ahamo ドコモ光

2023年2月|ドコモ光よりahamoにおすすめの光回線を紹介!特典や戸建て・マンション別で他社比較まで

ahamoおすすめ光回線

2023年2月1日追記:とくとくBB光のキャンペーンが最大35,000円キャッシュバック、それ以外の方でも当サイト経由なら全員32,000円キャッシュバック!【終了日2023年2月28日まで】

モコちゃん 小泣き
モコちゃん
ahamoにしたんやけど、ドコモ光のセット割って適用されへんのやね。どこかおすすめの光回線教えてほしいねんけど。
ahamoはドコモの格安プランだけど、ドコモ光セット割の対象外なんだ。だから必ずドコモ光にしておく必要がないから、速度や料金面でおすすめ光回線をランキング形式にしていくよ!
ドッくん キラリ
ドッくん

毎月の固定費を下げるために、まず一番先に思い当たるのはスマホ料金でしょう。ドコモからahamoに乗り換えた人や、他社からahamoに乗り換えてスマホ料金が安くなった人が多いと思います。そして次に思い当たるのは、保険料金やネット回線と言ったところでしょうか。

「ドコモからahamoに乗り換えたけど、光回線はドコモ光のままでいいの?」

「ahamoにして安くなったけど、光回線料金も安くしたい」

「光回線を月額の安さ重視で検討している」

など、プランや割引、特典が複雑で決めきれないという人も多いと思います。

まずはおさらい!ahamoスペックから

ahamoトップ

カテゴリ ahamoスペック
基本料金 2,970円
データ量 20GB/月
容量追加 +550円/1GB
音声通話 5分間通話無料
※超過後22円/30秒
かけ放題オプション +1,100円/月
大盛りオプション +1,980円/月(+80GB)
海外ローミング 20GBまで無料
ケータイ補償サービス 550円~1,100円
※機種により異なる
AppleCare+/
AppleCare+盗難・紛失プラン
403円~/月
※機種により異なる
事務手数料 0円
解約金 0円
端末購入を伴う送料 0円

ahamoに乗り換えて、スマホ料金が安くなった人が多いと思います。しかしahamoは光回線とのセット割が適用されないため、例えばドコモから乗り換えた人なら「ドコモ光」にしたまま放置している人が多いのも現状です。

ドッくん ため息
ドッくん
スマホ料金が安くなって満足する人が多く、自宅のネット回線まで手が回る人は少ないんだ。

今回はahamo利用者を対象に、ahamo×光回線で月額料金重視で徹底的に調べたことを解説していきます。この記事で家計見直しの一助となれば幸いです。

【おすすめ第1位】GMOとくとくBB光

とくとくBB光トップ

結論から言うと、ahamoならとくとくBB光(GMO光アクセス)がおすすめです。ドコモ光のプロバイダでも人気トップのGMOとくとくBBが提供している光回線サービスで、フレッツ光回線を利用したコラボ光です。

とくとくBB光トップ
あわせて読みたい2023年2月|GMOとくとくBB光なら最大3.5万円キャッシュバック!他社比較で分かったメリット・デメリット

2023年2月1日追記:このページから限定で、とくとくBB光を他社乗り換えで35,000円、乗り換えじゃなくても全員に32,000円(通常は5,000円)キャッシュバックできるようになりました! モコ ...

続きを見る

おすすめの理由は以下8点あります。

ココがおすすめ

  1. 月額料金が安い
  2. 契約期間や解約金なし
  3. 通信速度が速い
  4. 高性能Wi-Fiルーターが無料
  5. 新規工事費が実質無料
  6. 他社違約金一律35,000円キャッシュバック ←NEW
  7. 【当サイト限定】乗り換えじゃなくても32,000円キャッシュバック←NEW
  8. 2年連続お客様満足度No.1の安心感

ドッくん キラリ
ドッくん
おすすめポイントは月額料金だけではなく、高性能Wi-Fiルーター無料レンタルや、解約違約金がかからないなど、推しポイントがたくさんあるよ。

最大35,000円キャッシュバック/

とくとくBB光特設サイトはコチラ

月額料金が安く契約期間や解約金なし

ahamoはどの光回線を契約してもセット割がないため、固定費を下げたいならばシンプルに光回線自体の月額料金が重要ポイントです。とくとくBB光の月額料金は、他社の光回線と比較しても引けを取らず、むしろトップレベルで安く設定されています。

マンション 戸建て
月額料金 3,773円 4,818円
契約事務手数料 3,300円/初月のみ
開通月 月額料金の日割り計算分が請求

例えばドコモ光の場合、マンションなら4,400円なので627円の節約、戸建てなら5,720円で902円の節約につながります。年間であらわすとマンションで7,524円、戸建てで10,824円の節約になります。

またとくとくBB光では、契約期間などの縛りなくいつ解約しても解約金がかかりません

他社光回線の解約金(2022年7月以降の契約分から)

事業者 マンション 戸建て
GMOとくとくBB光 なし なし
フレッツ光 2,200円 4,400円
ドコモ光 4,180円 5,500円
auひかり 2,290円~2,730円 4,460円~4,730円
ソフトバンク光 1ヵ月分の利用料 1ヵ月分の利用料
楽天ひかり 4,180円 5,280円
NURO光 528円 3,850円
J:com 3,850円 3,850円

2022年7月より、各キャリアの光回線の解約金がいっせいに下がりましたが、それでも5,000円前後かかります。解約しないといけない状況などやむを得ない場合であっても、契約期間がなく解約金が一切かからないため、更新月を気にせずいつでも解約することができます。

通信速度が速く高性能Wi-Fiルーターが無料

2020年度最優秀パートナー賞受賞

とくとくBB光は、通信速度が速いと定評があります。

その理由は次世代技術v6プラス通信を採用しており、従来のPPPoE接続方式では時間帯によって混雑してしまい通信速度が遅くなってしまいがちでしたが、v6プラスでは混雑することなく安定した速度を保つことができます。

そのため、GMOとくとくBB光では、速度遅延を解消するIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6の接続方式を採用した高速通信が可能となります。

v6プラス提供事業者の日本ネットワークイネイブラー株式会社より、GMOとくとくBBは「2020年度v6プラス最優秀パートナー賞」を受賞し、2017年に初受賞以降4年連続の受賞となります。

下り速度 上り速度
公式サイト※1 361.96Mbps 282.78Mbps
みんそく※2 283.06Mbps 270.16Mbps

※1 2021年10月1日~2022年9月30日 全国合計 2,658件(有線LANでの計測結果)
※2 みんなのネット回線速度より(2022年10月27日時点)

一般的に公式サイトなら少し誇張して記載するものですが、みんそくにおいても4,161件もの測定件数の平均値で、かなり優秀な速度が出ています。

速度に加えとくとくBB光では契約特典として、もれなく以下5種類の内いずれかの高性能Wi-Fiルーターが無料でレンタルできます(端末は選べません)。

メーカー 機種名 IPv6対応
BUFFALO WSR-2533DHP2
WSR-2533DHP3
NEC PA-WG2600HS
PA-WG2600HS2
ELECOM WRC-2533GST2

いずれもIPv6に対応しており優秀な高性能Wi-Fiルーターなので、どのルーターが届いても性能はほぼ変わりません

中継器としてルーターをおかわり?

GMOとくとくBB光おかわりルーター

GMOとくとくBB光おかわりルーター

とくとくBB光では「おかわりルーター」と称し、Wi-Fiルーターをもう1台買取りできます(おかわりルーターはレンタルではない)。おかわりルーターの利用用途は、中継器として利用することができ「この部屋だけWi-Fiが届きにくい…」という場面で重宝します。

サービス名 価格
おかわりルーター 3,300円(買取り)
月額料金 0円
送料 無料

2月は高額キャッシュバックを見逃すな

とくとくBB光では、以下の3つのキャンペーンを実施しています。

35,000円分キャッシュバック←NEW

とくとくBB光キャンペーン

とくとくBB光のキャンペーンは、他社光回線から乗り換え時に掛かった費用のうち、解約違約金補助として35,000円をキャッシュバックしてくれます。

キャンペン期間:2023年2月1日(水)~ 2023年2月28日(火)

このキャンペーンは、とくとくBB光の申し込み時に5つの条件がありますが、特段難しいことはありません。

とくとくBB光を申し込み後、電話で特典の申し込みをすること
TEL:0570-045-109 受付時間:10:00~19:00(平日)

ADSL/光回線/ケーブルTV/モバイルWiFiなどの他社インターネット回線を利用していること

他社サービス解約時に解約違約金等の支払いが発生すること

とくとくBB光の申し込みから開通月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに他社サービスを解約し、解約違約金明細の写真を提出すること

開通月を1ヶ月目として11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関する指定口座確認の案内メールを送信し、登録があった翌月末日(営業日)に指定の口座に振り込み

乗り換えじゃなくても32,000円キャッシュバック←NEW

通常窓口では5,000円キャッシュバックですが、当サイトを経由してとくとくBB光を申し込むと、他社違約金がかからない人でも32,000円キャッシュバックがもらえます。※併用はできません

キャンペン期間:2023年2月1日(水)~ 2023年2月28日(火)

これは先述した35,000円キャッシュバックとは違い、全員対象なので条件はありません。下のボタンからとくとくBB光に申し込むだけです。

↓↓この違いに注意↓↓

当サイト経由の特設ページ

通常の公式ページGMOとくとくBB光新規契約

とくとくBB光は特設ページがあり、選ばれたサイトからしかこの特設ページへ行けない仕様になっています。他社違約金補助の35,000円キャッシュバックは一律同じですが、それ以外の場合は特設ページになっていることを確認してから申し込みましょう。

ドコモラボ限定特典
▶とくとくBB光特設サイト

最大35,000円キャッシュバック/

GMOとくとくBB光特設サイトはコチラ

新規工事費実質無料

GMOとくとくBB新規工事実質無料

一般的に光回線を導入する際は工事費用が掛かりますが、とくとくBB光は工事費用が実質無料になります。内訳は以下の通りです。

マンション 戸建て
工事費用※1※2 25,300円 26,400円
分割36回 1回目:1,045円
2回目以降:693円
1回目:990円
2回目以降:726円
値引き 1回目:▲1,045円
2回目以降:▲693円
1回目:▲990円
2回目以降:▲726円

※1 派遣工事有り、屋内配線を設置する工事の場合
※2 派遣工事が必要ない場合は、住居タイプ問わず2,200円となり、いずれにしても実質無料になります

ココに注意

36ヵ月以内に解約すると工事費の残債だけは残ります。途中解約した場合、工事費の分割残債額が一括で請求されます。

また夜間工事や土日祝日の派遣工事は、別途費用が発生します。

2年連続お客様満足度No.1の安心感

「携帯キャリアの光回線が安心だけど費用がなぁ。」という方であっても、GMOとくとくBBには同じくらいの信頼性があります。GMOとくとくBBは、オリコン顧客満足度調査にて、「プロバイダ広域企業」ランキングで2年連続お客様満足度No.1の座に輝きました

通信速度の他に、価格やサポートサービスにおいて評価されました。

ドッくん キラリ
ドッくん
GMOとくとくBBは、20年以上の実績を積む信頼できるインターネットグループ会社なんだ。
とくとくBB光トップ
あわせて読みたい2023年2月|GMOとくとくBB光なら最大3.5万円キャッシュバック!他社比較で分かったメリット・デメリット

2023年2月1日追記:このページから限定で、とくとくBB光を他社乗り換えで35,000円、乗り換えじゃなくても全員に32,000円(通常は5,000円)キャッシュバックできるようになりました! モコ ...

続きを見る

最大35,000円キャッシュバック/

GMOとくとくBB光特設サイトはコチラ


ココが残念

  1. カスタマーセンターがつながりにくい
  2. 問い合わせ先が通話料有料

カスタマーセンターが通話料有料でつながりにくい

GMOとくとくBBのデメリットとして挙げられるが、「カスタマーセンターがつながりにくい」という点です。口コミを見ていきましょう。

つながりにくいという悪い評判は、契約者が多く問い合わせも多いという状況になっているため、このような口コミが目立ってしまいます。つながらない場合は、メールでの問い合わせやチャットサポートがあるので、そちらで問い合わせしてみるのも一つです。

また通話料について、GMOとくとくBBは部署が多いため要件ごとに電話番号が違います。例えば新規開通の問い合わせ番号は以下の通りフリーダイヤルで通話料は無料です。

GMOとくとくBB光
新規開通 問い合わせ窓口
GMOとくとくBB光
その他 問い合わせ窓口
0120-360-800 0570-045-109通話料有料
受付時間:10時~19時 受付時間:10時~19時

開通後の問い合わせ先は0570からはじまるナビダイヤルになるので、通話料は有料になります(電話かけ放題プランでも有料)。

【おすすめ第2位】enひかり

enひかりは株式会社緑人(えんじん)が手掛けるコラボ光です。ahamoユーザーであれば「勝手に割り」が適用され、enひかりの月額料金から110円割引してくれます。

ココがおすすめ

  1. 光回線で最安水準の月額料金
  2. ahamoとのセット割がある
  3. 契約期間や解約金は無し
  4. サポートセンター対応の評判が良い

\業界最安水準で解約金もなし/

enひかり公式サイトはコチラ

業界最安水準の月額料金とahamoセット割

enひかりは光回線における「業界最安値」の月額料金を目指すコラボ光回線です。下表のとおり、月額料金はかなり安い水準で提供されており、先述したGMOとくとくBB光より253円安く設定されています。

マンション 戸建て
月額料金 3,520円 4,620円
契約事務手数料 3,300円/初月のみ
開通月 月額料金分が請求

気になるところは、開通月が何日であろうが一ヵ月分の料金が発生するため、月末の開通は少し損をしてしまいます。新規契約の工事日を確定する際は、その点も相談してみるようにしましょう。

ドッくん ショック
ドッくん
もし他社から乗り換える場合は、移転元の事業者は日割りにはしてくれないから、月額料金のダブルパンチを食らってしまう。

そして、業界唯一のahamoとのセット割があるenひかりは、「勝手に割り」という名称でenひかりの月額料金から毎月110円割引してくれます。

マンション 戸建て
月額料金 3,520円 4,620円
勝手に割り適用後 3,410円 4,510円

元々安い料金からさらに110円の割引が入るため、光回線単体の月額料金ではトップになると思います。またahamoのほかにも、UQ mobile、povoユーザーであっても同様の割引が適用されます。

【注意!】enひかりは工事費無料のキャンペーンが無い

enひかりは業界最安値の月額料金のため、開通工事費用は別途発生します。

新規 転用/事業者変更
工事費 派遣工事、屋内配線新設あり:16,500円
派遣工事、屋内配線新設なし:8,360円
無派遣工事:2,200円
無料

工事費の分割支払いは出来ず、一括払いのみとなります。しかし、ほとんどの場合無派遣工事の2,200円で開通できることがあるので、気になる方は一度問い合わせてみましょう。

契約期間や解約金は無し

enひかりでは2年契約などの最低利用期間がないため、いつ解約しても解約金はかかりません。先述していますが、他社の解約金をみておきましょう。

事業者 マンション 戸建て
enひかり なし なし
GMOとくとくBB光 なし なし
フレッツ光 2,200円 4,400円
ドコモ光 4,180円 5,500円
auひかり 2,290円~2,730円 4,460円~4,730円
ソフトバンク光 1ヵ月分の利用料 1ヵ月分の利用料
楽天ひかり 4,180円 5,280円
NURO光 528円 3,850円
J:com 3,850円 3,850円

サポートセンター対応の評判が良い

enひかりを契約している人の中で、「月額料金の安さ」や「解約金がかからない」といったメリットが多い中、サポートセンターの対応が良いという口コミも多数あります。

「インターネットが急に繋がらなくなった」などのトラブル時の、サポートセンターへの繋がりやすさや対応力に対して数多くの評価を得られています。

 

ahamo-povo-enhikari
あわせて読みたいenひかりの9つのメリットと3つのデメリット|評判から他社比較まで徹底解説!ahamoやpovoはおすすめ

追記:2022年9月20日(火)に、enひかり1ギガ用無線LANルーター大特価キャンペーンの終了日が延長されました。 追記:2022年3月1日(火)より、KDDIの格安プラン「povo」にしている方も ...

続きを見る

\業界最安水準で解約金もなし/

enひかり公式サイトはコチラ


ココが残念

  1. キャッシュバックキャンペーンがない
  2. IPv6にするには有料オプション契約が必要

キャッシュバックキャンペーンがない

enひかりは元々の月額料金が業界最安のため、キャッシュバックキャンペーンは設けていません。しかし、高性能Wi-Fiルーター大特価キャンペーンを行っているため、Wi-Fiルーターを持っていない人はお得にルーターが手に入ります。

IPv6にするには有料オプション契約が必要

enひかりを申し込むにあたり、インターネットを快適に利用するためにIPv6をおすすめしますが、実はオプションとして加入する必要があります。

オプション名 月額料金
enひかり「v6プラス」 198円

よって、通常料金と加算すると、

戸建て マンション
通常料金 4,620円 3,520円
v6プラスあり 4,818円 3,718円
ahamo+v6プラス 4,708円 3,608円

ということになり、GMOとくとくBB光とほぼ同額になります(GMOとくとくBB光はデフォルトでIPv6に対応)。

【おすすめ第3位】ソフトバンク光(GMO経由)

ソフトバンク光ロゴ

ドコモ回線なのにおすすめがソフトバンク光なの?と疑問に思う人もいると思います。実はソフトバンク光はキャンペーンがかなり多く、しかも取次代理店から申し込めばキャッシュバックまでもらえるのでかなりお得です。

ココがおすすめ

  1. GMOとくとくBB経由で申し込むと現金+ルーターがもらえる
  2. 公式キャンペーンも併用できる
  3. 工事費用が実質無料
  4. 通信速度が安定している

\当サイト経由なら最大37,000円+Wi-Fiルーターがもらえる/

GMOとくとくBB公式サイトはコチラ

GMOとくとくBBからの申し込みで現金とルーターがもらえる

ソフトバンク光はソフトバンクショップや家電量販店で申し込む人が多いと思いますが、実は取次代理店から申し込むほうがお得になります。数ある取次代理店の中でも、GMOとくとくBB経由で申し込むと特典がもらえます。

契約種別 特典1 特典2
新規契約 36,000円
※当サイト経由なら37,000円にアップ!
高性能Wi-Fiルーター1台
転用・事業者変更 16,000円

新規契約と転用・事業者変更はどうしても特典に差が出ます。しかし、ドコモ光含むコラボ光やフレッツ光から切り替える場合、特典を受け取れる事業者は正直少ないです。

ココに注意

36,000円+Wi-Fiルーターで掲載している記事もありますが、当サイト経由で申し込むと1,000円増額します!

公式から申し込むとこの特典はもらえないので、GMOとくとくBBから申し込むようにしましょう。下記に詳細記事も載せておきます。

白い犬の画像
あわせて読みたい【2023年2月】ソフトバンク光はGMOとくとくBBがお得って本当?評判や注意点、申し込み手順を解説!

当サイトはドコモサービスを中心に紹介していますが、他社サービスとも比較できるよう今回は「SoftBank光」を解説します。またSoftBank光のお得な申し込み方法も合わせてご紹介していきます。 この ...

続きを見る

ソフトバンク光の月額料金

マンション 戸建て
月額料金 4,180円 5,720円
契約事務手数料 3,300円/初月のみ
開通月 月額料金の日割り計算分が請求

公式キャンペーンも併用できる

スマホを持つ女性

GMOとくとくBB独自特典のほか、ソフトバンク光の公式キャンペーンも併用することができます。公式キャンペーンは以下の通りです。

  • 工事サポートはじめて割
  • 乗り換え新規で割引キャンペーン
  • あんしん乗り換えキャンペーン
  • 開通前無料Wi-Fiレンタル

主に、「工事費が実質無料」になるキャンペーンと、「他社違約金など乗り換えるにあたり掛かった費用を負担」してくれるキャンペーンです。これが併用できるので、ほぼ無傷状態でソフトバンク光にでき、かつキャッシュバック+高性能Wi-Fiルーターがもらえます。

工事費用が実質無料

ソフトバンク光では、現在光回線を引いている方・引いていない方であっても工事費用分を月額料金から割引するキャンペーンがあります。

ソフトバンク光の工事種類 工事費用 特典
派遣工事あり
※光コンセントなし
26,400円 1,100円×24ヵ月割引
派遣工事あり
※光コンセントあり
10,560円 1,100円×10ヵ月割引
派遣工事なし 2,200円 1,100円×2ヵ月割引

工事費用は住居環境によって異なりますが、割引適用終了までソフトバンク光を継続すると、工事費用は実質0円になります。

ココに注意

割引期間途中に解約すると工事費の残債だけは残ります。途中解約した場合、工事費の分割残債額が一括で請求されます。

通信速度が安定している

キャリア光回線は、利用者が多いゆえに通信速度が遅くなる傾向があるなか、ソフトバンク光においては安定した通信速度を保っています。フレッツ光やコラボ光の主な事業者と比較してみます。

みんそく調べ※1 下り速度 上り速度
ソフトバンク光 315.62Mbps 235.04Mbps
OCN光 283.52Mbps 211.7Mbps
フレッツ光 272.49Mbps 219.4Mbps
ドコモ光 271.29Mbps 228.25Mbps
ぷらら光 266.24Mbps 199.24Mbps
ビッグローブ光 263.86Mbps 228.68Mbps
So-net光プラス 263.18Mbps 248.76Mbps
楽天ひかり 251.63Mbps 212.21Mbps

※1 みんなのネット回線速度より(2022年10月27日時点)

ソフトバンク光の測定件数は425,366件の平均値で、利用者が多いにもかかわらず通信速度はかなり優秀と言えます。

\当サイト経由なら最大37,000円+Wi-Fiルーターがもらえる/

GMOとくとくBB公式サイトはコチラ


ココが残念

  1. 工事費サポートはじめて割を適用するとキャッシュバックが減額する
  2. セット割を適用するにはオプションパックが必要

工事費サポートはじめて割を適用するとキャッシュバックが減額する

適用するキャンペーンによってキャッシュバックが変動する仕組みになっています。

項目 SoftBank光
工事費サポートはじめて割
SoftBank光
乗り換え新規で割引キャンペーン
イメージ ソフトバンク光工事費サポートはじめて割
キャッシュバック変動 7,000円減額 そのまま
特典内容 回線工事費分を月額料金から割引 回線工事費分を月額料金から割引
対象者 はじめて光回線工事をする方 他社から乗り換える方

はじめて光回線工事をする場合は7,000円減額するため、30,000円のキャッシュバックになります。それでももらえる金額はかなり高額にあたります。

セット割を適用するにはオプションパックが必要

こちらは直接ahamoユーザーには関係ありませんが、ソフトバンクやY!mobileユーザーなら、スマホ料金が最大1,100円割引できる「おうち割 光セット」というセット割が適用できます。しかし、適用するには月額550円のオプションパックの加入が必須条件となります。

オプション名 単体の月額料金 オプションパック月額料金
光BBユニットレンタル 513円 550円
Wi-Fiマルチパック 1,089円
電話サービス
①BBフォン
②ホワイト光電話
③光電話(N)
いずれかひとつ
①1,602円~
②513円~
③550円~

自分は新規契約・転用・事業者変更のどれ?

光回線を申し込む際に、新規契約、転用、事業者変更のいずれかを選ぶようになっています。しかし、自分がどれに当てはまるのか分からない人も多いと思いますので、タイプ別で解説していきます。

新規契約に当てはまるひと

新規契約は単純に初めて光回線を導入する人の他に、フレッツ光回線以外の光回線を引いている人も当てはまります。

新規契約に該当する方

・自宅にインターネットを引いていない
・SoftBank Airやhome5Gなどのホームルーターを引いている
・auひかりを引いている
・NURO光を引いている
・コミュファ光やeo光など電力系光を引いている
・J:comなどケーブルテレビを引いている

以上の方は新規契約に当てはまります。

転用に当てはまるひと

転用は以下の場合のみを指します。

転用に該当する方

・フレッツ光を引いている

以上の人は、GMOとくとくBB光やenひかりなど光コラボ事業者に変更する場合、「転用承諾番号」が必要になります。転用承諾番号はNTT東西で取得することができます。

・NTT東日本 ⇒ 公式サイト
TEL:0120-140-202
営業時間:9:00〜17:00

・NTT西日本 ⇒ 公式サイト
TEL:0120-553-104
営業時間:9:00〜17:00

事業者変更に当てはまるひと

事業者変更とは、すでに光コラボ事業者を契約している人が、別の光コラボ事業者へ変更することを指します。つまり、ソフトバンク光からGMOとくとくBB光への変更は事業者変更になります。

事業者変更に該当する方

・ドコモ光を引いている
・OCN光を引いている
・ビッグローブ光を引いている
・ぷらら光を引いている
・So-net光プラスを引いている
・GMO光アクセスを引いている
・その他フレッツ光から転用したことがある

事業者変更には「事業者変更承諾番号」が必要になり、取得方法は現在の光事業者で取得することができます。

他社光コラボ事業者
ドコモ光
ドコモ携帯:151
TEL:0120-800-000
営業時間:9:00~20:00
OCN光
TEL:0120-506-506
営業時間:10:00~19:00
ビッグローブ光
一般電話:0120-907-505
携帯:03-6479-5716(有料)
営業時間:9:00~20:00
ぷらら光
一般電話:009192-33
または0120-971-971
携帯:050-7560-0033(有料)
営業時間:10:00~19:00
So-net光プラス
TEL:0120-45-2522
営業時間:9:00~18:00
GMOとくとくBB光
お客様ページBBnaviから取得
@nifty光
TEL:03-6625-3265
営業時間:10:00~17:00
@Tcom光
TEL:0120-805633
営業時間:10:00~18:00
enひかり
TEL:0120-91-5586
営業時間:10:00~19:00

住居タイプ別他社比較:結論、GMOが無双状態

戸建て/マンション

新規契約なのか事業者変更なのか、自分がどのタイプで契約すればいいかは分かったと思います。では今回解説したおすすめ光回線含め、住居タイプ別に他社光サービスと月額料金やスペックを比較してみました。

戸建て光回線比較

戸建てにお住まいの場合の、申し込みタイプ別で比較してみましょう




新規契約の場合

光事業者 月額料金 特典 工事費用 3年実質負担※1 5年実質負担※1 解約金
とくとくBB光 4,818円 最大35,000円
+
Wi-Fiルーター
実質無料 138,448円 254,080円 なし
enひかり
※v6プラス、ahamo加入時
4,708円 なし ①2,200円or
②8,360円or
③16,500円
①171,688円
②177,848円
③185,988円
①284,680円
②290,840円
③298,980円
なし
ソフトバンク光 5,720円 最大42,000円
+
Wi-Fiルーター
※37,000円+他社違約金5,000円と想定
実質無料 163,920円 301,200円 5,720円
ドコモ光 5,720円 dポイント
20,000pt
無料 185,920円 323,200円 5,500円
OCN光
※ブロードバンドナビ経由
5,610円 最大36,000円
※オプションなしの場合
19,800円 185,760円 320,400円 3,600円
So-net光プラス 6,138円 最大50,000円 実質無料 170,968円 318,280円 4,580円

※1 月額料金×月数−キャッシュバック金額で計算

長期利用を想定すると、おすすめした3社が安いことが分かります。その中でもGMOとくとくBB光が一番実質負担額が安いということになります。

転用・事業者変更の場合

光事業者 月額料金 特典 工事費用 3年実質負担※1 5年実質負担※1 解約金
とくとくBB光 4,818円 最大30,000円
+
Wi-Fiルーター
なし 138,448円 254,080円 なし
enひかり
※v6プラス、ahamo加入時
4,708円 なし なし 169,488円 282,480円 なし
ソフトバンク光 5,720円 最大21,000円
+
Wi-Fiルーター
※16,000円+他社違約金5,000円と想定
なし 184,920円 322,200円 5,720円
ドコモ光 5,720円 dポイント
事業者変更:20,000pt
転用:15,000pt
なし 事業者変更:185,920円
転用:190,920円
事業者変更:323,200円
転用:328,200円
5,500円
OCN光
※ブロードバンドナビ経由
5,610円 最大32,000円
※オプションなしの場合
なし 169,960円 304,600円 3,600円
So-net光プラス 6,138円 最大40,000円 なし 180,968円 328,280円 4,580円

※1 月額料金×月数−キャッシュバック金額で計算

転用・事業者変更の場合、各社ともに工事費用はかからないため、月額料金とキャッシュバックで差が出ます。それでもGMOとくとくBB光に軍配が上がります。


\最大35,000円キャッシュバック/

GMOとくとくBB光公式サイトはコチラ

マンション光回線比較




新規契約の場合

光事業者 月額料金 特典 工事費用 3年実質負担※1 5年実質負担※1 解約金
とくとくBB光 3,773円 最大35,000円
+
Wi-Fiルーター
実質無料 100,828円 191,380円 なし
enひかり
※v6プラス、ahamo加入時
3,608円 なし ①2,200円or
②8,360円or
③16,500円
①132,088円
②138,248円
③146,388円
①218,680円
②224,840円
③232,980円
なし
ソフトバンク光 4,180円 最大42,000円
+
Wi-Fiルーター
※37,000円+他社違約金5,000円と想定
実質無料 108,480円 208,800円 5,720円
ドコモ光 4,400円 最大20,000pt 無料 138,400円 244,000円 5,500円
OCN光
※ブロードバンドナビ経由
3,960円 最大36,000円
※オプションなしの場合
16,500円 123,060円 218,100円 3,600円
So-net光プラス 4,928円 最大50,000円 実質無料 127,408円 245,680円 4,580円

※1 月額料金×月数−キャッシュバック金額で計算

マンションに新規導入する場合は、GMOとくとくBB光が安いです。5年以上の長期利用を予定している場合は、GMOとくとくBB光では他社との差は広がり安さが一層際立ちます。

転用・事業者変更の場合

光事業者 月額料金 特典 工事費用 3年実質負担※1 5年実質負担※1 解約金
とくとくBB光 3,773円 最大35,000円
+
Wi-Fiルーター
なし 100,828円 191,380円 なし
enひかり
※v6プラス、ahamo加入時
3,608円 なし なし 129,888円 216,480円 なし
ソフトバンク光 4,180円 最大21,000円
+
Wi-Fiルーター
※16,000円+他社違約金5,000円と想定
なし 129,480円 229,800円 5,720円
ドコモ光 4,400円 dポイント
事業者変更:20,000pt
転用:15,000pt
なし 事業者変更:138,400円
転用:143,400円
事業者変更:244,000円
転用:249,000円
5,500円
OCN光
※ブロードバンドナビ経由
3,960円 最大32,000円
※オプションなしの場合
なし 110,560円 205,600円 3,600円
So-net光プラス 4,928円 最大40,000円 なし 180,968円 328,280円 4,580円

※1 月額料金×月数−キャッシュバック金額で計算

マンションで転用/事業者変更の場合でも、とくとく光が一番安くなります。


ドッくん ショック
ドッくん
もうこれGMOとくとくBB光の一人勝ちになってんじゃん。
やっぱり高額キャッシュバック効果はすごいね!
モコちゃん 笑顔
モコちゃん

\最大35,000円キャッシュバック/

GMOとくとくBB光公式サイトはコチラ

他の光回線について詳しく知りたい

「光回線のプロバイダが多くて、どこがいいのかわからない」「自分の家族に最適なインターネット回線はどこなの?」とお悩みの方が多いと思います。

その他の光回線を知りたいという方は、以下のサイトもおすすめです。

ネット回線の料金比較や、通信環境の診断ができ、最適な光回線が見つかると思います。

まとめ

今回はahamoユーザー向けに、おすすめの光回線を解説しました。光コラボ事業者の数は極めて多く、どこと契約するのがいいのか分からなくなるのも当然です。

GMOとくとくBB光では、12/27までなら最大52,000円の超高額キャッシュバックがあるので、この時期を逃すと損をするかもしれません。

ahamo向け光回線とりまとめ

この記事を介して、損をしない光回線の選び方の一助になれば幸いです。

\!最大35,000円キャッシュバック/

GMOとくとくBB光公式サイトはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ラボ

ドコモに勤めて15年。ドコモショップスタッフが執筆しています。 ドコモを利用する人や、覚えることで大変なショップスタッフの手助けになるようサイトを立ち上げる。 長年培ったプロの視点でドコモサービスを解説・評価・他社比較をするサイト。 ドコモを利用する人はもちろん、他社を利用している人でもタメになるような記事を書きたい。 別サイト「ちょっとWiFi」にてドコモ記事の監修者も手掛ける。

-ahamo, ドコモ光

© 2023 ドコモラボ -docomolab-

ahamoにおすすめの光回線
詳細はコチラ
ahamoにおすすめの光回線
詳細はコチラ