アクセサリー

カナル型が苦手でも無問題!業界最高ソニーノイキャンイヤホンWF-1000XM4レビュー|静寂の瞬間を体感してほしい

2021年11月26日

ソニーノイキャンイヤホンレビュー_ドコモラボ

\期間限定でAMAZONからの申し込みなら最大18%OFF!/

 

「カナル型イヤホンが苦手…でも品質のいいノイキャンイヤホンがほしい」

「電車の中で音漏れしないイヤホンがほしい」

このように数々のイヤホンが販売されておりますが、どれもノイズキャンセリング性能を高めるためカナル型(耳栓のような形状イヤホン)が多く発売されています。

ボク自身も耳が小さくカナル型が苦手で、しかも中々高い買い物だったためにかなり躊躇しましたが、結果的にAirPods以上に良く「もっと早く買えばよかった」と思っています。

今回はSONYの業界最高クラスと謳われているノイズキャンセリングイヤホン「WF-1000XM4」を購入・使用して良かった点について解説していきます。

こんな方におすすめ

  • SONYのWF-1000XM4が気になっている人
  • カフェなど公共の場で集中して作業したい人
  • カナル型イヤホンが苦手だけどノイキャンイヤホンがほしい人

それでは解説していきます。

ソニーのノイズキャンセリングイヤホン「WF-1000XM4」とは?

WF-1000XM4の画像

イヤホン業界最高クラスのノイズキャンセリングイヤホンと謳われた性能ですが、前作「WF-1000XM3」と比較して、さらに高音域から低音域においた騒音の中でも、ノイズキャンセリングの性能がアップしています。

その静寂さは、パチンコ店を通り過ぎるタイミングで扉が開いた瞬間の騒音さえも、まったく気にならないほど。

パチンコ店のほかに、カフェや街中など騒音が多いあらゆる環境下においても、物事に集中できる自分の世界を創り出せます。

かなりノイズキャンセリング性能の品質が高い商品です。

\期間限定でAMAZONからの申し込みなら最大18%OFF!/

ソニーWF-1000XM4製品概要

スペック
イメージソニーWF-1000XM4の画像
名称ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット
型番WF-1000XM4
定価33,000円(税込)
※ソニーストアの場合
電源リチウムイオン
接続端子USB Type-C
充電時間約1.5時間
ワイヤレス充電
連続音声再生時間最大8時間(NCオン)
最大12時間(NCオフ)
※NC…ノイズキャンセリングの意
連続通話時間最大5.5時間(NCオン)
最大6.0時間(NCオフ)
通信規格Bluetooth標準規格 Ver.5.2
出力Bluetooth標準規格 Power Class 1
最大通信距離10m
使用周波数帯域2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
対応BluetoothプロファイルA2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデックSBC, AAC, LDAC
対応コンテンツ保護SCMS-T
伝送帯域(A2DP)20Hz-20,000Hz(44.1kHz sampling)
20Hz-40,000Hz(LDAC 96kHz sampling 990kbps)

今作「WF-1000XM4」から、最新のBluetooth標準規格 Ver.5.2に対応しているうえ、SONYが開発した音楽に特化したコーデックである「LDAC(エルダック)」に対応しました。

この「LDAC(エルダック)」は伝送速度に遅延が大きいため動画視聴には不向きですが、かなりの高音質な音を届けてくれます。

またWF-1000XM3では対応していなかったワイヤレス充電にも対応しました。

【豆知識】Bluetoothで使用される専門用語

あまり聞きなれない横文字が羅列していますので、より理解を深めてもらうために専門用語の意味を記載しておきます。

ラボちゃん
ボク自身もはじめはさっぱりでした。。

言葉の豆知識

カテゴリ内容
通信規格BluetoothにはスマホOS同様バージョンがあり、バージョンが上がるにつれ「通信速度」「通信距離」が向上し、「消費電力」を抑えてくれます。
「WF-1000XM4」では2020年に発表されたBluetooth標準規格 Ver.5.2が採用されており、新しいオーディオ技術「LE Audio」が搭載されました。
「LE Audio」では複数デバイスに音声を送信でき、かつ低消費電力で高音質の音声データが可能になり、ハイレゾ音源にも対応。
Power ClassPower ClassはBluetoothの到達範囲を意味しており、Classが低いほど到達範囲も広くなります。
コーデック音楽ファイルを圧縮するための方式です。
・SBC(SubBand Codec)…標準的なイヤホンすべてに対応しており、通信は安定していますが音質が低い。
・AAC(Advanced Audio Coding)…圧縮率が高いうえに音質の劣化が少ないのが特徴。SpotifyやAMAZON Musicなどで広く対応しています。
・LDAC(エルダック)…SONYが開発した音声圧縮コーデックです。音質に特化しており伝送に遅延が生じるため、動画視聴やゲーム(音ゲー)などには不向きです。

Power Classの規格内訳

規格出力到達範囲
Class 1100mW100m程度
Class 22.5mW10m程度
Class 31mW1m程度

通信規格もVer.5.2が採用されている他、コーデックは音質に特化しているLDACにも対応しているため、音楽を楽しみたい人にはかなり最強のイヤホンと言えます。

Power ClassはBluetoothの到達範囲を意味しており、Classが低いほど到達範囲も広くなります。

コーデックをシーンで切り替え

コーデックはAndroidスマホなら専用アプリで切り替えることができ、利用シーンで切り替えるのがおすすめです。
※iPhoneではAACのみ対応

ソニーヘッドホンアプリの画像

WF-1000XM4の専用アプリをダウンロードし、アプリ内で「音質優先」「接続優先」を選べます。

「音質優先」に設定すると一番良い音質に自動設定され、「接続優先」なら音質を犠牲にする恐れがありますが、音飛びしにくくなります。

アプリではなくてもAndroidスマホなら手動で切り替えることも可能です。

コーデック手動変更方法

「設定」→「開発者向けオプション」→「Bluetooth オーディオ コーデック」→好きなコーデックを選ぶ
※機種やAndroid OSによって表記が違う場合があります

iPhoneはLDAC非対応だけどDSEE Extremeには対応

DSEE Extreme説明画像

「DSEE Extreme」とは、AI(人工知能)技術により楽曲の情景を分析し、ハイレゾ級の高音質になります。

上の図のように、MP3音質やCD音質では埋もれがちな、弦楽器や小さい音、また高音域の伸びなど、ハイレゾ相当の音質にアップスケーリングされます。
※DSEE ExtremeはHeadphones Connectアプリから機能を有効にすることで利用できます

ソニーWF-1000XM4静寂の理由

音楽を聴いている男性

出典:SONY

「静寂を求めるなら迷わずWF-1000XM4を選びましょう。」と言えるくらいに、かなり騒音を減らしてくれます。

前作の「WF-1000XM3」と比較して乗り物のノイズや、人の声など音をカットしてくれています。

ソニーノイキャンイヤホン比較画像

出典:SONY

デュアルノイズセンサーテクノロジー

ソニーデュアルノイズセンサーテクノロジーの解説画像

ノイズを的確にとらえる「デュアルノイズセンサーテクノロジー」により、2つのセンサーで騒音と音楽信号をすべてデジタル化しており、騒音を打ち消す効果を生成しています。

DNS(デジタルノイズキャンセリング)ソフトウェアエンジンでは、フィードフォワードとフィードバックの2つの方式を統合しており、騒音を気にせずに音を楽しむことができます。

ノイズアイソレーションイヤーピース

WF-1000XM4イヤーピース画像

SONYが独自開発したポリウレタンフォーム素材を使用したイヤーピース。他製品のシリコン素材とは違い、ノイズアイソレーションイヤーピースは密閉度が高くなり、よりノイズキャンセリング性能を高めます。

S/M/Lのスリーサイズが同梱されており、自分の好きなサイズを選べます。※Mサイズはデフォルトで装着されています

\期間限定でAMAZONからの申し込みなら最大18%OFF!/

ソニー「WF-1000XM4」を使用して分かったメリット4選

ソニーノイキャンイヤホン画像

出典:SONY

ここからは筆者のボク自身が、SONYの「WF-1000XM4」を半年使用したメリットを解説していきます。

個人的な意見が中心ですが、ぜひ参考の一部にしてください。

  1. 【感動】ノイキャン品質がかなり高く外音を限りなくカット
  2. LDAC(エルダック)で音質は最高、音飛び・途切れは気にならない
  3. カナル型イヤホンが苦手でも気にならない
  4. ケースが小型化されてポケットに入れやすい

1.【感動】ノイキャン品質がかなり高く外音を限りなくカット

装着して一番感動したことは、ノイズキャンセリングの性能の良さです。

「デュアルノイズセンサーテクノロジー」により的確にノイズを捉えることができ、騒音を打ち消してくれます。

またイヤホン本体の密閉感もあり、パチンコ店を通り過ぎる際や、工事現場の音などもかなりカットしてくれます。

イヤホンを一回タップすることで、ノイキャンモードから外音取り込みモードに切り割りますので、音楽を一時停止も簡単に行えます。

左耳タップでノイズキャンセリングとアンビエントサウンド(外音取り込み)を切り替え

左耳側をタップすると2つのモードを切り替えられます。

感動ポイントとして、イヤホンを耳に取り付け、ノイズキャンセリングに切り替えると、今まで聞こえていた街の騒音が一瞬で打ち消されます。

それはまるで、映画のワンシーンの演出のような高揚感をもたらせてくれます。

スピーク・トゥ・チャットで人との会話もスムーズ

イヤホンを装着した状態で、人と会話ができる新機能「スピーク・トゥ・チャット」が搭載されました。

音楽視聴中に相手に話しかけると、自分の声で反応し音楽を一時停止にします。

スピーク・トゥ・チャットの解説画像

出典:SONY

ラボちゃん
ひとり言が多い人は一時停止しまくるため、個人的にはオフにしています。

2.LDAC(エルダック)で音質は最高、音飛び・途切れは気にならない

ノイズキャンセリングにより、周りの環境の騒音を限りなくカットしてくれているうえに、コーデックをLDACにしていることで楽曲をより感動へ導いてくれました。

LDACは音楽視聴に特化しているため、コーデックのSBCと比較すると通信が不安定になるそうなので不安はありましたが杞憂でした。

音飛びは、仕事の行き帰りの駅や電車の中、スーパーなど人がたくさん行き交う場所での使用は、ゼロとは言いがたいですがあまり気になりません。

むしろストリーミング再生をしているため、スマホの電波が不安定な場所だと音楽が止まり、そっちのほうが気になります。

中には途切れるという口コミも

iPhoneなどのデバイスとの相性なのか、個体差によるものなのかは不明です。

ボク自身のWF-1000XM4では途切れは起こっていません。ちなみに使用端末はAndroidです。

3.カナル型イヤホンが苦手でも気にならない

ボク自身、耳が人より小さくカナル型(耳栓のような耳穴に差し込むタイプ)のイヤホンはポロっとすぐ取れるし、閉塞感が苦手で敬遠していたのですが、そこまで閉塞感もなくしっかり耳にフィットしてくれました。

フォルムも評価ポイント

AirPods本体の形状は先が出ているため、服やマスクが引っ掛かってポロっと落ちてしまうことがありました。

しかし、WF-1000XM4はマスクに引っ掛かりづらい丸いフォルムのため、地味にうれしいポイントです。

4.ケースが小型化されてポケットに入れやすい

ケースはWF-1000XM3と比較して小型化されており、使用中はケースをポケットに入れていても、そこまでかさばらずに持ち歩けました。

WF-1000XM4とWF-1000XM3の大きさ比較画像

普段使いする人にとって、ケースの大きさはかなり重視したいポイントの一つです。

私服ならともかく、スーツを着て持ち運ぶなら、大きい物を入れておくとスーツに型がついてしまうことがありますので。

個人的には前作のWF-1000XM3のデザインも好きでしたが、今作WF-1000XM4のブラックでマット素材は汚れも目立ちにくく飽きのこないデザインになっています。

こちらもCHECK

Xperia 5 III SO-53Bスペック徹底解説
【ドコモ】Xperia5IIIを買うべき3つのポイント|スペック・キャンペーンをドコモプロが徹底解説

2021年12月29日:dポイント10,000ポイントキャンペーンを追記。 NTTドコモよりドコモスマートフォン「Xperia 5 III (ファイブマークスリー)SO-53B」が、2021年11月1 ...

続きを見る

ソニー「WF-1000XM4」の口コミは?

WF-1000XM4を購入した方の口コミですが、良い口コミが多い中、接続するデバイスによってはあまり良い口コミではないものもあります。

WF-1000XM4の良い口コミ

ラボちゃん
中にはAirPods以上と言う口コミもありますが、これにはボクも同感です。

https://twitter.com/korekore_nuki2/status/1463784773424353281

ラボちゃん
外音がかなりカットされるので、作業に集中できます。

かなり評価の高い口コミが多く、買おうか迷う人への後押しになります。

AirPods以上と感じる人(ボクも)もいますし、高品質なノイキャンイヤホンだと言うことがうかがえます。

WF-1000XM4の悪い口コミ

ラボちゃん
たまに見かける途切れ問題もアプデで改善している!?

ラボちゃん
拙者のイヤホンは途切れはないが、個体差によるものか?それともデバイスとの相性?

https://twitter.com/RedLionTK/status/1409296473238376453

やはり実情として途切れ問題は、アプデをした後でも起こっている人もいます。

音質優先にして途切れる場合は、接続優先を一度試してみましょう。

まとめ

パソコンをする男性

今回はSONYワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM4」について解説しました。

WF-1000XM4まとめ

  • 高品質なノイズキャンセリング性能で外音をカット
  • カフェやテラスでも静寂の中作業ができる
  • LDACで音質にこだわった音楽を楽しめる
  • 外音取り込みモードでイヤホンしたまま会話できる
  • カナル型が苦手でも閉塞感はなくフィット感がある

何度も言うようですが、使ってみた感想は「控えめに言って最高」の一言。

ノイキャンイヤホンがほしいと思っている人は、迷わず「WF-1000XM4」を選んで間違いないと思います。

\期間限定でAMAZONからの申し込みなら最大18%OFF!/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ラボ

ドコモに勤めて15年。 ドコモショップスタッフによるドコモユーザーや覚えることで大変なドコモで勤めるスタッフの手助けになるようサイトを立ち上げる。 長年培ったプロの視点でドコモサービスを解説・評価・他社比較をするサイト。 ドコモを利用するすべての人のためになるよう忌憚なく記事を書いていきます。別サイト「ちょっとWiFi」にてドコモ記事の監修者も手掛ける。

-アクセサリー

© 2022 ドコモラボ -docomolab-