルではなく、有料のナビダイヤル(0570)で通話料が発生してしまいます。

口コミを見てみましょう。

やはりつながりにくいという声が多数あります。
裏を返せばそれほど契約数が多いとも取れますが、つながりやすいに越したことはなく改善してほしい点では間違いありません。

自分は新規?転用?事業者変更?

自分自身が新規契約か転用か、はたまた事業者変更なのか、どれに当てはまるのか分からない人向けに、対象者や準備するものを解説していきます。

新規契約に当てはまる人

新規契約の対象者はシンプルにまったく光回線を引いていない人を指しますが、実はそれだけではありません。auひかりやNURO光など独自回線を利用した光回線からの乗り換えも新規契約に分類します。

新規契約に当てはまる人

  • 自宅にインターネットを引いていない
  • SoftBank Airやhome5Gなどのホームルーターを引いている
  • auひかりを引いている
  • NURO光を引いている
  • コミュファ光やeo光など電力系光を引いている
  • J:comなどケーブルテレビを引いている

以上の項目に当てはまる人は「新規契約」となります。

転用に当てはまる人

転用とは「転用新規」とも呼ばれることがありますが、シンプルにフレッツ光からコラボ光に乗り換えることを転用と言います。
コラボ光に転用する場合、「転用承諾番号」を取得する必要があります。

転用承諾番号は、NTT東西の公式WEBサイトか電話で取得ができます。

・NTT東日本 ⇒ 公式サイト
TEL:0120-140-202
営業時間:9:00〜17:00

・NTT西日本 ⇒ 公式サイト
TEL:0120-553-104
営業時間:9:00〜17:00

事業者変更に当てはまる人

事業者変更とは、フレッツ光回線を利用したコラボ光から別のコラボ光に変更することを指します。例えばドコモ光からとくとくBB光や、ソフトバンク光からSo-net光プラスへの変更も事業者変更です。

事業者変更をする場合、現在契約している光事業者にて「事業者変更承諾番号」を取得する必要があります。

事業者変更承諾番号見本

事業者変更承諾番号(見本)

事業者変更承諾番号の取得は以下も参考にしてください。

他社光コラボ事業者
ドコモ光
ドコモ携帯:151
TEL:0120-800-000
営業時間:9:00~20:00
OCN光
TEL:0120-506-506
営業時間:10:00~19:00
ビッグローブ光
一般電話:0120-907-505
携帯:03-6479-5716(有料)
営業時間:9:00~20:00
ぷらら光
一般電話:009192-33
または0120-971-971
携帯:050-7560-0033(有料)
営業時間:10:00~19:00
So-net光プラス
TEL:0120-45-2522
営業時間:9:00~18:00
ソフトバンク光
TEL:0800-111-6710
営業時間:10:00~19:00
@nifty光
TEL:03-6625-3265
営業時間:10:00~17:00
@Tcom光
TEL:0120-805633
営業時間:10:00~18:00
enひかり
TEL:0120-91-5586
営業時間:10:00~19:00

本当にGMOとくとくBBで申し込んで大丈夫?

ここまで読んで「本当にとくとくBBって大丈夫?」と不安に思う人もいると思います。とくとくBBとはどんな会社なのかしっかり見ておく方が安心できると思うので、詳細を見ていきましょう。

GMOとくとくBBってどんな会社?

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBとは会社名ではなく、インターネットサービスプロバイダ(ISP)を指します。GMOとくとくBBを運営しているのは「GMOインターネット株式会社」という会社で、2009年よりサービスを開始し現在で13周年を迎えました。

GMOインターネットグループが掲げる「すべての人にインターネット」をコンセプトに、高品質なサービスを安価に提供するだけでなく、サポート体制も充実させていることでお客様満足度No.1が得られています。

プロバイダのお客様満足度2年連続No.1

GMOとくとくBBお客様満足度

GMOとくとくBBは、『2020年 オリコン顧客満足度®ランキング プロバイダ』の「広域企業」「北海道」「甲信越・北陸」「東海」の各ランキングにおいて総合1位を受賞しています。

『2020年 オリコン顧客満足度®ランキング』とは、株式会社oricon MEが実施する、金融・住宅・塾など様々な業界におけるサービスや商品に対する満足度について、実際にサービスを利用した方を対象に独自の調査を行い、カテゴリ・地域別にランキング形式で発表するものです。

モコちゃん 笑顔
モコちゃん
こういう賞を受賞してくれてたら安心して契約できんねん♪
確かにね!お客様満足度ってユーザーの声で決まるから、信頼性は高いと言えるよね!
ドッくん 笑顔
ドッくん

まとめ

今回はとくとくBB光について解説しました。月額料金やキャッシュバックを含め、クオリティが高いことは分かります。

本記事のまとめを以下に記載しておきます。

本記事のまとめ

  • 高額キャッシュバックはほとんどの人が対象
  • 月額料金は他社と比べて安い
  • v6プラスで高速通信が可能
  • 工事費は実質無料だが3年以内の解約は残債支払い
  • お客様満足度2年連続No.1のインターネットプロバイダ

正直、とくとくBB光より高額なキャッシュバックを行っている会社はありますが、元々の月額料金が安いのでおすすめできる光回線です。

 \本サイト限定で最大35,000円もらえる!/

とくとくBB光公式サイトをみる

✅縛りなしで工事費実質無料!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ラボ

ドコモに勤めて15年。ドコモショップスタッフが執筆しています。 ドコモを利用する人や、覚えることで大変なショップスタッフの手助けになるようサイトを立ち上げる。 長年培ったプロの視点でドコモサービスを解説・評価・他社比較をするサイト。 ドコモを利用する人はもちろん、他社を利用している人でもタメになるような記事を書きたい。 別サイト「ちょっとWiFi」にてドコモ記事の監修者も手掛ける。

-他社固定回線

© 2023 ドコモラボ -docomolab-

ahamoにおすすめの光回線
詳細はコチラ
ahamoにおすすめの光回線
詳細はコチラ