Android

Xperia 1 V SO-51Dの発売は6/16|スペック・実体験レビューまとめ!今機種は期待大!?

Xperia 1 V|スペックまとめ

ソニーのフラッグシップモデル「Xperia 1 V(ワンマークファイブ)SO-51D」が、ドコモから2023年6月16日から販売開始します。

通信キャリアはドコモ・au・ソフトバンクから同日発売されます。

特長やスペック、実体験レビューまとめましたので気になる人はチェックしてください。

\オンラインショップなら事務手数料・待ち時間なし/

ドコモオンラインショップはこちら

✅ドコモオンラインショップ価格:218,680円
公式サイト:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

Xperia 1 V|SO-51Dのスペック

Xperia1V|HERO

カテゴリ Xperia 1 V|SO-51D
発売日 2023年6月16日(金)
端末名称 Xperia 1 V(エクスペリア ワン マークファイブ)
メーカー SONY
カラー ブラック/プラチナシルバー
仕様
サイズ【高さ×幅×厚さ】 約165×71×8.3mm
重さ 約187g
ディスプレイ 約6.5インチ
有機EL 21:9ワイドディスプレイ
最大リフレッシュレート:120Hz
ディスプレイ解像度 4K(1644×3840)
画面比率:21:9
SIM nanoSIM/eSIM
OS Android™13
パフォーマンス
バッテリー容量 5000mAh
バッテリー性能 いたわり充電
ワイヤレス充電(Qi)
CPU Snapdragon® 8 Gen 2
3.18GHz + 2.8GHz + 2GHz オクタコア
内蔵メモリ【RAM/ROM】 12GB/256GB
外部メモリ microSDXC(最大1TB)
カメラ
アウトカメラ 3眼構造
16mm 超広角:約1200万画素(f/2.2)
24mm 広角:約4800万画素(f/1.9)
85-125mm 望遠:約1200万画素(f/2.3-2.8)
シーンの自動認識
ハイブリッド手ぶれ補正
4K120fpsハイフレームレート撮影
インカメラ 約1200万画素(f/2.0)
オーディオ
オーディオジャック 3.5mmオーディオジャック
スピーカー フルエンクロージャー構造
その他 ハイレゾ:○
ハイレゾワイヤレス/LDAC:○
DSEE Ultimate:○
360 Reality Audio:○
360 Upmix:○
Dolby Atmos:○
ゲーム
ゲームエンハンサー
HSパワーコントロール
高速タッチ検出
YouTubeライブ配信
外部接続
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth ver.5.3
LE Audio
接続端子 USB Type-C
対応バンド
5G n1, n3, n5, n28, n41, n77, n78, n79
4G(LTE) Band 1, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 21, 26, 28, 38, 39, 40, 41, 42, 66
3G Band 1, 5, 6, 8, 19
GSM 850MHz/900MHz/1.8GHz/1.9GHz
その他
5G最大通信速度 受信4.9Gbps/送信1.1Gbps
LTE最大通信速度 受信1.7Gbps/送信131.3Mbps
防水 ○(IPX5/IPX8)
防塵 ○(IP6X)
ワンセグ/フルセグ -/-
FMラジオ
生体認証 ○(指紋)
おサイフケータイ

Xperia 1 Vのディスプレイ・背面・持った感じ

Xperia 1 V|ディスプレイ

Xperia 1 Vのディスプレイサイズは約6.5インチ。先代と同様21:9の画面比率、有機ELを採用しています。ちなみに画面はノッチなし。

またリフレッシュレートは最大120Hzで快適操作可能。

リフレッシュレートってなに?

リフレッシュレートとは1秒間に画面が何回切り替わるかをあらわしており、60Hzの場合は1秒間に60回画面が更新されます。Xperia 1 Vは120Hzなので1秒間に120回画面が更新されるということになります。

Xperia 1 V|背面デザイン

背面には従来のフロスト加工ですが、Xperia 1 Vのために開発されたテクスチャー加工が施されています。これにより、ザラザラした手触りで持ちやすく、滑り落ちることが少なくなっています。

Xperia 1 V|レビュー1

実際に持ってみると筐体が縦長な分、かなり持ちやすくGood!!筆者が使っているPixel 7 Proより持ちやすかった。くやしい。

Xperia 1 V|レビュー2

Xperia 1 V|レビュー3

21:9ワイドディスプレイのため、横幅は他のスマホよりスリムな分、キーボード入力も片手で難なくクリア。しかし、やはり画面上部のタッチは両手の使用は免れないです。

ちなみにYouTubeでは、縦長を活かしてより下の方までサムネイルが見られます。

Xperia 1 V|YouTube1

Xperia 1 V|YouTube3

Xperia 1 V|YouTube4Xperia 1 V|YouTube5横画面にした状態。かなり見やすく、さらにサウンドも迫力があります。

続いてWEB検索。

Xperia 1 V|WEB検索1

Xperia 1 V|WEB検索2

縦長を活かして、一度に表示される情報が多いのはいいですね。スクロールの回数を減らせて、ストレス軽減につながります。スクロール回数が多いと意外と親指疲れますもんね。

また、ここではリフレッシュレート120Hzが効いていて、タッチの感度がかなりGood!ぬるぬる動いてくれるので、ネット検索がしやすい。

Xperia 1 Vのカラー

Xperia 1 Vのカラー

Xperia 1 Vのカラーは3色展開のブラック・プラチナシルバー・カーキグリーンですが、ドコモではカーキグリーンを除いた2色のみ販売します。カーキグリーンはSIMフリーモデル限定カラーなので、他キャリアのau、ソフトバンクでも同様2色販売となります。

▼ちなみにカーキグリーンはこんな感じ。

Xperia 1 V|カーキグリーン

渋い色でイイ感じです。3色選べないのは残念ですが、どうしてもグリーンが。という人はSIMフリー版を購入しましょう。

Xperia 1 VのSoCとメモリ/ストレージ

Snapdragon® 8 Gen 2

SoC(System On Chipの略)はSnapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platformが搭載。2022年11月にQualcommより発表され、2023年のフラッグシップモデルに続々と内蔵されています。

現時点では最強のSoCが積まれていて、これによりカメラを直感的に撮影したり、重いゲームでも快適に操作ができます。つまり、スマホはSoCが何かによって、大きく性能を左右される超重要ポイントです。

またメモリは12GB・ストレージは256GB(SIMフリー版は16GB/512GB)で容量的に十分な仕様。
メモリ(RAM)はGalaxy S23 Ultraと同じ12GBの作業領域があり、数値が多いほど安定した動作になります。「机の上に物をどれだけ置けるか」とイメージしたら分かりやすいかな。

ストレージ(ROM)は256GBでこちらもGalaxy S23 Ultraと同じ。写真や動画をたくさん撮りためたい人でも十分な保存容量ですが、外部メモリのSDカードで容量を拡張できるのは、国産モデルならではの安心感です。

Xperia 1 VのAnTuTuベンチマークスコア

AnTuTuとはスマホの性能を測るツールです。主にCPU、GPUなどの性能を測定できる一つの指標で、数値で表されるためスペックの良し悪しが測りやすくなっています。

+ ベンチマークスコアの目安 ▼

総合スコア 動作
40万以上 超快適・まったく不安なし
30万~40万以下 快適・重いゲームもOK
20万~30万以下 重いゲームはしんどい・普段使いは快適
15万~20万以下 軽いゲームならOK・普段使いは快適
15万以下 ゲームは重い・ライトユーザー向け
AnTuTu Ver9 総合スコア
Xperia 1 V 1,290,000
Galaxy S23 Ultra 1,255,441
iPhone 14 Pro Max 955,884

参考:Kimovil

AnTuTu Ver9ではGalaxy S23 Ultraをわずかに越した129万点。あくまでグローバルモデルでの結果で国内モデルと異なる可能性もありますが、超安定した数値になることは間違いなさそうです。

Xperia 1 Vのバッテリー

Xperia 1 V|バッテリーXperia 1 Vのバッテリーは大容量の5000mAhで急速充電に対応。たった30分間で約50%も充電してくれるのは早い。

「いたわり充電」では、Xperia独自の充電最適化技術によりバッテリーの劣化を防いでくれるため、長く愛用したい人にはおすすめです。

さらに「おすそわけ充電」では、ワイヤレス充電(Qi規格)対応の別のスマートフォンに、バッテリーをおすそわけできます。
※すべてのQi対応機器を保証するものではありません。特定のデバイスでは動作しないことがあります

\オンラインショップなら事務手数料・待ち時間なし/

ドコモオンラインショップはこちら

✅ドコモオンラインショップ価格:218,680円
公式サイト:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

ここまですごくなった!Xperia 1 Vのカメラ性能

Xperia 1 V|カメラ

新世代センサーでスマホ画質に革新を

Xperia 1 Vのメインカメラには、世界初のイメージセンサー「Exmor T for mobile」が搭載され、デジカメ並みの写真が撮影可能。すげぇ。

先代のXperia 1 IVと比較して約1.7倍に大判化したイメージセンサーにより、多くの光を取り込むことができるため、低ノイズで撮影できます。

またこれにより、夕焼けや夜景などのグラデーションも、色味豊かに再現してくれます。

Xperia 1 V|Exmor T for mobile

Xperia 1 V|Exmor T for mobile02

超広角1200万画素(f/2.2)、広角4800万画素(f/1.9)、望遠1200万画素(f/2.3-2.8)の3眼構造。

Xperia 1 V|カメラ構成

インカメラは1200万画素(f/2.0)の一眼構造です。

高精度AF(オートフォーカス)

Xperia 1 V|AF

Xperia 1 Vは「リアルタイム瞳AF」や「リアルタイムトラッキング」でしっかり被写体を捉えてくれます。シャッターボタンが搭載されているので、ボタン半押しで瞳を捉え続けてくれます。人物以外に犬や猫の瞳にも反応してくれます。

Xperia 1 V|ボタンの配置

クリエイティブ ルック

先代のXperia 1 IVには無かった機能「クリエイティブ ルック」を、Xperiaシリーズで初めて搭載。

クリエイティブ ルックとは、デジタル一眼カメラα(アルファ)に搭載している機能で、撮影の段階で花や青空などの被写体を自分好みの色や雰囲気に設定できます。

Xperia 1 V|クリエイティブルックレビュー

クリエイティブ ルックには様々なモードが搭載されており、撮影する被写体やシーンによって好みのモードで撮影できます。下記は一例。

  • クリエイティブルック|01FLモード
  • クリエイティブルック|02INモード
  • クリエイティブルック|03SHモード
  • クリエイティブルック|04VVモード

例えばSNSなどに写真をアップする際、普段は撮影した写真を後から好みの色合いでフィルターをかけると思いますが、クリエイティブ ルックは撮影の段階から自分好みの色合いで撮影できるため、その場の雰囲気に合わせた世界観の最高の一枚をアップすることができます。

ちなみにこれは動画撮影時でも可能です。

S-Cinetone for mobileがヤバい…

こちらも先代Xperia 1 IVには無かった機能「S-Cinetone for mobile」が今作から初搭載。こいつがけっこうヤバいと思う(いい意味で)。

ソニー|FX9

ソニーPXW-FX9

デジタルビデオカメラ「PXW-FX9」やデジタル一眼カメラ「α(アルファ)」に搭載されている「S-Cinetone」をスマホ向けに調整されています。

S-Cinetone for mobileとは、動画撮影時に人物の肌の質感をきれいに表現でき、撮影後に色合いなどを調整する必要がなくなります。んで、映画みたいな動画が撮れてしまうんです。これもすげぇ。

Xperia 1 V|S-Cinetone for mobileレビュー

S-Cinetoneの設計者との共同開発により、肌の彩度や唇のコントラストなどこだわりまくっています。

S-Cinetone for mobileは以下のYouTube動画で見られます。

S-Cinetone for mobileで撮った映像、まじで映画みたい。めちゃくちゃいい!

▼実際に動画を撮ってみたら、本格的な設定変更ができ、改めて玄人向けだなと感じました。使いこなすと本当に映画一本撮れそう。

Xperia 1 V|動画レビュー

カメラ起動後の発熱問題は?

Xperia 1 V|ヒートマネジメント

Xperiaシリーズの課題でもあった発熱問題。カメラを起動するだけでまぁまぁ熱くなっていましたが、Xperia 1 VではXperia 1 IVと比較して、カメラ動作時の消費電力を約20%改善し、熱拡散シートの体積を約60%拡大しています。

 筆者実体験 

実際に1時間程度カメラや動画、ネット検索で遊んでいましたが発熱はほとんど感じられませんでした。これはもしかすると、大幅に改善しているのでは。と感じました。

\オンラインショップなら事務手数料・待ち時間なし/

ドコモオンラインショップはこちら

✅ドコモオンラインショップ価格:218,680円
公式サイト:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

業界最高クラス|Xperia 1 Vのゲーミングパフォーマンス

Xperia 1 V|ゲーミングパフォーマンス

ゲーミングスマホと言えばASUSのROG PhoneやiPhoneなどが挙げられますが、Xperiaもまったく引けを取らない性能を発揮します。と言うのも、最高峰eスポーツリーグでXperia 1 Vが公式競技端末に採用されています。

 

大人気ゲームの「PUBG MOBILE」の国内プロリーグ「PMJL SEASON3 Phase2」にて、公式競技端末にXperia 1 V、公式ゲーミングギアにXperia Stream(別売)が選ばれています。

PMJL SEASON3 Phase2

他にもゲームプレイ中にパフォーマンス状況を瞬時に確認できたり、カメラのシャッターボタンを押すと素早くスクリーンショットが撮影できたりと、ゲーム利用者に嬉しいポイントが備えられています。

120Hz駆動ディスプレイと240Hzの残像低減技術

Xperia 1 Vのリフレッシュレートは最大120Hzに対応。またタッチサンプリングレートは最大240Hzまで対応しています。

リフレッシュレートってなに?

リフレッシュレートとは1秒間に画面が何回切り替わるかをあらわしており、60Hzの場合は1秒間に60回画面が更新されます。Xperia 1 Vは120Hzなので1秒間に120回画面が更新されるということになります。

タッチサンプリングレートってなに?

タッチサンプリングレートとは1秒間にどれだけ画面タッチを感知できるかをあらわしており、Xperia 1 Vは240Hzなので1秒間に240回タッチを感知できます。数値が高ければ高いほどラグが無くなります。

ディスプレイにはノッチやパンチホールもなく21:9のアスペクト比を活かし、画面の隅までゲーム画面を見ることができるため、勝敗にも左右します。

HSパワーコントロール

HSパワーコントロール

HSパワーコントロールはXperiaが独自開発した、電源に繋ぎながらゲームプレイを快適にする熱抑制機能です。

スマホは充電すると熱が発生しますが、HSパワーコントロールをオンにして電源を繋ぐと、バッテリーを介さず直接本体に電力供給されます。これにより、ゲームに使用される電力のみ給電する仕組みで、バッテリーは充電されず熱を抑制できます。
しかもバッテリーにも優しい。Xperiaにプリインストールされているゲームエンハンサーアプリ内で設定が可能です。

ゲームエンハンサー

HSパワーコントロールの設定手順

  1. ゲームを起動
  2. 画面上部のゲームエンハンサーアプリを起動
  3. ゲームモードをタップ
  4. 高度な設定→HSパワーコントロールをオン

ちなみに裏ワザとして、HSパワーコントロールはゲーム以外の一部のアプリにも対応しています(Google Mapとか)。それにはゲームエンハンサー内に、アプリを追加しておく必要があります。

多機能ゲーミングギア「Xperia Stream」

Xperia Stream

Xperiaでゲームをプレイするのに最適なアイテム「Xperia Stream」は、冷却・配信機能を備えたゲーミングギアです。対象機種は、Xperia 1 VとXperia 1 IVの2機種です。

商品仕様
製品名 Xperia Stream(エクスペリア ストリーム)
価格 23,100円
※ドコモオンラインショップ価格
サイズ 約W185×D80×H39mm
重量 約142g
形状 カバー形状
冷却方法 空冷
LAN(Ethernet)ポート あり
HDMIポート あり
オーディオジャック あり
詳細ページ

Xperia Streamをチェック

Xperia Streamの冷却機能

Xperia Stream|冷却機能

ゲームプレイ中は自分も熱くなりますが、スマホもあっつあつになっています。そこで、Xperia Streamを装着すると、強力な送風がXperia本体を全方向から冷却してくれます。風量はCPUの状況に応じて自動調節してくれるので、熱に悩まされず長時間サポートしてくれます。

ゲーム配信機能

Xperia Stream|YouTube配信

Ethernet(イーサネット)端子を備えていて、安定した環境下でゲームプレイとライブ配信を両立できます。HDMIケーブルでキャプチャーボード(ゲーム機の映像と音声をPCに出力するための周辺機器)と接続でき、120fpsの高画質映像でのライブ配信が可能です。

kikitoロゴ

ドコモの家電レンタルサービス「kikito(キキト)」なら、Xperia Streamが月1,100円~でレンタルできます。

kikitoのレンタルプラン レンタル料金
月額サブスクプラン 1,100円/月
→最低利用期間6ヵ月(実質6,600円)
24ヵ月後にもらえる
短期レンタルプラン 4,980円/8日間~(+400円/1泊延長)
→買取りOK(+16,000円)

「試してから購入を決めたい」「買うまではいたらないけど一時的に使いたい」というときは、レンタルという方法もひとつです。購入なら2万円以上する本製品が、6,600円で半年間使用できます。

kikitoでXperia Streamをチェック

ドコモの機器レンタルサービスkikito
あわせて読みたいドコモのデバイスレンタルkikito(キキト)の評判は?激安ルンバを実際にレンタルしてみた

モコちゃん kikitoってなぁに? ドコモの「kikito(キキト)」とは、デバイス機器をレンタルできるサービスです。 レンタル後は返却、あるいは買い取ることも可能。このサービスは他社を利用していて ...

続きを見る

kikito/レンティオ徹底比較
あわせて読みたい【どっちがおすすめ?】kikitoとレンティオの価格・サービス徹底比較

kikito・レンティオはどちらも「買わずに試せる」家電レンタルのサブスクで人気があります。 しかし、「レンタルしたいけど、結局どっちがおすすめなん?」と悩む人も多く、なるべく損せずレンタルしたいです ...

続きを見る

\オンラインショップなら事務手数料・待ち時間なし/

ドコモオンラインショップはこちら

✅ドコモオンラインショップ価格:218,680円
公式サイト:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

Xperiaと言えば大迫力のスピーカーサウンド

Xperia 1 V|サウンド

Xperia 1 Vはこだわりぬかれたサウンドで、迫力ある「フルステージステレオスピーカー」が搭載しています。従来と比較して、音圧が約10%、低域の音圧も向上しています。

Xperia 1 V|フルステージステレオスピーカー

ソニーの最先端サウンド技術が集結

Xperia 1 Vには3.5mmのイヤホンジャックが備えられていて、有線イヤホン利用者にも嬉しい。また従来通りDSEE Ultimateや360 Reality Audio、LDACなどに対応し、無線イヤホン利用者でも音質にこだわってサウンドを楽しめます。

Xperia 1 V|サウンド技術

ソニーのウォークマンなどの技術がXperiaで体験でき、特に「360 Reality Audio」はライブ会場に来ているかのような臨場感。一度体験したら「え?え?……おおおぉぉぉぉぉぉおおお!!」ってなります。めちゃくちゃおもしろい。

一緒に試したいXperiaの仲間たち

Xperia 1 V|イヤホン

Xperiaとともに用意したいのが、ソニーのイヤホン・ヘッドホンですね。自分はノイキャンイヤホンの「WF-1000XM4(画像左上)」を持っていますが、ソニーが開発したBluetoothコーデック「LDAC(エルダック)」のモードで良質なサウンドを聴いています。

Bluetoothコーデックには「SBC」や「AAC」、「aptX」など数多く存在しますが、その中でも「LDAC」は超高音質とされています。

しかし、残念ながらiPhoneはLDACに対応しておらず、基本的にはAACでの接続になります。Androidなら大半がLDACに対応しているため、Androidユーザーの特権ですね。

ソニーノイキャンイヤホンレビュー_ドコモラボ
あわせて読みたいカナル型が苦手でも無問題!業界最高ソニーノイキャンイヤホンWF-1000XM4レビュー|静寂の瞬間を体感してほしい

\期間限定でAMAZONからの申し込みなら最大18%OFF!/   リンク 「カナル型イヤホンが苦手…でも品質のいいノイキャンイヤホンがほしい」 「電車の中で音漏れしないイヤホンがほしい」 ...

続きを見る

\オンラインショップなら事務手数料・待ち時間なし/

ドコモオンラインショップはこちら

✅ドコモオンラインショップ価格:218,680円
公式サイト:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

Xperia 1 V SO-51Dの価格

では最後に気になるお値段ですが、総額218,680円です!高い!高すぎるぅっ!
※ドコモオンラインショップ価格(2023年6月7日時点)

安さに定評のあったAndroidでも、ついに20万円を超えてしまった。先代のXperia 1 IVでも発売当初は19万円だったはず。フラッグシップモデルだとこのくらいが妥当な値段なのか?

いや、Galaxy S23 Ultraの256GBでも総額197,670円だから、それより2万円もお高い。

+ Xperia早期購入特典 ▼

Xperia 1 V|早期購入

Xperia 1 V|早期購入特典スケジュール

上記のキャンペーン期間中に対象商品を購入で最大12,000円キャッシュバックされます。対象商品は以下より。

①対象Xperia+対象ソニー製イヤホンを購入=5,000円キャッシュバック
②対象Xperia+対象Style Cover with Standを購入=2,000円キャッシュバック
③対象Xperia+対象ソニー製イヤホン+対象Style Cover with Stand=7,000円キャッシュバック

※購入機種がXperia 1 Vの場合、追加で5,000円キャッシュバック
※購入機種がXperia 10 Vの場合、追加で3,000円キャッシュバック

キャンペーン詳細をみる

いつでもカエドキプログラムなら半額くらい

いつでもカエドキプログラム

このくらいのお値段なら、端末を返却するとその後の分割代金が不要になる「いつでもカエドキプログラム」がおすすめ。無料で加入でき、途中で気が変わっても必ず返却する必要はありません。

  • 残価額と早期利用特典の金額は機種ごとに決められている
  • 23ヵ月目に返却すれば残価額の支払は不要
  • 1~22ヵ月目に返却すれば残価額不要および早期利用特典が発動
  • 24ヵ月目以降に返却すれば残価額が自動的に24分割される
  • 再分割後も返却すればその後の分割代金は不要

この予備知識を持って端末価格を見てみましょう。

Xperia 1 V SO-51Dを通常購入する場合
一括払い 218,680円
12回払い 18,223円×12回(初回のみ18,227円)
24回払い 9,111円×24回(初回のみ9,127円)
36回払い 6,074円×36回(初回のみ6,090円)
いつでもカエドキプログラムで23ヵ月目に返却する場合
1~23回 5,318円×23回(初回のみ5,324円)
負担額 122,320円
いつでもカエドキプログラムで24~26ヵ月目に返却する場合
1~23回 5,318円×23回(初回のみ5,324円)
24~47回 4,015円×24回
負担額 122,320円+返却月までの分割代金
いつでもカエドキプログラムで12ヵ月目に返却する場合
1~12回 5,318円×12回(初回のみ5,324円)
13~23回 4,418円×11回
負担額 112,420円

まぁそれでも10万円超えるのでけっこう高い。お金に余裕があるなら買って損なしだと思う。

ドコモ・au・ソフトバンクで比較

Xperia 1 V本体総額 2年返却時の実質価格
※機種変更の場合
ドコモ 218,680円 122,320円
au 210,240円 110,460円
SoftBank
※専用ゲーミングギア
「Xperia Stream」がセット
198,000円 108,000円
ソニーストア 194,700円 -

いつもいつもドコモばっかり高いぜ。なんで5G WELCOME割がはじめから入らないんだ?

ソフトバンクも「Xperia 1 V Gaming Edition」として発表されましたが、なんと通信キャリアの中で最安値。驚きなのが、専用ゲーミングギア「Xperia Stream」が付属しています。ゲーマーにとっては嬉しい特典です。

これはやばいよドコモさん、早めに値引きのご検討を。。

Xperia 1 Vはおすすめ?やめとくべき?

Xperia 1 Vは解説してきた通り、鼻血が出るほどスペックが高いスマホとなっています。と同時に値段でもう一度鼻血が出ます。

それでもXperia 1 Vを迷っているという人向けに、やめたほうがいい人・おすすめな人とをまとめてみました。

Xperia 1 Vはやめたほうがいいひと

やめたほうがいい人まとめ

  • 最新機種にこだわりがないひと
  • ある程度の性能でいいひと
  • スマホにあまりお金をかけたくないひと
  • 1~2年で飽きちゃうひと

上記の項目にあてはまるなら一言、「別の機種を買いましょう。」7万円程度である程度のスマホは買えます。

ドコモ2023年春夏モデル|ドコモラボ
あわせて読みたいまだiPhoneでいくの?2023年ドコモ春夏モデル|全ラインナップ情報を公開!

2023年ドコモの夏モデルが発表されてます。 そろそろ機種を買い替えたいと思っている人向けにご紹介したいと言ったところですが、正直どれがいいのか分からない人も多いはず。むしろ今と同じメーカーでいいかと ...

続きを見る

Xperia 1 Vがおすすめなひと

おすすめな人まとめ

  • 買うなら最新機種が欲しいひと
  • スマホゲーをこよなく愛するひと
  • 写真や動画を高品質に撮りたいひと
  • 音質にこだわるひと

今回のXperiaはかなり良い。

まぁそもそもスマホって、高スペックであればあるほど高い買い物になります。「どうせ高い買い物するなら最新機種で。」と考える人は少なくないでしょう。

Xperia 1 VのSoCはSnapdragon 8 Gen 2が搭載されていて、最高のパフォーマンス、かつバッテリーの劣化も防いでくれるので長期間使うことを想定すると、中途半端なものを買うよりかえって安くなるかもしれませんね。

 

\オンラインショップなら事務手数料・待ち時間なし/

ドコモオンラインショップはこちら

✅ドコモオンラインショップ価格:218,680円
公式サイト:https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ドックん&モコちゃん

ドックん&モコちゃんがドコモサービスについて解説中! 中の人は現役ドコモショップスタッフが執筆。長年培ったプロの視点でドコモサービスを解説・評価・他社比較をするサイト。 別サイト「ちょっとWiFi」にてドコモ記事の監修者も手掛ける。

-Android

© 2023 ドコモラボ -docomolab-

ahamoにおすすめの光回線3選
詳細はコチラ
ahamoにおすすめの光回線3選
詳細はコチラ