ドコモオンラインショップ

iPhone

iPhone15シリーズスペックまとめ!買うならどれがいい?

iPhone15|アイキャッチ

米Apple社は、2023年9月12日(日本時間9月13日午前2時)に、新型スマートフォン「iPhone15シリーズ」「Apple Watch」を発表しました。2023年9月15日午後9時から予約開始、9月22日に発売です。
※ Apple Watchは9月22日に発売ですが注文できます

今回発表されたモデルは以下の6機種です。

2023年Appleイベント発表機種

  • Apple Watch Series 9
  • Apple Watch Ultra 2
  • iPhone15
  • iPhone15 Plus
  • iPhone15 Pro
  • iPhone15 Pro Max

本記事はiPhone15シリーズにスポットをあてて解説していきます。

▼ YouTubeはじめました。動画でも解説しています。

 

\ご予約はこちらから!/

docomo OnlineShopでiPhone15を見る

iPhone15シリーズのスペック一覧

iPhone15 iPhone15
Plus
iPhone15
Pro
iPhone15
Pro Max
イメージ iPhone15 iPhone15 Pro|カラー
カラー ブラック/ブルー/グリーン/
イエロー/ピンク
ブラックチタニウム/
ホワイトチタニウム/
ブルーチタニウム/
ナチュラルチタニウム
高さ 147.6mm 160.9mm 146.6mm 159.9mm
71.6mm 77.8mm 70.6mm 76.7mm
厚さ 7.80mm 7.80mm 8.25mm 8.25mm
重量 171g 201g 187g 221g
ディスプレイ

6.1インチ 6.7インチ 6.1インチ 6.7インチ
Super Retina XDRディスプレイ
オールスクリーンOLEDディスプレイ
Dynamic Island
Super Retina XDRディスプレイ
オールスクリーンOLEDディスプレイ
Dynamic Island
常時表示ディスプレイ
解像度 2556 x 1179 2796 x 1290 2556 x 1179 2796 x 1290
輝度 1000nits~2000nits 1000nits~2000nits
ストレージ 128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
1TB
256GB
512GB
1TB
SoC A16 Bionic A17 PRO
カメラ 広角:
4800万画素ƒ/1.6絞り値

超広角:
1200万画素ƒ/2.4絞り値

最大10倍のデジタルズーム
広角:
4800万画素ƒ/1.78絞り値

超広角:
1200万画素ƒ/2.2絞り値

望遠:
1200万画素ƒ/1.78絞り値
3倍光学ズームイン
2倍光学ズームアウト
最大15倍デジタルズーム
5倍光学ズームイン
2倍光学ズームアウト
最大25倍デジタルズーム
ビデオ 4Kビデオ撮影
シネマティックモード
アクションモード
タイムラプスビデオ
4Kビデオ撮影
シネマティックモード
アクションモード
ProResビデオ撮影
タイムラプスビデオ
マクロビデオ撮影
安全 緊急SOS
衝突事故検出
緊急SOS
衝突事故検出
センサー Face ID Face ID
SIMカード デュアルSIM(nanoSIM、eSIM)
デュアルeSIMに対応
デュアルSIM(nanoSIM、eSIM)
デュアルeSIMに対応
バッテリー ビデオ再生/最大20時間
ビデオ再生(ストリーミング)
/最大16時間

オーディオ再生/最大80時間
高速充電に対応
ビデオ再生/最大26時間
ビデオ再生(ストリーミング)
/最大20時間

オーディオ再生/最大100時間
高速充電に対応
ビデオ再生/最大23時間
ビデオ再生(ストリーミング)
/最大20時間

オーディオ再生/最大75時間
高速充電に対応
ビデオ再生/最大29時間
ビデオ再生(ストリーミング)
/最大25時間

オーディオ再生/最大95時間
高速充電に対応
充電ポート USB-C(2.0)
ワイヤレス充電可
USB-C(3.0)
ワイヤレス充電可
防水
ドッくん
ついに充電ポートがLightningケーブルからUSB type-Cに変化!Appleイベントではしれっと紹介されてたけど、結構大きな変化だと思う!

全ラインナップの価格

ストレージ iPhone15 iPhone15
Plus
iPhone15
Pro
iPhone15
Pro Max
128GB 124,800円 139,800円 159,800円
256GB 139,800円 154,800円 174,800円 189,800円
512GB 169,800円 184,800円 204,800円 219,800円
1TB 234,800円 249,800円

Apple公式の価格です。円安によるレートで価格が上がるのではと囁かれていましたが、案の定、iPhone14発表段階の価格と比較してiPhone15は約5,000円ほど値上げ。iPhone15 Proは1万円値上げ。ただ思っていたより値上げされていなくて安堵しました。

ドッくん ため息
ドッくん
端末価格って、マヒしてるところあるよね。

それでは、iPhone15、15 Plusと、iPhone15 Pro、Pro Maxのスペックをそれぞれ具体的に見ていきましょう。

iPhone15、15 Plusの押さえておきたいポイント

iPhone15|SPEC

iPhone15、15Plus(以下iPhone15)は基本的に先代のiPhone14 Proシリーズ同様のスペック。むしろ14 Proはカメラレンズが望遠付きの三眼構成のため、スペックは高いです。

iPhone15のデザイン

iPhone15

iPhone15のカラーは、画像左からブラック、ブルー、グリーン、イエロー、ピンクの計5色展開。かなり優しめの色合いに仕上がっています。

▼超微細な金属イオンによってガラスに色を浸透させ、その表面をナノ結晶粒子で磨き上げてマットな質感で仕上がっています。素材はアルミニウムが採用され、耐久性の高いフレームを備えています。

iPhone15|デザイン

▼また前面はCeramic Shieldが施されていて、ガラスよりも頑丈なんだそう。防水・防塵も完備。

iPhone15|デザイン2

前作からの大きな変化はUSB-Cの充電ポート

来るか来るかと囁かれたUSB-Cが、今作iPhone15シリーズから搭載されました。iPhoneシリーズでは初搭載となります。これが理由でAndroidにしていた人も多いでしょう。

iPhone15|充電ポート

Mac BookやiPadでは先んじてUSB-Cを搭載していましたが、先代のiPhone14シリーズまではLightningを貫いていました。iPhone15シリーズから搭載された背景として「EU」の充電ポート規格がUSB-Cに統一される点が強いでしょう。その他にも利用者の利便性や、電子廃棄物の削減などのメリットがあります。

ドッくん ため息
ドッくん
Appleイベントでも「カーボンニュートラル」って連呼してたし、それにもつながってるのかね。

iPhone15のコネクタはUSB Type-Cですが、USB2.0に対応しています。USB2.0と、iPhone15 Proシリーズ対応のUSB3.0のデータ転送速度や電力供給量の違いは以下の通り。同じ形でも、iPhone15 Proとは品質が違うことは押さえておきましょう。

データ転送速度 電力供給量
USB2.0 最大480Mbps 500mA
USB3.0 最大5Gbps 900mA

iPhone15シリーズにもDynamic Islandが搭載

iPhone15|Dynamic Island

iPhone14 Proに搭載していた「Dynamic Island(ダイナミックアイランド)」がiPhone15にも搭載されました。また上の画像のように2つの機能を同時に使ったとき、表示も2つに分かれてくれます。

iPhone15|Dynamic Island2

上の画像のように電話着信やFace ID、マナーモードのON/OFF、タイマーなどのアラートや通知、音楽再生中に曲をスキップなどあらゆる操作が可能で、かつインカメラのパンチホールを上手く隠しています。

ドッくん 笑顔
ドッくん
ダイナミックアイランドは、iPhone14 Proでかなり人気があった機能なんだ!

iPhone15シリーズのカメラ

iPhone15|camera

iPhone15は4800万画素メインカメラ、1200万画素の超広角カメラの二眼構成。

▼こ~んなきれいな写真が撮れるみたい。

iPhone15|camera2

基本的にはiPhone14のカメラと差ほど変わりません。

▼多少変わったところは、光学ズーム1倍が2倍に引き上げられたところ。

iPhone15|camera3

 

\ご予約はこちらから!/

docomo OnlineShopでiPhone15を見る

iPhone15 Pro、15 Pro Maxの押さえておきたいポイント

iPhone15 Pro|SPEC

iPhone15 Pro、15 Pro Maxは新しいプロセッサを搭載した革新的なスマートフォンです。先代のProとPro Maxは大きさだけが違っていましたが、今作から少し差別化してきた模様です。詳しく見ていきましょう。

iPhone15 Proのデザイン

iPhone15 Pro|デザイン

iPhone15 Proのカラーはブラックチタニウム/ホワイトチタニウム/ブルーチタニウム/ナチュラルチタニウムの4色展開。実物見ないと分からないが、iPhone15と違ってかなり大人びたカラー。ちょっと両極端すぎやしないか。

iPhone15 Pro|チタニウム

そして、iPhone15 Proの大きな変化は、その筐体にチタンが採用されているところ。iPhone15を含めた先代のiPhoneは、基本的にステンレスやアルミニウムを使用していましたが、チタン製はこれが初めて。どうやら航空宇宙産業レベルのチタニウムで火星探査機の合金と同じ素材だそう。

▼現に14 Proと比べて約10%軽くなっています。

Pro Pro Max
重量 iPhone15 Pro:187g(19g↘
iPhone14 Pro:206g
iPhone15 Pro Max:221g(19g↘
iPhone14 Pro Max:240g

チタンの特徴は簡単に言って「頑丈」で「軽い」ところ。ステンレスは頑丈だが重い、アルミニウムは軽いが弱いという弱点がありましたが、それを補うために今回採用されたのがチタニウム。この軽量化と強度はけっこう重要かつ嬉しいポイントですね。

▼ちなみにチタンが使われているのは外側のみ。内部フレームは100%再生アルミニウム製でした。

iPhone15 Pro|内部構造

さらに新しくなったSoC

iPhone15 Pro|プロセッサ

iPhone15 ProのSoCには最新の「A17 PRO」チップ。今回、BionicじゃなくてPROと名付けてきましたが真相はいかに?

iPhone15 Pro|プロセッサ2

A17 PROチップでGPU(Graphics Processing Unit)が最大20%向上しているってことで、ゲームなどのグラフィック処理が格段に上がっています。

Appleイベント見てて思ったのが、えらくゲーム推しだなぁと。ただ確かに大容量なゲームをプレイする際は、AndroidよりiPhoneの方が安定していますし、そのスペックを見せつけるならゲームが手っ取り早い。筆者はソリティアしかしないんであんまり関係ない。

  • iPhone15 Pro|ゲーム画面

iPhone15 Proシリーズのカメラ

iPhone15 Pro|camera

Proシリーズでお馴染みとなった三眼構成。4800万画素メインカメラ、1200万画素の超広角カメラ、同じく1200万画素の望遠カメラ。そしてディスプレイ側にあるフロントカメラも1200万画素。

▼4800万画素のメインカメラでグリーンイグアナ撮影した写真、かなりキメ細かく色鮮やか。これはドキドキしますね。

iPhone15 Pro|camera2

iPhoneの良さってカメラ(動画含む)が圧倒的にキレイってとこなんですよね。

そして、iPhone15 Pro Maxの望遠カメラは120mmレンズの光学5倍ズーム。iPhone15 Proは光学3倍ズームなので、ここにきて差別化を図ってきました。ちなみにPro MaxはiPhone史上最大の光学ズームとなります。

☜ これがこうなります ☞

iPhone15 Pro|1倍メインカメラ

iPhone15 Pro|5倍光学ズーム

モコちゃん 困る
モコちゃん
でも、ズームってすぐ手ぶれしちゃうから、うまく撮れないんだよね。。

▼ってことで、Appleが新たに設計した「テトラプリズム」。レンズ下でガラスが折りたたまれており、光線を4回連続して反射させることで、光学5倍ズームが可能になっているとのこと。iPhone14 Proの2倍に値する最大毎秒10,000回の微調整をしてくれるおかげで手振れも補正してくれます。

iPhone15 Pro|camera3

このテトラプリズムをサポートするために、3Dセンサーシフト光学式手ぶれ補正と、3方向に動くオートフォーカスモジュールが開発されています。

アクションボタン。準備万端。

iPhone15 Pro|アクションボタン

マナーモードの切り替えボタンは、アクションボタンへと変貌を遂げました。ボタンを長押しするだけでよく使う機能を呼び出せます。またカメラやボイスメモなど好みの機能にカスタマイズできます。

もちろんUSB-Cの充電ポート

iPhone15 Pro|充電ポート

iPhone15 ProもUSB-Cで、USB3.0に対応しています。iPhone15無印は2.0に対応しているため、iPhone15 Proの方が性能がいいんです。

データ転送速度 電力供給量
USB2.0 最大480Mbps 500mA
USB3.0 最大5Gbps 900mA

USB-Cは充電だけと考えられがちですが、PCなどへのデータ転送においてもUSB規格が重要になります。なぜiPhone15と15 Proの規格に差をつけてしまったのか。「みんなiPhone15 Pro買ってくれ!」ってことなのか、、ここは不満だ。

まとめ|iPhone15 Pro一択じゃないか

Appleイベント2023

今回発表されたiPhone15、iPhone15 Plus、iPhone15 Pro、iPhone15 Pro Maxの4機種(Apple Watch除く)は、ほとんどiPhone15 Proシリーズを買いましょうといった内容、スペックでした。

iPhone15のデザインが好きって人を除いては、iPhone15を買うメリットはないんじゃないかと思います。よって、今回のiPhoneはProシリーズを狙うのがいいんじゃないでしょうか(チタンの触り心地にもよるが)。

\ご予約はこちらから!/

docomo OnlineShopでiPhone15を見る

ドコモオンラインショップ

新着記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ドックん&モコちゃん

ドックん&モコちゃんがドコモサービスについて解説中! 中の人は現役ドコモショップスタッフが執筆。長年培ったプロの視点でドコモサービスを解説・評価・他社比較をするサイト。 別サイト「ちょっとWiFi」にてドコモ記事の監修者も手掛ける。

-iPhone

ahamoにおすすめの光回線3選
詳細はコチラ
ahamoにおすすめの光回線3選
詳細はコチラ