ドコモ光

ドコモのモバイル固定電話「homeでんわ」の料金や性能を徹底解説|メリットやキャンペーンまで!

2022年2月28日

homeでんわアイキャッチ画像

NTTドコモはモバイル回線を利用した固定電話サービス「homeでんわ」を2022年3月29日(火)に提供を開始しました。今回の「homeでんわ」を提供するにあたり、「home5G」を契約している方でも固定電話サービスを利用することができるうえ、ドコモを契約していない方でも契約できます。

スマートフォンが普及している一方で、NTT東西においての固定電話利用者は、約1,600万契約ほど上がります。固定電話サービスがないことで「home5G」を選択肢から除外していた方も、本サービスでより需要が高くなるでしょう。

本記事は「homeでんわ」の料金・性能などの概要や、他社回線を利用している方向けに、番号ポータビリティ(番号そのままで他社から乗り換え)ができるのかを解説していきます。

※当サイトはすべて税込表記です

この記事はこんな方におすすめ

  • homeでんわについて詳細が知りたい方
  • ドコモ利用中で固定電話の導入を検討している方
  • ドコモ未契約だけど固定電話の導入を検討している方
  • home5Gを検討している方で固定電話を検討している方

homeでんわ|サービス概要

homeでんわロゴ画像

出典:NTTドコモ

homeでんわは従来の固定電話サービス同様、「03」などの市外局番から始まる電話番号で利用することができます。本サービスのhomeでんわは、「homeでんわライト」と「homeでんわベーシック」の2つのプランがあります。

homeでんわライト

homeでんわベーシック

homeでんわの料金プラン

homeでんわの料金は月額550円から利用することができます。

しかしこれは、homeでんわ契約者と同一ファミリーグループ内に、ドコモ(あるいはahamo)契約者、もしくはhome5G契約者がいる場合に、セット割が適用され月額550円(下記参照)になります。

homeでんわ
ライト
homeでんわ
ベーシック
契約種別個人・法人
月額料金1,078円2,178円
セット割▲528円
契約期間なし
解約金なし
契約事務手数料2,200円
番号継続登録料2,200円
通話料金固定/IP電話あて:8円/3分
携帯電話あて:16円/分
割引サービスファミリー割引/ビジネス通話割引内
通話無料
ファミリー割引/ビジネス通話割引内
通話無料
+500円分無料通話付き
オプションFAX(無料)
通話中着信(330円)
転送でんわ(550円)
発信者番号表示(440円)
ナンバー・リクエスト(220円)
迷惑電話ストップサービス(220円)
オプション加入数ごとに課金全て利用可能
セット割適用後月額料金550円~1,650円~

これを見てピンっときた方がいるかもしれませんが、

「homeでんわライト」=「ドコモ光電話」
「homeでんわベーシック」=「ドコモ光電話バリュー」

と、同額です。またhomeでんわでは、契約するにあたり契約事務手数料が2,200円、他社からの乗り換えにあたり番号を継続する番号継続登録料が2,200円掛かります。しかし、契約期間(最低利用期間)の設定はないうえに解約金もかかりません

セット割適用条件は?

セット割の528円割引を受けるには、homeでんわを契約者が加入している「ファミリー割引」グループ内に、「ギガホプレミア(5G/4G)」「ギガライト(5G/4G)」などのギガホプランか、「はじめてスマホプラン」「U15はじめてスマホプラン」「ahamo」、「home5Gプラン」の契約者がいること。
簡単に言えば、自分がドコモ(あるいはahamo)ユーザーなら、「homeでんわ」も自分が契約すればOKです。

homeでんわベーシックならすべてのオプション利用可能

ドコモ光電話バリュー同様「homeでんわベーシック」であれば、月額料金は高いですがオプションが追加料金なしですべて利用できます。

月額料金
※homeでんわベーシックなら
月額料金なし
オプション概要
通話中着信330円お話し中に他から電話がかかってきた場合、
フックボタンを押すだけで通話相手を保留し、
後からかけてきた方とお話しできるサービス。
転送でんわ550円自宅や事務所にかかってきた電話を
あらかじめ指定した電話番号へ転送できるサービス。
大事な電話やビジネスチャンスを逃さない。
発信者番号表示440円着信番号表示
かけてきた相手の電話番号を電話機のディスプレイに表示。
またかけてきた相手の電話番号が通知されない場合はその理由を表示。
着信履歴表示
留守番電話にメッセージが残っていない場合や
電話に出られなかった場合でも、かけてきた相手の電話番号を記録。
迷惑電話対応
出たくない相手の電話番号を電話機に登録しておけば、
着信音を鳴らさずに専用の応答メッセージで対応が可能。
ナンバー・
リクエスト
220円電話番号を「通知しない」でかけてきた相手に
「おそれいりますが、電話番号の前に186をつけてダイヤルするなど、
あなたの電話番号を通知しておかけ直しください。」
と音声メッセージで応答する機能。着信音はならない。
かけた相手に通話料金がかかる。
迷惑電話
ストップサービス
220円迷惑電話を受けた直後に電話機から簡単な登録操作を行うことで、
その後同じ電話番号からかけてきた相手に対して
「この電話はお受けできません。ご了承ください。」
とメッセージで応答するサービス。
なお、「追加番号」をご契約のお客さまの場合、
お申込みの際に「電話番号単位」の契約か
「契約回線単位」の契約かのいずれかを選択できる。

固定電話を利用するにあたり、「発信者番号表示」や「ナンバー・リクエスト」は、任意とはいえオプションとしてはあるに越したことはありません。

電話番号を特定の方にしか教えない場合であっても、迷惑業者はランダムに電話を掛けてくることがあるため、トラブル対策はしておいた方がいいでしょう。

homeでんわ|端末概要

homeでんわの概要説明画像

出典:NTTドコモ

専用端末として「HP01」という製品が同時期に販売開始になります。homeでんわを利用するためには、別途「HP01」端末を購入する必要があります

製品概要
イメージhomeでんわ HP01
発売開始2022年3月29日(火)
名称HP01
カラーDank Gray
本体価格17,820円
※月々サポートで実質0円
端末サイズ
(幅×高さ×奥行)
約95×42×95mm
重量約184g
消費電力4.1W(最大)
付属品ACアダプタ
モジュラーケーブル(試供品)
SIM取り出しツール(試供品)
通信方式4G
(2GHz/800MHz)

homeでんわはhome5Gと同様、契約者住所以外での利用はできません。しかしhome5Gとは違い、homeでんわ(固定電話)を持ち運ぶ需要は考えつかないのでおそらく問題ないでしょう。

本体価格は実質0円

本製品の価格は一括17,820円です。SoftBankの端末より価格が少々高いですが、実質同額です。

ドコモ HP01SoftBank でんわユニット
イメージhomeでんわ HP01ソフトバンクでんわユニット
本体価格17,820円
※実質0円
17,050円
※実質0円
分割価格495円×36回474円×36回
割引金額−495円×36回−474円×36回

以上のように、ドコモの「homeでんわ」の「HP01」と、SoftBankの「おうちでんわ」で購入する「でんわユニット」はともに実質0円になります。しかし実質0円には注意が必要で、完全に端末代が掛からないわけではありません。

端末を36回分割代金相応分を、基本料金から割引いていくため、途中で解約すると割引が終了し、端末の残債は支払う必要があります。

homeでんわは工事の必要なし

homeでんわと固定電話の繋ぎ方

図のように接続するだけで利用可能

homeでんわは携帯電話と同様、ドコモのモバイルネットワークを利用した固定電話サービスのため、工事の必要はありません

その代わり、homeでんわを利用するために前述した「HP01」の専用機種を用意し、電話線につなぐ必要があります。

ドコモ光電話の場合は工事が必要になる反面、homeでんわは手軽に始めることができます。

ひかり電話同様停電時は利用できない

アナログ電話と違い、ひかり電話は停電してしまうと利用することができません。

同様に本サービスである「homeでんわ」であっても停電してしまうと利用することはできません

また110、119番の緊急発進をする場合、位置情報通知をするため070/080/090の番号発信になります。

折り返し先も同様の070/080/090番号となり、「0ABJ番号」より優先されて「0A0番号」で着信されます。

豆知識

  • 0ABJ番号…電話番号が「0ABCDEFGHJ」で、先頭の番号が「0」、それ以外のアルファベット部は任意の番号が割り当てられる形式(ex…03‐〇〇〇〇‐△△△△)
  • 1XY番号…110番や119番など「1」で始まる形式
  • 0A0番号…携帯電話など070/080/090の固定電話以外の電話網で利用される

【注意】似てるけど重ねての使用は禁止

民族衣装の女性

home5Gを持っている方は、homeでんわを上に乗せたり重ねたりしないでください。似ているので乗せたくなる気持ちは分かりますが、電波が干渉してしまい通信品質に影響をおよぼす場合があります。

homeでんわとインテリア

写真のように並べて置きましょう。

homeでんわがおすすめな人

固定電話の画像

スマートフォンの普及により固定電話を持たない世帯が多い一方、まだまだ需要があるのも事実です。
※前述しましたがNTT東西の固定電話契約数は1,600万件あります

homeでんわがおすすめな方は以下の通りです。

homeでんわがおすすめ方

  • 電話は自宅ですることが多い
  • 手軽に固定電話が引きたい
  • 子どもとの連絡手段がほしい
  • 個人情報の観点から携帯番号を無闇に教えたくない
  • 起業を考えているので固定電話を引きたい

電話は自宅ですることが多い方

「今さら固定電話?」と若年層は思うかもしれません。しかし、通話をする方は上手く使えばhomeでんわのほうが、安くなる場合があります。例としてドコモの「かけ放題オプション」とhomeでんわライトを比較してみましょう。

かけ放題オプションhomeでんわ ライト
月額料金1,870円550円
通話料0円8円/3分

月額料金に1,320円の差額がありますが、かけ放題オプションは24時間通話し放題の反面、homeでんわ ライトは3分間で8円かかります。homeでんわの通話料を1分で計算すると約2.6円/分になるため、差額の1,320円の通話可能時間を表すと507分(約8.5時間分)になります。

「いつでもどこでも通話時間を気にせず話したい」という方はかけ放題オプションでよいと思いますが、中には「たまに長電話するときがあるから…」という理由で念のためかけ放題オプションに加入している方が、現状として多いです。そういった方は、homeでんわを視野に入れてみるのもよいのではないでしょうか。

手軽に固定電話が引きたい

固定電話を引くためには、通常電話工事が必要でした。しかし本サービスのhomeでんわに関しては、電話工事の必要はなく、専用機種を購入したうえでhomeでんわプランに加入するだけで、即日から利用可能※です。
※他社からの番号ポータビリティの場合を除く

子どもとの連絡手段がほしい

「子どもに携帯を与えるのはまだ少し早い」そんなご家庭におすすめです。例えば、1人で留守番をさせる場合に「ちゃんと帰宅しているか」「知らない人が訪ねてきていないか」など、心配に思うことがたくさんあると思います。

また子どもの友達同士での連絡手段としても有効です。そんなときに固定電話があれば、連絡手段も容易になりかなり活用できます。タイトルとは脱線しますが、携帯を持たない子どもを持つ親にとして「固定電話を子どもに取らせることで電話のマナーを養わせる」こともメリットになります。

しかし、家に子ども1人で留守番をする場合、防犯の観点から「電話が掛かってきても取らない」ように教えたほうが安全かと思います。ちなみに、スマートフォンの普及に伴い、最近は子どもの連絡網を回覧板のように固定電話に次へ回していくスタイルの学校は少なく、メールで一斉送信されるところが多いそうです(もはや連絡網はレアケース)。

個人情報の観点から携帯番号を無闇に教えたくない

固定電話を引くことにより得られるメリットとして、電話番号が一つ増やせることです。自分の携帯番号を外部にあまり知られたくない方や、業者へ伝える際の電話番号など、親しくない方にやむを得ず連絡先を伝えないといけない場合に効果的です。

起業を考えているので固定電話を引きたい

起業を予定している・会社を創設する方にとって固定電話があるということは一つのステータスになります。つまり信頼度が高まることにつながります。

固定電話がないことで信頼性を失ってしまえば、仕事に支障をきたしかねないため、会社の規模にもよりますが固定電話があるに越したことはないでしょう。また本サービスのhomeでんわはモバイルネットワークを利用しているものの、先方からしてみれば市外局番のため通常の固定電話と何ら変わりはありません。

homeでんわ契約時の必要書類

運転免許証見本

homeでんわを新規契約する際に必要な書類は、携帯電話を新規契約する書類とほぼ同じです。”ほぼ”と表現しているのは、健康保険証が証明書の場合のみ携帯電話契約時の新規契約書類と異なります

注意ポイント

補助書類との組み合わせで受付可能な書類(健康保険証など)について、クレジットカード・キャッシュカードによる口座振替でのお支払いの場合も、補助書類が必要となります。

ラボちゃん
携帯電話を新規契約する際「健康保険証+クレジットカード」の組み合わせなら補助書類は不要だけど、homeでんわを新規契約する場合は補助書類が必要なんだ。
現住所記載の本人確認書類毎月の支払手続きに必要なもの
個人契約・運転免許証
・マイナンバーカード
・身体障がい者手帳
・精神障がい者保健福祉手帳(障がい者手帳)
・療育手帳
・クレジットカード
・キャッシュカード
※一部利用できない金融機関有り
上記2点がない場合「通帳+印鑑」
・健康保険証
・住民基本台帳カード
※顔写真があるもの
・在留カード
※上記いずれか一点と以下の補助書類
・住民票(発行から3ヵ月以内)
・公共料金の領収書(発行から3ヵ月以内)
※現住所記載、契約者名義のもの
※毎月の支払いをクレジットカードにする場合補助書類不要
※健康保険証以外、毎月の支払いをキャッシュカードにする場合補助書類不要
未成年未成年の本人確認書類
+親権者の同意書
+親権者の本人確認書類
+親権者であることがわかる書類(戸籍謄本など)
補助書類条件
公共料金領収証
  • 発行日から3か月以内
  • 現住所記載
  • 契約者名義のものに限る
住民票
  • 発行日から3か月以内
  • 現住所記載
  • マイナンバー(個人番号)が印字されていないもの

契約はドコモショップ・家電量販店のみ

homeでんわを契約できるのは、ドコモショップと家電量販店になります。現在のところドコモオンラインショップでの取り扱いはしていないため、店舗に行く必要があります。

ドコモを契約していなくても利用は可能?

ドコモを契約していなくてもhomeでんわの利用はできます。その際、セット割の適用はされず通常料金になります。

homeでんわライトhomeでんわベーシック
月額料金1,078円2,178円

下記で解説しているケースは、通常料金での利用になります。またスマートフォンの音声プランを、タブレットやルーターなどのデータプランへ契約変更する方がいらっしゃいますが、そういう観点から解説すると、現在ドコモ(ahamo)回線を所持している方が、同じ回線をhomeでんわプランへ契約変更はできません。つまり、homeでんわは新規契約になります。

同じファミリーグループ内なら通話無料

例えば遠くに住む家族がドコモを契約しているとしましょう。自分は他社を使っており、通話料がかかってしまうことで「電話料金を気にしてしまう」「LINE通話を利用している」という方が多いのではないでしょうか。

解決策としてhomeでんわを契約して家族と同一ファミリーグループに加入すれば通話料が無料になります。

各携帯会社月額料金
homeでんわ
※セット割なし
1,078円
ドコモ1,870円
au1,870円
SoftBank2,970円
Rakuten Mobile1,100円(10分かけ放題)

home5Gと似ているけどセット契約は必要ない

本製品は2021年8月に発売したホームルーター「home5G」と見た目が似ていますがまったくの別物です。セットで契約しないといけないように思えますがその必要はありません

もちろんドコモやahamoのスマートフォン契約や、home5Gの契約があればセット割が適用されるため、月額550円から利用が可能ですが、homeでんわは単体での契約が可能のサービスです。

しかし、home5Gは工事いらずで自宅をWi-Fi環境にできるホームルーターサービスになっていますので、気になる方は「home5Gとドコモ光はどちらを選ぶべき?プロが比較した正しい選び方をメリット・デメリットを含めて解説」をご覧ください。

home5Gとドコモ光はどちらを選ぶべき?
あわせて読みたいhome5Gとドコモ光はどちらを選ぶべき?プロが比較した正しい選び方をメリット・デメリットを含めて解説

2021年8月27日(金曜)にNTTドコモより、5Gホームルーター「home5G HR01」が発売されました。 home5Gの概要 商品名:HR01 キャリア:NTTドコモ 本体価格:39,600円( ...

続きを見る

他社から番号ポータビリティができる?

固定電話

結論から言うと、番号ポータビリティはできますが、即日利用ができないうえに条件があります。利用開始は、申し込みから最短6日後と想定されています。

また番号ポータビリティとは、電話番号そのままで他社へ移ることを指し、携帯電話だと「MNP(Mobile Number Portability)」で知られていますが、固定電話の番号ポータビリティは「LNP(Local Number Portability)」になります。

番号ポータビリティの条件

  • もともとNTT東西の加入電話であること
  • NTT東西以外で払い出された電話番号を利用していないこと

他社別番号ポータビリティの可否

番号ポータビリティができる条件です。端的に言うと、「現在利用中の固定電話番号をNTT東西で取得しているならOK」ということです。他社回線を契約している全ての方が、homeでんわへ番号ポータビリティができるわけではありません。

すでにドコモ光電話を含む各会社において、もともとNTT東西の加入電話で取得しておらず、新番発行で光電話にしている場合は、homeでんわへ番号ポータビリティができない仕様です。つまり、お持ちの電話番号がNTT東西で新規発行していないと受付不可となります。すでに各社の光電話にしている場合、光電話を契約する際に発行した電話番号なら不可、NTT東西で発行し光電話に乗り換えている場合は受付可となります。

現在利用中の固定電話発行元番号ポータビリティ可否
NTT東西の加入電話加入電話
ドコモ光電話加入電話
光電話×
ドコモ以外の光電話加入電話
光電話×
SoftBank
おうちでんわ
加入電話
光電話×
KDDI
ホームプラス電話
加入電話
光電話×

homeでんわのキャンペーン

homeでんわキャンペーン

現在実施中のhomeでんわキャンペーンは2点あります。

【特典1】homeでんわベーシック新規契約でdポイント3,300pt

発売日の2022年3月29日(火)より、homeでんわベーシック(ライトは対象外)に新規契約し、専用端末「HP01」を購入、および3ヵ月間「homeでんわベーシック」を継続して利用すると、dポイント3,300pt(期間・用途限定)がもらえます。
※エントリー不要

homeでんわベーシックの基本料金が1,650円/月(セット割適用価格)なので、1,650円×2ヵ月=3,300円分のポイントが返ってきます。

キャンペーン概要

キャンペーン概要

  • キャンペーン期間:2022年3月29日(火)~
  • キャンペーン内容:上記参照
  • 特典条件:
    ①「homeでんわ ベーシック」の新規ご契約と「HP01」のご購入
    ②「homeでんわ」のdアカウントまたはビジネスdアカウントのいずれかを新規で発行 ・ご登録
    ③  利用開始月の2か月後の月末時点まで「homeでんわ ベーシック」を継続してご利用
  • 特典内容:dポイント3,300pt(期間・用途限定)
  • ポイント進呈日:利用開始月から4か月後の月

【特典2】homeでんわ×ドコモでんき セット契約でdポイント3,000pt

2022年8月1日(月)より、homeでんわとドコモでんきをセットで契約している方限定でdポイントが3,000pt進呈されます。

キャンペーン概要

キャンペーン概要

  • キャンペーン期間:2022年8月1日(月)~
  • キャンペーン内容:上記参照
  • 特典条件:
    ドコモショップまたは量販店にて「homeでんわ」の新規契約と「HP01」を購入し、利用開始月の3か月後の月末時点で「homeでんわ」を契約中で、同一ポイント共有グループ内に「ドコモでんき」の契約があること
  • 特典内容:dポイント3,000pt(期間・用途限定)
  • ポイント進呈日:利用開始月から5か月後の月
ドコモでんきアイキャッチ画像_ドコモラボ
あわせて読みたいドコモでんきはお得?電気料金や評判、メリット・デメリット、他社比較を徹底的に解説

こんなお悩みありませんか? 「スマホや光をドコモで契約しているけど、まとめるとどうお得なの?」 「ドコモ光のように、スマホとのセット割はあるの?」 「電気代が高騰しているから少しでも安い電力会社はある ...

続きを見る

まとめ

今回はモバイルネットワークを利用した固定電話サービス「homeでんわ」について解説しました。携帯電話に押されている固定電話ですが、需要はまだまだあると考えてもいいでしょう。

本サービス登場を機に、個人契約の方は子どもや個人情報保護を目的に、法人契約の方は信頼度の担保のために導入してみるのはいかがでしょうか。本記事に記載したhomeでんわの内容を、今一度取りまとめておきます。

本記事の取りまとめ

  • サービス開始は2022年3月29日(火)~
  • ライトとベーシックの2つのプランがある
  • ドコモ(ahamo)契約者と同一ファミリーグループならセット割で月額550円~利用可
  • 専用端末「HP01」が必要で端末価格は実質0円
  • 他社から番号ポータビリティできるがもともとNTT東西の加入電話で取得した電話番号のみ可能
  • 固定電話は子どもの教育や信頼度アップにつながる

また新しい情報が出次第、都度更新していきます。

homeでんわがつながらないときの対処法

homeでんわを利用している方向けに、トラブル事例をまとめています。こちらもぜひご参考ください。

homeでんわつながらないときの対処法
あわせて読みたいドコモのhomeでんわがつながらない!対処法をいくつかまとめてみた

光電話やアナログ電話から、ドコモが提供するhomeでんわに切り替えた方は多いと思いますが、homeでんわは携帯電話同様電波を拾って音声通話ができる固定電話のため、今まで利用してきた固定電話とは違います ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ラボ

ドコモに勤めて15年。 ドコモショップスタッフによるドコモユーザーや覚えることで大変なドコモで勤めるスタッフの手助けになるようサイトを立ち上げる。 長年培ったプロの視点でドコモサービスを解説・評価・他社比較をするサイト。 ドコモを利用するすべての人のためになるよう忌憚なく記事を書いていきます。別サイト「ちょっとWiFi」にてドコモ記事の監修者も手掛ける。

-ドコモ光

© 2022 ドコモラボ -docomolab-