ドコモ光

現役プロ厳選!ドコモ光のプロバイダおすすめランキングTOP5!タイプAのサービスや速度を徹底比較

ドコモ光 プロバイダランキングTOP5

モコちゃん 大泣き
モコちゃん
ドコモ光ってプロバイダいっぱいあってどれ選んだらええんかわからへん!どこ見てもGMOとくとくBBがいいって書いてあるけどホンマなん?
確かに選べるメリットもあれば、多すぎてデメリットにもなるよね。じゃあ今回は、現役のプロがおすすめのプロバイダをランキングにして解説していくよ!
ドッくん キラリ
ドッくん

ドコモ光のプロバイダは1ギガプランで23社、10ギガプランで10社の中から1社を選ぶことになります。選べることは嬉しいものの、これだけあるとどれを選べばよいのか分からない人も多いはず。

  • 「キャッシュバックよりアフターサービスにこだわりたい」
  • 「通信速度が一番速いプロバイダがいい」

など、ユーザーによって選ぶポイントは様々です。

またドコモショップやどのサイトを見ても「GMOとくとくBB」をおすすめされませんか?今回はドコモ光1ギガプランの23社の中から、「料金・特典」「通信の安定性・速度」「サポートの充実性」の3点に的を絞り、おすすめランキングを作成したうえで、GMOとくとくBBがなぜ選ばれるのかも含めて解説していきます。

それでは順に解説していきます。

2023年2月のおすすめ光回線

とくとくBB光

月額料金・通信速度ともに評判がよく、最大35,000円キャッシュバックがもらえます。また高性能Wi-Fiルーターが無料、工事費も実質0円で開通することができる、今もっとも勢いのある光回線です。

おすすめポイント

  • 月額料金が安いのでセット割がない格安スマホユーザーにおすすめ
  • v6プラス対応、高性能Wi-Fiルーター無料で高速通信が可能
  • 他社違約金一律で最大35,000円キャッシュバック
  • 新規契約でも通常5,000円→32,000円キャッシュバック【本サイト限定】
  • 2年連続お客様満足度No.1で安心!

▶ 詳細記事を見る

とくとくBB光トップ
詳細記事2023年2月|GMOとくとくBB光なら最大3.5万円キャッシュバック!他社比較で分かったメリット・デメリット

2023年2月1日追記:このページから限定で、とくとくBB光を他社乗り換えで35,000円、乗り換えじゃなくても全員に32,000円(通常は5,000円)キャッシュバックできるようになりました! モコ ...

続きを見る

\本サイト限定で最大35,000円キャッシュバック!/

とくとくBB光公式サイト

✅解約違約金や工事費用無料

なぜGMOとくとくBBをおすすめされるのか

GMOとくとくBB

これはドコモショップとWEBサイトによって理由は異なりますが、大きく分けて2つあります。

GMOとくとくBBをおすすめされる理由

  1. インターネット接続方式と高性能Wi-Fiルーター無料レンタルができるから
  2. 販売代理店としてのGMOとくとくBB経由で申し込むと公式よりお得だから

①がドコモショップが勧める理由、②はWEBサイトが勧める理由と捉えておいてください。

GMOとくとくBBの接続方式と高性能Wi-Fiルーター

ドコモショップにてGMOとくとくBBをお勧めされる理由は2つあります。まず1つは、GMOとくとくBBによるインターネット接続方式によるもの。もう1つは高性能Wi-Fiルーター無料レンタルができるという点です。

Ⅰ.通信方式は次世代技術v6プラスを採用

GMOとくとくBBのインターネット接続方式は「v6プラス」を採用しています。インターネットが普及している最中、従来のIPv4方式(PPPoE方式)では時間帯によって混雑が生じてしまい、通信速度の低下が発生してしまいます。

そこで登場したのがIPv6ですが、IPv4にのみ対応したサイトに接続できないため、さらに登場したのが「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」の接続方式である「v6プラス」になります。

わかりやすく例えると――

IPv4 PPPoE接続方式 v6プラス
利用者・時間帯によって混雑が発生

PPPoE接続方式

利用者・時間帯に左右されず快適に通信

v6プラス

ドコモショップ視点で考えるとどのプロバイダをお勧めしても何も変わらず、「速度が遅い!」などの苦情を避けるためGMOとくとくBBをお勧めするのが無難という考えに行きつくわけです。

Ⅱ.高性能Wi-Fiルーター無料レンタル

GMOとくとくBBにすると、先述したv6プラス対応Wi-Fiルーターが無料でレンタルできます。しかも36ヵ月利用すればもらえます。レンタルできるルーターは以下をご覧ください。

BUFFALO製 NEC製 ELECOM製
WSR-2533DHP3 Aterm WG2600HS2 WRC-2533GST2
BUFFALO製WSR-2533DHP3 NEC製Aterm WG2600HS2 ELECOM製WRC-2533GST2

+Wi-Fiルーターのスペックをみる

BUFFALO製 NEC製 ELECOM製
外観イメージ BUFFALO製WSR-2533DHP3 NEC製Aterm WG2600HS2 ELECOM製WRC-2533GST2
機種名 WSR-2533DHP3 Aterm WG2600HS2 WRC-2533GST2
サイズ(約/mm) 37.5x160x160mm 38×129.5×170mm 141×36.5×160mm
重量 約382g 約0.5kg 約380g
データ転送速度 最大1733Mbps 最大1733Mbps 最大1733Mbps
最大接続台数 18台 18台 24台
利用人数 6人 6人 6人
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac
セキュリティ規格 WPA2-PSK(AES)
WPA/WPA2 mixed PSK
(TKIP/AES mixed)
WEP(128/64bit)
Any接続拒否
プライバシーセパレーター
MACアクセス制限
SSID
MAC アドレスフィルタリング
ネットワーク分離機能
WEP(128bit)
WPA2-PSK(AES)
WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)
WPA3-SAE
WPA3-SAE Transition
WPA2-PSK(AES)
WPA-PSK(TKIP)
WEP(64bit/128bit)
アンテナ方式 5GHz/2.4GHz 4本(内蔵) 5GHz :送信4 ×受信4
2.4GHz :送信4 ×受信4
(内蔵)
内蔵アンテナ 8本
2.4GHz帯 : 送受信 4本
5GHz帯 : 送受信 4本
有線LANポート数 LANポート:最大1000Mbps×4
INTERNETポート:最大1000Mbps×1
100/1000Mbps×4 10/100/1000Mbps×4
消費電力 約13.7W(最大) 約13.5W(最大) 約13.2W(最大)

どれが一番おすすめなの?

今ご紹介したWi-Fiルーターですが、結論どれを選んでも変わらないというのが答えです。どのモデルも高速通信のv6プラス対応なので機能に差がほぼありません。

しいて言うなら――

特長
BUFFALO製 端末の向きや角度に左右されず安定感がある
子どもの使いすぎ防止を防ぐペアレンタルコントロール機能付き
※時間制限、WEBフィルタリングなど
NEC製 NEC独自技術ハイパワーシステムで電波強度が強い
リモートワークやオンラインゲームする人向け
ELECOM製 プリンタやお掃除ロボットなどたくさんWi-Fi接続したい人向け
一番価格が高い
モコちゃん 笑顔
モコちゃん
自分の家庭に合ったものを選んだらいいんやね!

必ずレンタルしないといけないわけではありませんが、高性能ルーターが無料でレンタルできるのは嬉しい特典です。ただ、もっと高性能なWi-Fiルーターを用意したいという人もいると思いますし、もっと高性能なルーターがあるのも事実です。

そんな人でも、GMOとくとくBBは手軽に無料で借りられるので、そこからより高性能なWi-Fiルーターを吟味するのがよいのかもしれません。

GMOとくとくBB経由での申し込みとは?

ドコモ光×GMOとくとくBB

あらゆるWEBサイトが解説しているGMOとくとくBB経由で申し込むのをおすすめされていますが、これはプロバイダ選びとは関係ありません。いわゆるプロバイダが運営している販売代理店(WEB上のドコモショップみたいなもの)なので、キャッシュバックなどの特典がついてくる場合があります。

ドコモ光申込窓口の種類

ドコモ光問わず、様々な光回線では販売代理店が窓口を設けており、リアル窓口ならドコモショップや家電量販店、WEB窓口ならGMOとくとくBBやNNコミュニケーションズなどが有名です。
WEB窓口は店舗をかまえないため経費が安くすむ分、キャッシュバックに力を入れる代理店が多く、GMOとくとくBBがおすすめされるのはキャッシュバックが多いというのが理由です。

またGMOとくとくBB経由でドコモ光を申し込んだ場合のプロバイダは、必ずGMOとくとくBBとなります。

ドッくん 笑顔
ドッくん
申し込み窓口を選定するのは重要なことだから、お得な申込方法が知りたい人は、後述する一番お得なドコモ光申し込み窓口を見てほしい。

ドコモ光プロバイダ 5つの正しい選び方

  • money
    料金
  • speed
    速度
  • heart
    サポート

ドコモ光1ギガでは最大23社の中から1社を選ぶことになります。いきなりランキングを見ても良いのですが、しっかりと正しい選び方を知ってから選びたいですよね。

まずはドコモ光のプロバイダの特長から解説していきます。

ドコモ光プロバイダの正しい選び方

  1. 料金が安いプロバイダから選ぶ
  2. 独自キャンペーンを行っているプロバイダを選ぶ
  3. 通信速度を比較して選ぶ
  4. セキュリティソフトが無料のプロバイダを選ぶ
  5. 訪問サポートを行っているプロバイダを選ぶ

料金が安いプロバイダから選ぶ

ドコモ光の月額料金は、選ぶプロバイダによって「タイプA」「タイプB」で分かれています。それぞれの月額料金は――

タイプA タイプB
戸建て 5,720円 5,940円
マンション 4,400円 4,620円
プロバイダ 17社 6社

タイプAはBと比較して月額料金が220円安く設定されていますが、安いからと言って品質が悪いわけではなく、むしろA/Bともに品質は変わりません。Bが高い理由は、あくまでプロバイダの利益的な理由と考察します。

よってここは迷わずタイプAのプロバイダから選べば問題ありません。つまりこれだけで23社→17社まで絞り込めたことになります。ただタイプBのOCNは品質が高いため無視はできないので、全体で18社にしておきましょう。

タイプA/Bのプロバイダ一覧は以下に載せておくので参考にしてください。

▼ プロバイダ一覧をみる

タイプAのプロバイダ
ドコモnet plala GMOとくとくBB andline
@nifty SIS(speedia) ic-net hi-ho
BB.excite BIGLOBE Tigers-net エディオンネット
SYNAPSE 楽天ブロードバンド DTI @ネスク
TiKiTiKi

聞いたことある名前から初めて聞いたという名前まで幅広くあると思います。基本的に「聞いたことがある」という直感は正しく、耳にするほど実績を残している証拠ということです。

タイプBのプロバイダ
OCN @Tcom AsahiNet TNC
@ちゃんぷるネット WAKWAK

フレッツ光を引いている人はOCNは聞き慣れていると思いますが、残念ながらタイプBに割り振られています。もしフレッツ光からドコモ光に転用する際にタイプAにしたい場合は、プロバイダの変更が可能です。

独自キャンペーンを行っているプロバイダを選ぶ

ドコモ光公式キャンペーン(WEB申し込み)

  • 新規契約でdポイント最大20,000pt
    (事業者変更:20,000pt、転用:5,000pt)
  • 新規工事費無料

ドコモ光は公式サイトやドコモショップなどからの申し込みではなく、代理店経由で申し込むことで代理店独自のキャンペーンを受けられます。

つまり、ドコモ光公式特典(dポイント20,000ptは除く)代理店独自特典を併用することができるW特典がお得です。プロバイダによっては代理店も運営していることがあるため、代理店経由で申し込むようにしましょう。

モコちゃん 困る
モコちゃん
え?いやいや…dポイントもらえへんのならお得とちゃうやん。
って思うでしょ?代理店経由で申し込むと、公式特典としてもらえるdポイントは2,000ptになるけど、代理店独自特典で現金キャッシュバックしてくれるんだ。相場は2万から多くて4万くらいね!
ドッくん キラリ
ドッくん

以下ではプロバイダ経由で申し込む際の順位付けをしてみました。

順位 プロバイダ タイプ キャッシュバック
1 GMOとくとくBB
【当サイト限定特典】
A 45,000円
GMOとくとくBB
【通常特典】
5,500円~35,500円※1
2 @nifty A 22,000円
3 OCN B 22,000円
4 その他(ドコモ光公式) A/B dポイント20,000pt

※1 GMOとくとくBBは指定オプション加入によりキャッシュバックが増減します。「ひかりTV(2年割)+DAZN for docomo:35,000円」「ひかりTV(2年割):18,000円」「DAZN for docomoまたはスカパー!:15,000円」「dTVまたはdアニメストア:10,000円」「なし:5,500円」いずれかに加えて他社からの乗り換えで解約違約金が掛かった場合、一律20,000円の補助金が還元されます。

ご覧のとおり、プロバイダ経由で申し込む際にキャッシュバックを行っているところはかなり少ないのが現状です。GMOとくとくBBは指定オプションの加入さえすれば一番高額になりますが、必要もないのに加入してしまうとかえって高くなってしまいます。
つまり、オプション加入をしないなら一番キャッシュバックは少なくなる可能性があります。

【朗報】

当サイト経由限定で、オプション不要で45,000円キャッシュバック特典をGMOとくとくBB様よりご用意いただきました!

ドコモラボ限定特典
▶GMOとくとくBB特設サイト

ドコモラボがおすすめする申し込み窓口は後述いたします。

↓ 先に知りたい場合は以下をクリック ↓

通信速度を比較して選ぶ

ドコモ光1ギガは最大通信速度が1Gbpsとなり、どのプロバイダにしても最大通信速度は変わりません。しかし、プロバイダによって繋がりやすさが異なるため通信速度に差があるのも事実です。

なぜ差が出てしまうかの理由は、プロバイダによってインターネットの接続方式が異なるため、利用者が多い時間帯に混雑が発生してしまう場合があります。

そこで押さえておきたいポイントとして――

  • 「v6プラス」が対応しているか
  • 「v6プラス」対応Wi-Fiルーターを無料でレンタルしているか

この2点は重要なポイントとなります。

v6プラスってなに?

v6プラスとは、NTT東日本・西日本が提供するフレッツ光回線を利用したインターネット接続方式です。従来のフレッツ光はPPPoE接続方式を採用しており、利用者が多く、時間帯によって混雑が発生していました。

v6プラスでは「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」の接続方式により利用者が少なく、混雑を避け快適に通信することができます。

PPPoE接続方式 v6プラス
利用者・時間帯によって混雑が発生

PPPoE接続方式

利用者・時間帯に左右されず快適に通信

v6プラス

またv6プラス対応プロバイダを選んでも、設置するWi-Fiルーターがv6プラスに対応していなければ本末転倒です。v6プラス対応Wi-Fiルーターは、家電量販店などで大体7,000円~8,000円が相場です。

例えばBUFFALO製のWSR-2533DHP3というモデルで比較すると――

AMAZON 楽天市場 ヨドバシ.com
AMAZON:BUFFALO製WSR-2533DHP3 楽天:BUFFALO製WSR-2533DHP3 ヨドバシカメラ:BUFFALO製WSR-2533DHP3
6,990円 9,898円 8,480円

※時期によって価格が異なるため参考値としてご覧ください

高すぎるということはありませんが、プロバイダによって無料でレンタルできるところがありますので、正しい選び方のポイントと言えます。

では通信速度とPing値、Wi-Fiルーターレンタルのポイントを踏まえたランキングは以下になります。

順位 プロバイダ タイプ v6プラス 申込 平均最大通信速度 平均Ping値 ルーター
レンタル
ルーター
性能
1 ドコモnet A 不要 下り:318.2Mbps
上り:266.1Mbps
17.27ms
2 ic-net A 必要 下り:312.4Mbps
上り:261.8Mbps
17.64ms 最大1,300Mbps
3 GMOとくとくBB A 不要 下り:295.6Mbps
上り:259.5Mbps
20.61ms 最大1,733Mbps
4 BBexcite A 不要 下り:313.6Mbps
上り:314.2Mbps
24.8ms 最大866Mbps
5 OCN B 必要 下り:279.9Mbps
上り:212.0Mbps
18.96ms 最大1,201Mbps
6 BIGLOBE A 不要 下り:279.3Mbps
上り:231.3Mbps
19.22ms 最大867Mbps
7 ぷらら A 不要 下り:272.5Mbps
上り:218.3Mbps
20.78ms 最大867Mbps
8 andline A 不要 下り:265.4Mbps
上り:257.7Mbps
21.71ms 最大867Mbps
9 DTI A 必要 下り:255.0Mbps
上り:235.9Mbps
15.45ms
10 エディオンネット A 必要 下り:252.1Mbps
上り:174.3Mbps
25.36ms

出典:みんなのネット回線速度から平均値を参考
※2022年12月24日時点

+ Ping値ってなに?

Ping値とは?

ping値(ピング値)は、相手先にデータを送信してから返るまでの往復時間を表した数値です。数値が低ければ低いほど速いということになります。オンラインゲームに限らずインターネットを利用する場合、反応の速さによって表示速度はまったく違います。
オンラインゲームの場合、Ping値が高いとその分タイムラグが起こってしまうため、こちらのプレイが即座にゲームに反映しないことが起こり、カクカク動いたりとゲームを楽しめない要因になります。

ドコモnetが下り通信速度の平均が一番早いものの、Wi-Fiルーターレンタルは行っていません。
となると、Wi-Fiルーターの品質が高い「ic-net」が一番安定していると言えるでしょう。しかし、v6プラスは別途申し込みが必要なのは少し面倒なのでマイナス点です。

また「GMOとくとくBB」のWi-Fiルーター性能は、他と比べて頭一つ抜けているのも魅力です。

セキュリティソフトが無料のプロバイダを選ぶ

本来は別途購入が必要なセキュリティソフトですが、プロバイダに付属していれば購入する必要がなくなります。しかし、プロバイダによっては、別途有料提供しているところから、期間限定で無料、契約期間中永年に無料提供しているプロバイダまでサービスがピンキリです。

市販のセキュリティソフトを購入することもできますし、セキュリティソフトを無料提供しているプロバイダを選ぶのも良いでしょう。市販のセキュリティソフトは以下の記事で詳しく解説しています。

ドコモラボ ウイルス対策ソフト紹介
あわせて読みたい【2023年】月134円から導入できるスマホのウイルス対策ソフトおすすめ5選|パソコンと併用可能

スマホのセキュリティ対策はしていますか?パソコンに比べセキュリティ対策をしていない人が圧倒的に多いのがスマートフォン。 「無料のウイルスソフト入れてるから。」「そんな大事な個人情報入ってないし。」など ...

続きを見る

ウイルスは毎秒新たに誕生し続けており、従来よりウイルスによる被害が多発しています。セキュリティソフトを入れておくことは重要なポイントです。

訪問サポートを行っているプロバイダを選ぶ

ドコモ光を新規契約した際のWi-Fi設定や、新しくパソコンを買い替えた際のインターネット設定など、機械が苦手な人も多いと思います。そんなときに強い味方になるのが、各プロバイダが提供しているサポートサービスです。

サポートサービスとは、「訪問サポート」「リモートサポート」の二つに分けられ、プロバイダによっては有料サービスだったり初回無料、複数回無料などバラバラです。「インターネット接続とか苦手だから任せたい」という人は、サポートサービスが充実しているプロバイダを選ぶのをおすすめします。

では、セキュリティソフトや訪問サポート内容を踏まえたランキングは以下になります。

順位 プロバイダ タイプ セキュリティソフト 訪問サポート リモートサポート
1 ic-net A
契約期間中無料

3回無料
2 SIS
スピーディア
A
契約期間中無料

2回無料/60日以内

初回無料/60日以内
3 Tigers-net.com A
契約期間中無料

初回無料/180日以内
4 ぷらら A
24ヵ月無料

初回無料
5 BBexcite A
36ヵ月無料

初回無料
有料
6 BIGLOBE A
12ヵ月無料

初回無料
7 @nifty A
12ヵ月無料

初回無料/13ヵ月以内

初回無料
8 andline A
12ヵ月無料

初回無料

初回無料
9 GMOとくとくBB A
12ヵ月無料

初回無料/12ヵ月以内
10 OCN B
12ヵ月無料

初回無料/6ヵ月以内
有料

※並び順は訪問サポート>セキュリティソフト>リモートサポートに重点を置いています

サポート体制において重要になるのは、専門スタッフが自宅まで伺う訪問サポートです。初回無料のプロバイダが多い中、「ic-net」は期限なしの3回まで無料になる神サポート体制です。セキュリティソフトにおいても契約期間中は永年無料になるので、アフターサポートにこだわりたい人は、ic-netがおすすめです。

インターネット接続ってなにやるの?

もしインターネット接続が自分自身でできるなら、サポート体制は差ほど重要ではないかもしれません。インターネット接続と言っても、業者が回線工事から部屋までケーブルを引き込んでくれるので、ONU(回線終端装置)とWi-Fiルーターを接続するだけです。

イメージは図解をご覧ください。

インターネット接続方法

スマホやパソコンをWI-Fi接続するには、スマホやパソコンの設定画面からWi-FiルーターのSSIDを探し、パスワードを入力するだけです。ほとんどの場合、SSIDとパスワードはルーター本体に書かれています。

Wi-Fi設定方法

Wi-Fiルーターが準備できたら端末を確認してみましょう。

要点別おすすめランキング|いったんまとめ

ここまでで解説した5つのポイントを3つに絞って、「料金・特典」「通信の安定性・速度」「サポートの充実性」別でランキングをまとめました。どれが重要度が高いかはユーザーによって違うため、参考にしてもらえると幸いです。

※先述しているランキングと同様です。





money

料金・特典はシンプルにキャッシュバック金額が多いか少ないか。ここにこだわる人は多いと思います。

ドコモ光(タイプA)の月額料金はどのプロバイダを選んでも一緒ですが、選んだプロバイダによって一時金がもらえるのは、月額料金が実質安くなると言っても過言ではありません。

ドコモ光のプロバイダ経由で申し込める窓口で比較したランキングです。

順位 プロバイダ タイプ キャッシュバック
1 GMOとくとくBB A 7,500円~57,500円※1
2 @nifty A 22,000円
3 OCN B 22,000円
4 その他(ドコモ光公式) A/B dポイント20,000pt

※1 GMOとくとくBBは指定オプション加入によりキャッシュバックが増減します。「ひかりTV(2年割)+DAZN for docomo:35,000円」「ひかりTV(2年割):18,000円」「DAZN for docomoまたはスカパー!:15,000円」「dTVまたはdアニメストア:10,000円」「なし:5,500円」いずれかに加えて他社からの乗り換えで解約違約金が掛かった場合、一律20,000円の補助金が還元されます。

speed

通信の安定性・速度の速さにこだわる人向けのランキングです。

先に言っておきたいのは、どのプロバイダを選んでも、あくまで回線はドコモ光なため最大通信速度が変わるなんてことはありません。ただその中でも、「v6プラス対応」「v6プラス対応ルーターレンタル」をポイントとしてランキングを作成しました。

順位 プロバイダ タイプ v6プラス 申込 平均最大通信速度 平均Ping値 ルーター
レンタル
ルーター
性能
1 ドコモnet A 不要 下り:318.2Mbps
上り:266.1Mbps
17.27ms
2 ic-net A 必要 下り:312.4Mbps
上り:261.8Mbps
17.64ms 最大1,300Mbps
3 BB.excite A 不要 下り:313.6Mbps
上り:314.2Mbps
24.8ms 最大866Mbps
4 GMOとくとくBB A 不要 下り:295.6Mbps
上り:259.5Mbps
20.61ms 最大1,733Mbps
5 OCN B 必要 下り:279.9Mbps
上り:212.0Mbps
18.96ms 最大1,201Mbps
6 BIGLOBE A 不要 下り:279.3Mbps
上り:231.3Mbps
19.22ms 最大867Mbps
7 ぷらら A 不要 下り:272.5Mbps
上り:218.3Mbps
20.78ms 最大867Mbps
8 andline A 不要 下り:265.4Mbps
上り:257.7Mbps
21.71ms 最大867Mbps
9 DTI A 必要 下り:255.0Mbps
上り:235.9Mbps
15.45ms
10 エディオンネット A 必要 下り:252.1Mbps
上り:174.3Mbps
25.36ms

heart

サポートの充実性とは、プロバイダごとにサービス内容が異なり、どのプロバイダが「ユーザー視点に立ったサービスを提供しているか」に焦点をあてたランキングです。
「訪問サポート」「リモートサポート」「セキュリティソフト無料期間」「メールアドレス数」など、提供しているサービスをポイントとしてランキングを作成しました。

順位 プロバイダ タイプ セキュリティソフト 訪問サポート リモートサポート
1 ic-net A
契約期間中無料

3回無料
2 SIS
スピーディア
A
契約期間中無料

2回無料/60日以内

初回無料/60日以内
3 Tigers-net.com A
契約期間中無料

初回無料/180日以内
4 ぷらら A
24ヵ月無料

初回無料
5 BB.excite A
36ヵ月無料

初回無料
有料
6 BIGLOBE A
12ヵ月無料

初回無料
7 @nifty A
12ヵ月無料

初回無料/13ヵ月以内

初回無料
8 andline A
12ヵ月無料

初回無料

初回無料
9 GMOとくとくBB A
12ヵ月無料

初回無料/12ヵ月以内
10 OCN B
12ヵ月無料

初回無料/6ヵ月以内
有料

ドコモ光プロバイダおすすめランキングTOP5

まず結論から。「料金・特典」「通信の安定性・速度」「サービス内容」の要素のうち、通信速度>サービス>キャッシュバックの5:4:1の割合を点数にしたランキングTOP5です。

ドッくん ため息
ドッくん
プロバイダ経由で申し込んでも、キャッシュバックはどこもあまり変わらないからね。
プロバイダ 総合点 タイプ 平均通信速度 ルーター性能 セキュリティ
ソフト
訪問サポート キャッシュバック その他特長
BB.excite A 下り:313.6Mbps
上り:314.2Mbps
Ping値:24.8ms
最大866Mbps
36ヵ月無料

初回無料
10,000pt ESETファミリーセキュリティ36ヵ月無料
エキサイトブログが無料
GMOとくとくBB A 下り:295.6Mbps
上り:259.5Mbps
Ping値:20.61ms
最大1,733Mbps
12ヵ月無料

初回無料/12ヵ月以内
7,500円~57,500円※1 高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
ic-net A 下り:312.4Mbps
上り:261.8Mbps
Ping値:17.64ms
最大1,300Mbps
契約期間中無料

3回無料
10,000pt 訪問サポート3回無料
ぷらら A 下り:272.5Mbps
上り:218.3Mbps
Ping値:20.78ms
最大867Mbps
24ヵ月無料

初回無料
ゲーミング専用回線 GGGG光オプション
OCN B 下り:279.9Mbps
上り:212.0Mbps
Ping値:18.96ms
最大1,201Mbps
12ヵ月無料

初回無料/6ヵ月以内
22,000円 OCNモバイルONEセット割

以上のランキングでキャッシュバックはプロバイダ経由で申し込んだ場合の金額です。キャッシュバックがなくてもドコモ光公式サイトからの申し込みでdポイントが最大20,000ptもらえるので、プロバイダ選びであまり気にする必要はありません。

総合第1位:BB.excite

BBexcite

総合評価
 4.50
平均速度:下り313.6Mbps|上り314.2Mbps|Ping値24.8ms

ESET ファミリーセキュリティが5台までインストールでき36ヵ月間無料!

栄えある第1位は、エキサイト株式会社が提供する「BB.excite」です。BB.exciteは2002年から開始している老舗プロバイダで、ドコモ光同様のコラボ光回線「エキサイト光」も手掛けています。

BB.exciteは通信速度がプロバイダの中でも安定しているほか、セキュリティソフトで大人気のESETがデバイス5台までインストールできて36ヵ月間無料になります。

訪問サポートは初回無料付きなので、インターネット接続がわからない人にとっても安心して申し込めます。

営業時間 問い合わせ先
10:00~18:00 0570-783-812(年末年始除く/有料)

総合第2位:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB光

総合評価
4.0
平均速度:下り295.6Mbps|上り259.5Mbps|Ping値20.61ms

v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターが無料レンタル!

総合第2位は冒頭でも話した「GMOとくとくBB」です。やはりv6プラス対応で、かつWi-Fiルーターのスペックから通信速度の安定性は抜群です。
もしWi-Fiが届きにくいなと感じたら、追加料金3,300円でもう1台Wi-Fiルーターをおかわり(買取り)でき、中継器代わりとして利用することができます。

セキュリティはあの有名な「マカフィー マルチアクセス」を採用しており、月額550円が1年間無料で利用できます。訪問サポートも開通から12ヵ月以内なら初回無料で利用できるので、Wi-Fi設定など苦手な人は申し込みましょう。

プロバイダとして「2020年オリコン顧客満足度調査 プロバイダ広域企業」にて2年連続No.1を獲得している大人気プロバイダなので、安心して申し込めると思います。

営業時間 問い合わせ先
10:00~19:00 入会前:0120-377-109(年中無休/無料)
入会後:0570-045-109(平日/有料)

ドコモラボ限定特典!
\オプション不要で最大55,000円キャッシュバック!/

ドコモ光×GMOとくとくBBはこちら

✅さらにdポイント2,000pt付き!高性能ルーター無料!

総合第3位:ic-net

ic-net

総合評価
3.5
平均速度:下り312.4Mbps|上り261.8Mbps|Ping値17.64ms

訪問サポートが3回無料でセキュリティソフトも永年無料!

インターネットやWi-Fi設定は専門スタッフに任せたい、PCのセキュリティはしっかり入れておきたいという人におすすめです。訪問サポートが無期限で3回まで無料なのは23社のプロバイダの中でもic-netだけです。
またリモートサポートはic-netを契約している限り永年無料なのも嬉しい特典です。

ic-netは通信速度も安定しており、無料レンタルできるWi-Fiルーターは、高速通信を求めるユーザーに人気の「TP-LINK」のArcher C80です。レンタルできるルーターは以下をクリックしてください。

+ Wi-Fiルーターのスペックをみる

TP-LINK製
外観イメージ TP-LINK製Archer C80
機種名 Archer C80
サイズ(約/mm) 215×117×32mm
重量 約313g
データ転送速度 最大1300Mbps
最大接続台数 36台
利用人数 記載なし
無線LAN規格 IEEE 802.11ac/n/a 5 GHz
IEEE 802.11n/b/g 2.4 GHz
セキュリティ規格 WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise (802.1x)
SPIファイアウォール
アクセスコントロール
IP & MACアドレスバインディング
アプリケーションレイヤーゲートウェイ
アンテナ方式 4
有線LANポート数 ギガビットWANポート×1
ギガビットLANポート×4
消費電力 記載なし

セキュリティなどの安全面や、アフターサポートを重視したい人におすすめします。

営業時間 問い合わせ先
9:15~21:00(平日)
10:30~19:00(土日祝)
0120-45-3133(無料)

総合第4位:Plala(ぷらら)

plala

総合評価
3.0
平均速度:下り272.5Mbps|上り218.3Mbps|Ping値20.78ms

ゲーマーにおすすめ!ゲーミング専用回線 GGGG光オプション

2022年7月1日にplalaのサービス提供元は、株式会社NTTぷららからNTTドコモに変更になったことで、ドコモが担っているという安心感があります。

通信速度やサポート面はいたって平均的ではありますが、plala独自の強いサービスはゲーマー向けの「GGGG光オプション」でしょう。GGGG光オプションは、ゲーミング専用に設計された回線オプションで、オンラインゲームをプレイする上で天敵であるラグやPing値を低減させてくれる、ドコモ光向けのオプションサービスです。

GGGG光オプション
月額料金 990円
無料期間 2ヵ月

例えば人気ゲーム「APEX」などのオンライン対戦ゲームでは、ラグ(遅延)が起こったりPing値が高いと、目の前にいる敵がカクカク動いたり、消えてしまうこともあります。当然、相手から見るとこちらは止まってしまっているため”格好の餌食”とされてしまいます。
このようなオンライン対戦ゲームの勝敗は、テクニックの他にもインターネット回線に要因が及ぶ場合があります。

Plalaが誇るゲーミング専用回線GGGG光オプションは、今なら違約金なしで2ヵ月間の無料期間で試すことができます。

+ テストユーザーの評価をみる

Gamer

β版テストユーザーの評価
※ぷらら公式サイトより引用

Q. 利用前と比較して、ゲームの快適性(Ping値あるいは体感)が向上したと感じますか?

Gamer

Q. ゲーム中におけるYouTubeの画質の自動設定はどの状態ですか?

GGGG光オプション動画トラヒックコントロール

β版プレイ中のPing値
※ぷらら公式サイトより引用

22時 23時 0時 1時 2時 3時
GGGG
光回線
9 11 9 9 9 9
回線A 11 17 11 11 11 9
回線B 22 23 32 21 9 9
回線C 17 11 11 66 11 22
回線D 23 55 17 52 11 11

快適にゲームをプレイするのに重要なPing値では上記のような結果が出ており、一般的な光回線と比較してPing値が低減されています。中には22時台の時間帯で10ms以上遅延が低減されたという声もあります。

β版テストユーザーの声

ユーザーの声

Apexを主にプレイしているのですが、22時台の時間帯で以前の回線では36msほどでしたが、現在は25付近になっていてこの回線のおかげかなと思いました。

ユーザーの声

一般的なネットワーク環境について、ping/traceroute等で確認しましたが、各種CDNや大手事業者のサーバへのRTTが、2-5ms程度低減していることが確認できました。

少しニッチなところではありますが、オンラインゲームをプレイすることが多い人は、ドコモ光×Plalaを選ぶのも一つの選択肢だと思います。

営業時間 問い合わせ先
10:00~19:00
(年中無休)
固定電話:009192-33(無料)
ひかり電話:0120-971391(無料)
携帯:050-7560-0033(有料)

総合第5位:OCN

OCN

総合評価
3.0
平均速度:下り279.9Mbps|上り212.0Mbps|Ping値18.96ms

スマホがOCNモバイルONEならセット割でさらに220円引き!

OCNは元々タイプBに属しタイプAと比べて220円高いので±0円と思いがちですが、最大5契約まで割引対象になるため、例えば同一住所の家族5人がOCNモバイルONEの割引プランなら最大1,100円の割引が受けられます。

OCNモバイルONEセット割

OCN光の記載がありますがOCN for ドコモ光でも適用可

OCNモバイルONEセット割の割引条件は以下のとおりです。

  • 光サービス1契約あたり5回線まで
  • 同一住所に住んでいること
  • 500MB/月コースは割引対象外
  • OCN for ドコモ光、あるいはOCN光など対象光サービスを契約すること
  • 申し込みはOCN for ドコモ光公式サイトから

このような変化球があるので、場合によっては総合第1位になれるポテンシャルがあります。

その他、無料レンタルできるWi-Fiルーターのスペックは高く、通信速度は平均的で安定しています。訪問サポートは開通から12ヵ月以内なら初回無料ですが、なんとパソコンやゲーム機、プリンターなど最大5台までインターネット接続してくれるのは魅力的です。

またOCN経由で申し込めば最大22,000円キャッシュバックも嬉しい特典です。

営業時間 問い合わせ先
10:00~19:00 0120-506506(日祝・年末年始除く/無料)

\OCNモバイルONEなら最大1,100円割引!/

OCN for ドコモ光公式サイトをみる

一番ドコモ光をお得に申し込める窓口

ドコモ光×GMOとくとくBB

プロバイダの大まかな特長は分かったかなと思います。ここからはドコモ光を申し込むにあたり、一番お得に申し込める窓口をご紹介します。

結論、ドコモ光の申し込みは販売代理店である「GMOとくとくBB」経由で申し込むのがおすすめです。その理由は以下5点あり――

GMOとくとくBBをおすすめする理由

  1. キャッシュバックが条件なしで45,000円
  2. 他社違約金補助でさらに10,000円増額
  3. ドコモ光公式特典も併用できる
  4. 新規・転用・事業者変更すべて対象
  5. v6プラス対応で高性能Wi-Fiルーター無料レンタル

このような理由が挙げられます。かいつまんで解説していきます。

キャッシュバックが条件なしで最大45,000円

当サイトからGMOとくとくBB経由でドコモ光を申し込むと、2023年1月現在で最大の45,000円キャッシュバックを行っています。しかも複雑な条件もありません。

これは当サイト経由で申し込まれた場合の金額ですが、GMOとくとくBBの通常窓口では35,500円キャッシュバックとなっています。通常窓口は指定オプションの加入が条件となっており、実質手元に残るお金は返って少なくなってしまいます。

キャッシュバック 指定オプション
GMOとくとくBB
【当サイト限定特典】
ドコモ光申し込み 45,000円 不要
他社乗り換え +10,000円増額
GMOとくとくBB
【通常特典】
ドコモ光申し込み 最大35,500円 必要
※オプション未加入時5,500円
他社乗り換え +30,000円増額
ドコモ光10ギガ申込 +20,000円増額

ドコモラボ限定特典
▶GMOとくとくBB特設サイト

モコちゃん
これはすごい!

他社違約金補助でさらに10,000円増額

GMOとくとくBB 解約違約金補助特典

他社からの乗り換え時に解約金や撤去費用などが掛かる場合、さらに10,000円が増額されます。ということは、キャッシュバック45,000円を加えると最大で55,000円のキャッシュバックということになります。

+ 解約違約金補助特典の手順 ▼

【申込手順】
①当サイトからドコモ光を申し込み
②他社解約違約金が記載された書類(なければWEB画面のキャプチャ画像)を用意
③申し込み時にオペレーターから案内される方法で提出

ドコモ光を申し込むまでに他社を解約してしまうと対象外となってしまうので注意しましょう。また解約違約金が記載された明細は、店舗があるなら出してくれると思います。店舗がないならWEB画面で画面をキャプチャ(スクリーンショット)して保管しておきましょう。

ドコモ光公式特典も併用できる

GMOとくとくBBから申し込むと、GMOとくとくBBの特典と以下の公式特典が併用できます。

  • 工事費用完全無料
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • ドコモ光セット割

GMOとくとくBBの高額キャッシュバックやサポートが受けられるうえに、公式特典が上乗せされるのでよりお得になります。ドコモ光公式サイトからの申し込みでは公式特典しかないので、GMOとくとくBBから申し込むほうが圧倒的にお得です。

新規・転用・事業者変更すべて対象

GMOとくとくBBでは、申し込みの種別(新規・転用・事業者変更)問わず、一律で45,000円のキャッシュバックがあります。一般的には新規・事業者変更のみ優遇されることが多く、転用は金額が下がることが多いにもかかわらず、一律の払い出しはかなり嬉しいポイントです。

ドコモ光申込窓口
あわせて読みたい【2023年2月】ドコモ光申込窓口で一番お得な代理店はGMOとくとくBB|評判や他社比較を解説!

この記事でわかること ドコモ光申込窓口で一番お得な代理店がわかる 申込窓口を決めるポイントと注意点 ドコモ光の概要 モコちゃん ドコモ光ってどこで申し込むのがお得なん? ドコモ光が申し込める窓口はたく ...

続きを見る

ドコモラボ限定特典!
\オプション不要で最大55,000円キャッシュバック!/

ドコモ光×GMOとくとくBBはこちら

✅さらにdポイント2,000pt付き!高性能ルーター無料!

まとめ

ドコモ光を申し込むにあたり、プロバイダ選びは重要です。こだわりたいポイントは人それぞれ違うため、利用者によってかたよりはあるとは思いますが、ひとつの参考にしてもらえたらと思います。

本記事のまとめ

  • GMOをよくおすすめされるのはv6プラスと高性能Wi-Fiルーター無料レンタルが理由
  • プロバイダ選びは「通信速度」>「サポート体制」>「料金」
  • ドコモ光を一番お得に申し込める窓口は「GMOとくとくBB」

これから引っ越しや新生活を予定している人は、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

ドコモラボ限定特典!
\オプション不要で最大55,000円キャッシュバック!/

ドコモ光×GMOとくとくBBはこちら

✅さらにdポイント2,000pt付き!高性能ルーター無料!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ラボ

ドコモに勤めて15年。ドコモショップスタッフが執筆しています。 ドコモを利用する人や、覚えることで大変なショップスタッフの手助けになるようサイトを立ち上げる。 長年培ったプロの視点でドコモサービスを解説・評価・他社比較をするサイト。 ドコモを利用する人はもちろん、他社を利用している人でもタメになるような記事を書きたい。 別サイト「ちょっとWiFi」にてドコモ記事の監修者も手掛ける。

-ドコモ光

© 2023 ドコモラボ -docomolab-

ahamoにおすすめの光回線
詳細はコチラ
ahamoにおすすめの光回線
詳細はコチラ