iPhone

iPhone 14シリーズついに発表!前作とのスペック比較やドコモの価格は?今作を買うべきか解説!

2022年9月8日

iPhone14アイキャッチ画像

2022年日本時間9月8日AM2時より、Appleユーザー待望のiPhone 14シリーズが発表されました。発表されたモデルは4種類。

  • iPhone 14
  • iPhone 14 Plus
  • iPhone 14 Pro
  • iPhone 14 Pro Max

iPhone 14 Plusを除く3機種が予約開始は9月9日21時から、発売は9月16日からスタートとなります。

iPhone 14の情報

iPhone 14、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxの情報

予約開始:2022年9月9日(金)21時~

発売開始:同年9月16日(金)

iPhone 14 Plusの情報

予約開始:2022年9月9日(金)21時~

発売開始:同年10月7日(金)

ドコモオンラインショップはコチラ

本記事はドコモでの価格やiPhone 14シリーズのスペック、また前作iPhone 13と比較してどう良くなったかを解説していきます。

iPhone 14、14 Plusのスペック

iphone14

出典:Apple

購入の決め手となるうちの重要なポイントのひとつは端末のスペックでしょう。すでにiPhoneを利用している方はもちろん、現在Androidを利用しているユーザーからの注目もあります。スペックで解説していく内容は以下の通りです。

iPhone 14シリーズのスペック

  • iPhone 14シリーズの総合スペック一覧
  • iPhone 14シリーズのボディ関連
  • iPhone 14シリーズの本体容量や充電ポート
  • iPhone 14シリーズのカメラ

iPhone 14シリーズの総合スペック一覧

14シリーズと14 Proシリーズを分けて一覧にしています。Proシリーズは14シリーズ解説のあとに一覧を載せています。またiPhone 13シリーズとの比較一覧は後述しています。→iPhone 13シリーズとの比較をみる(下へスクロールします)

iPhone 14シリーズスペック一覧

iPhone 14/ 14 Plus
イメージiPhone 14
カラーミッドナイト/ブルー/スターライト/
パープル/(PRODUCT)REDTM
ディスプレイ6.1インチ/6.7インチ
Super Retina XDRディスプレイ
ストレージ128GB/256GB/512GB
プロセッサA15 Bionic
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
通信エリア5G
サイズ■ iPhone 14
高さ146.7×幅71.5×厚さ7.80mm
■ iPhone 14 Plus
高さ160.8×幅78.1×厚さ7.80mm
重量172g/203g
カメラ1,200万画素
デュアルカメラ(メイン+超広角)
Photonic Engine
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
センサーシフト式手ぶれ補正
ビデオ4Kビデオ撮影
シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
センサーシフト光学手ぶれ補正
アクションモード
安全緊急SOS
衝突事故検出
センサーFace ID
SIMカードデュアルSIM(nanoSIM、eSIM)
デュアルeSIMに対応
バッテリー■ iPhone 14
ビデオ再生/最大20時間
ビデオ再生(ストリーミング)/最大16時間
オーディオ再生/最大80時間
高速充電に対応
■ iPhone 14 Plus
ビデオ再生/最大26時間
ビデオ再生(ストリーミング)/最大20時間
オーディオ再生/最大100時間
高速充電に対応
充電ポートLightning端子
防水あり
ラボちゃん
指紋認証が囁かれていたけどやっぱりFace IDだけになったね。っていうかまたLightning端子かよ。タイプCは次作からか!?

iPhone 14シリーズのボディ関連

iPhone14

出典:Apple

ディスプレイサイズは従来同様の6.1インチサイズと、見るからにかなり大きめサイズの6.7インチの2機種です。今回miniモデルは登場せず、逆に6.7インチサイズの14 Plusを発表しており、「Plus」は2017年に発売したiPhone 8 Plus以来の5年振りとなります。

またiPhone 14シリーズのカラーは全5色展開となり、落ち着いたパステルカラーのパープルが登場しました。

iPhone 14シリーズの本体容量や充電ポート

iPhone 14に入るプロセッサは13 Proと同様のA15 Bionicチップ、6コアCPU/5コアGPUが搭載されています。ストレージも13シリーズ同様128GB/256GB/512GBの3種類です。

充電ポートはタイプCが囁かれていましたが、Lightning端子が続投となりました。

iPhone 14シリーズのカメラ

iPhone14のカメラ

出典:Apple

カメラの画素数は1200万画素で、広角+超広角のデュアルカメラを搭載しています。iPhoneの最新機能である「Photonic Engine」が搭載されており、写真1枚当たり最大4兆回の処理が実行され高解像度で写真を保存できます。

メインカメラƒ/1.5絞り値で超広角カメラはƒ/2.4絞り値になっているため、暗い場所での撮影でもより光を多く取り込めるようになっています(以下の画像参照)。

iPhone14で撮影された男性の写真

出典:Apple

またビデオ撮影においてもセンサーシフト光学手ぶれ補正により、山道を歩きながらの撮影や公園で子どもを追いかけながらの撮影もぶれのない動画撮影が可能です。

iPhone 14シリーズの値段

iphone14値段

出典:Apple

iPhone 14シリーズの端末価格は以下の通りです(Apple公式の価格)。

iPhone 14iPhone 14 Plus
128GB119,800円134,800円
256GB134,800円149,800円
512GB164,800円179,800円

ドコモオンラインショップはコチラ

iPhone 14 Pro、14 Pro Maxのスペック

iphone14 Pro

出典:Apple

iPhone 14シリーズのスペック

  • iPhone 14 Proシリーズの総合スペック一覧
  • iPhone 14 Proシリーズのボディ関連
  • iPhone 14 Proシリーズの本体容量や充電ポート
  • iPhone 14 Proシリーズのカメラ
  • Dynamic Island(ダイナミックアイランド)
  • iPhone 14 Proシリーズのその他アップグレードポイント

iPhone 14 Proシリーズの総合スペック一覧

続いてiPhone 14 Proシリーズの解説です。

iPhone 14 Proシリーズスペック一覧

iPhone 14 Pro/ 14 Pro Max
イメージiPhone14Pro
カラースペースブラック/シルバー/
ゴールド/ディープパープル
ディスプレイ6.1インチ/6.7インチ
Super Retina XDRディスプレイ
ProMotionテクノロジー
常時表示ディスプレイ
Dynamic Island
ストレージ128GB/256GB/512GB/1TB
プロセッサA16 Bionic
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
通信エリア5G
サイズ■ iPhone 14 Pro
高さ147.5×幅71.5×厚さ7.85mm
■ iPhone 14 Pro Max
高さ160.7×幅77.6×厚さ7.85mm
重量206g/240g
カメラ4,800万画素
トリプルカメラ(メイン+超広角+望遠)
3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
6倍の光学ズームレンジ
最大15倍のデジタルズーム
Photonic Engine
第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正
ナイトモードのポートレート
マクロ写真撮影
Apple ProRAW
ビデオ最大4K、30fpsのProResビデオ撮影
※容量128GBのモデルでは1080p、30fps
シネマティックモード
アクションモード
3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大9倍のデジタルズーム
マクロビデオ撮影
※スローモーションとタイムラプスに対応
センサーシフト光学手ぶれ補正
安全緊急SOS
衝突事故検出
センサーFace ID
SIMカードデュアルSIM(nanoSIM、eSIM)
デュアルeSIMに対応
バッテリー■ iPhone 14 Pro
ビデオ再生/最大23時間
ビデオ再生(ストリーミング)/最大20時間
オーディオ再生/最大75時間
高速充電に対応
■ iPhone 14 Pro Max
ビデオ再生/最大29時間
ビデオ再生(ストリーミング)/最大25時間
オーディオ再生/最大95時間
高速充電に対応
充電ポートLightning端子
防水あり

iPhone 14 Proシリーズのボディ関連

iPhone14Pro

出典:Apple

iPhone 14 Proシリーズのボディは、医療に使われるレベルの頑丈なステンレススチールが採用されており、セラミックシールドや耐水性能など耐久性に優れています。

カラーはiPhone 14シリーズ同様にパープルが初登場しており、Proシリーズではディープパープルといった妖艶(艶やか)な紫となっています。

筐体の大きさはiPhone 14 Proでは高さ147.5×幅71.5×厚さ7.85mmに比べ、iPhone 14では高さ146.7×幅71.5×厚さ7.80mmとほんの少しだけiPhone 14 Proに高さと厚みがあり、iPhone 14 Pro Maxでは高さ160.7×幅77.6×厚さ7.85mmに比べ、iPhone 14 Plusでは高さ160.8×幅78.1×厚さ7.80mmで、実はiPhone 14 Plusの方が若干サイズが大きいのが分かります。

iPhone 14 Proシリーズの本体容量や充電ポート

A16Bionicチップ

出典:Apple

iPhone 14 Proのプロセッサは最新のA16 Bionicチップが搭載されています。

A16 Bionicチップでよくなったポイント3点

■ 電力効率
CPUの性能が高くパフォーマンスと効率も向上しているためA15 Bionicチップと比べて消費電力を20%少なくなっています。

■ ディスプレイ
新しいディスプレイエンジンが搭載されており、1Hzのリフレッシュレート、常時表示機能、より明るいピーク輝度、ダイナミックアイランドのアニメーションを滑らかにするなど性能が上がっています。

■カメラ
クアッドピクセルセンサー搭載で4,800万画素の高画質な写真が撮影できる。新機能のPhotonic Engineを搭載。

ストレージは2TBが囁かれていましたが、13 Proシリーズ同様の128GB/256GB/512GB/1TBの4種類でした。充電ポートも変わらずLightning端子です。

iPhone 14シリーズのカメラ

iPhone14Proカメラ

出典:Apple

カメラ画素数はiPhoneシリーズ歴代トップの4,800万画素です。新機能のPhotonic Engineでは、写真1枚当たり最大4兆回の処理が実行され、その1つひとつのピクセルを細部まで分析が行われます。そのため、より美しい写真を撮影することができます。

iPhone 12 Proシリーズから搭載されていた「Apple ProRAW(プロロゥ)」は、今作のiPhone 14 Pro/Pro Maxにも搭載しており、初の4,800万画素の非圧縮のProRAWとなります。ProRAWとは撮影環境に左右されず、解像度を下げずにトリミングやレタッチなど後から編集することができます。

またiPhone 14 Proでは4,800万画素の多くのピクセルのうえ、3倍光学ズームインができるため下記のように解像度を崩さずに拡大することができます。

浜辺

通常写真

浜辺ズーム

光学ズームイン

ダイナミックアイランド(Dynamic Island)

iphone14proのカメラ

出典:Apple

本体の前面上部にあるインカメラ(TrueDepthカメラ)部分では、様々な通知を受け取ることができます。スクリーン上のスペースに、Face ID、電話着信、マナーモードのON/OFF、タイマーなどのアラートや通知が浮かび、そのどれもアクションが面白い演出となっています。

ラボちゃん
これめちゃくちゃいいな。通話をスピーカーにしたり音楽再生中に曲をスキップしたり、よく使う機能が簡単に操作できる。
iphone14Pro電話着信時

電話着信時

iPhone14proマナーモード

マナーモード

iPhone14Pro充電時

充電時

また下記のように音楽再生中や電話中のアクションも、このダイナミックアイランド部分で操作が可能です。

iPhone14音楽再生中

音楽再生中

iPhone14pro通話中

通話中

iPhone 14 Proシリーズの値段

iPhone 14 Proシリーズの端末価格は以下の通りです(Apple公式の価格)。

iPhone 14 ProiPhone 14 Pro Max
128GB149,800円164,800円
256GB164,800円179,800円
512GB194,800円209,800円
1TB224,800円239,800円

ドコモオンラインショップはコチラ

iPhone 14のドコモ販売価格は?

ドコモで発売するiPhone 14シリーズの価格は以下の通りです。

iPhone 14iPhone 14 PlusiPhone 14 ProiPhone 14 Pro Max
128GB138,930円158,180円174,130円201,850円
256GB161,480円179,520円198,880円220,330円
512GB201,740円220,330円238,480円257,070円
1TB275,220円289,300円

端末価格は軒並み10万円を軽く超えてしまう設定になっており、一番高い価格で30万円弱。パソコン価格になってしまいました。

MNPで2万円引き

他社からドコモへ乗り換える場合、5G WELCOME割を受けられるため端末代から22,000円引きされます。機種変更には割引はありません。

いつでもカエドキプログラムで返却すれば安くはなる

いつでもカエドキプログラムとは、残価設定型24回の分割払いで購入した端末を、ある一定条件に基づいたタイミングで返却すると、分割代金の残債がなくなる仕組みです。

詳しくはiPhone13が遂に20万円超え!ドコモの「いつでもカエドキプログラム」や「U30ロング割」プランで半額で購入する方法で解説しています。

ドコモiPhone13を半額で購入する方法
あわせて読みたいiPhone13が遂に20万円超え!ドコモの「いつでもカエドキプログラム」や「U30ロング割」プランで半額で購入する方法

2021年9月17日(金)に予約開始となった新型iPhone「iPhone 13」シリーズは、同年9月24日(金)に発売開始になります。 なんと、一番容量の大きい1TB(テラバイト)だと、ついに本体価 ...

続きを見る

※タブを切り替えられます






・iPhone 14

MNP

iPhone 14MNP(他社からドコモに乗り換え)
128GB256GB512GB
割引前価格138,930円161,480円201,740円
5G WELCOME割▲22,000円▲22,000円▲22,000円
支払総額116,930円139,480円179,740円
分割支払金(1~23回/月)2,073円2,594円3,484円
分割支払金(24回目)69,240円79,800円99,600円
再分割支払金(1~24回/月)2,885円3,325円4,150円
いつでもカエドキプログラム利用時のお客様負担額
23か月目に本機種を返却した場合47,690円59,680円80,140円
12か月目に本機種を返却した場合37,790円47,580円65,840円

新規、機種変更、契約変更

iPhone 14新規、機種変更、契約変更
128GB256GB512GB
割引前価格138,930円161,480円201,740円
支払総額138,930円161,480円201,740円
分割支払金(1~23回/月)3,030円3,551円4,440円
分割支払金(24回目)69,240円79,800円99,600円
再分割支払金(1~24回/月)2,885円3,325円4,150円
いつでもカエドキプログラム利用時のお客様負担額
23か月目に本機種を返却した場合69,690円81,680円102,140円
12か月目に本機種を返却した場合59,790円69,580円87,840円

・iPhone 14 Plus

MNP

iPhone 14 PlusMNP(他社からドコモに乗り換え)
128GB256GB512GB
割引前価格158,180円179,520円220,330円
5G WELCOME割▲22,000円▲22,000円▲22,000円
支払総額136,180円157,520円198,330円
分割支払金(1~23回/月)2,487円2,956円3,880円
分割支払金(24回目)78,960円89,520円109,080円
再分割支払金(1~24回/月)3,290円3,730円4,545円
いつでもカエドキプログラム利用時のお客様負担額
23か月目に本機種を返却した場合57,220円68,000円89,250円
12か月目に本機種を返却した場合47,320円55,900円73,850円

新規、機種変更、契約変更

iPhone 14 Plus新規、機種変更、契約変更
128GB256GB512GB
割引前価格158,180円179,520円220,330円
支払総額158,180円179,520円220,330円
分割支払金(1~23回/月)3,444円3,913円4,836円
分割支払金(24回目)78,960円89,520円109,080円
再分割支払金(1~24回/月)3,290円3,730円4,545円
いつでもカエドキプログラム利用時のお客様負担額
23か月目に本機種を返却した場合79,220円90,000円111,250円
12か月目に本機種を返却した場合69,320円77,900円95,850円

・iPhone 14 Pro

MNP

iPhone 14 ProMNP(他社からドコモに乗り換え)
128GB256GB512GB1TB
割引前価格174,130円198,880円238,480円275,220円
5G WELCOME割▲22,000円▲22,000円▲22,000円▲22,000円
支払総額152,130円176,880円216,480円253,220円
分割支払金(1~23回/月)2,842円3,386円4,278円5,098円
分割支払金(24回目)86,760円99,000円118,080円135,960円
再分割支払金(1~24回/月)3,615円4,125円4,920円5,665円
いつでもカエドキプログラム利用時のお客様負担額
23か月目に本機種を返却した場合65,370円77,880円98,400円117,260円
12か月目に本機種を返却した場合55,470円64,680円81,900円98,560円

新規、機種変更、契約変更

iPhone 14 Pro新規、機種変更、契約変更
128GB256GB512GB1TB
割引前価格174,130円198,880円238,480円275,220円
支払総額174,130円198,880円238,480円275,220円
分割支払金(1~23回/月)3,798円4,342円5,234円6,054円
分割支払金(24回目)86,760円99,000円118,080円135,960円
再分割支払金(1~24回/月)3,615円4,125円4,920円5,665円
いつでもカエドキプログラム利用時のお客様負担額
23か月目に本機種を返却した場合87,370円99,880円120,400円139,260円
12か月目に本機種を返却した場合77,470円86,680円103,900円120,560円

・iPhone 14 Pro Max

MNP

iPhone 14 Pro MaxMNP(他社からドコモに乗り換え)
128GB256GB512GB1TB
割引前価格201,850円220,330円257,070円289,300円
5G WELCOME割▲22,000円▲22,000円▲22,000円▲22,000円
支払総額179,850円198,330円235,070円267,300円
分割支払金(1~23回/月)3,473円3,880円4,695円5,345円
分割支払金(24回目)99,960円109,080円127,080円144,360円
再分割支払金(1~24回/月)4,165円4,545円5,295円6,015円
いつでもカエドキプログラム利用時のお客様負担額
23か月目に本機種を返却した場合79,890円89,250円107,990円122,940円
12か月目に本機種を返却した場合65,590円73,850円90,390円103,140円

新規、機種変更、契約変更

iPhone 14 Pro Max新規、機種変更、契約変更
128GB256GB512GB1TB
割引前価格201,850円220,330円257,070円289,300円
支払総額201,850円220,330円257,070円289,300円
分割支払金(1~23回/月)4,430円4,836円5,651円6,301円
分割支払金(24回目)99,960円109,080円127,080円144,360円
再分割支払金(1~24回/月)4,165円4,545円5,295円6,015円
いつでもカエドキプログラム利用時のお客様負担額
23か月目に本機種を返却した場合101,890円111,250円129,990円144,940円
12か月目に本機種を返却した場合87,590円95,850円112,390円125,140円

少しでも金額を抑えるならドコモオンラインショップ

iPhone 14/14 Proシリーズを購入するならドコモオンラインショップがおすすめです。待ち時間なし、24時間いつでも申し込めて、なにより事務手数料がかかりません

ドコモオンラインショップはこちら

iPhone 14シリーズと14 Proシリーズを比較

iPhone 14シリーズを検討している方は、14シリーズか14Proシリーズが迷う方も多いはず。まずは今回のモデル同士で比較していきましょう。下記比較一覧では、スペックが上がったポイントは赤ラインを引いていますので参考にしてください。

iPhone 14/ 14 PlusiPhone 14 Pro/ 14 Pro Max
イメージiPhone 14iPhone14Pro
ディスプレイ6.1インチ/6.7インチ6.1インチ/6.7インチ
Dynamic Island
ProMotionテクノロジー
常時表示ディスプレイ
ストレージ128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB/1TB
プロセッサA15 Bionic
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
A16 Bionic
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
通信エリア5G5G
サイズ■ iPhone 14
高さ146.7×幅71.5×厚さ7.80mm
■ iPhone 14 Plus
高さ160.8×幅78.1×厚さ7.80mm
■ iPhone 14 Pro
高さ147.5×幅71.5×厚さ7.85mm
■ iPhone 14 Pro Max
高さ160.7×幅77.6×厚さ7.85mm
重量172g/203g206g/240g
カメラ1,200万画素
デュアルカメラ(メイン+超広角)
Photonic Engine
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
センサーシフト式手ぶれ補正
4,800万画素
トリプルカメラ(メイン+超広角+望遠)
3倍の光学ズームイン
6倍の光学ズームレンジ
最大15倍のデジタルズーム

Photonic Engine
第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正
ナイトモードのポートレート
マクロ写真撮影
Apple ProRAW
ビデオ4Kビデオ撮影
シネマティックモード
※最大4K HDR、30fps
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
アクションモード
センサーシフト光学手ぶれ補正
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影
※容量128GBのモデルでは1080p、30fps
シネマティックモード
※最大4K HDR、30fps
3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大9倍のデジタルズーム
アクションモード
マクロビデオ撮影
※スローモーションとタイムラプスに対応
センサーシフト光学手ぶれ補正
安全緊急SOS
衝突事故検出
緊急SOS
衝突事故検出
バッテリー■ iPhone 14
ビデオ再生/最大20時間
ビデオ再生(ストリーミング)/最大16時間
オーディオ再生/最大80時間
高速充電に対応
■ iPhone 14 Plus
ビデオ再生/最大26時間
ビデオ再生(ストリーミング)/最大20時間
オーディオ再生/最大100時間
高速充電に対応
■ iPhone 14 Pro
ビデオ再生/最大23時間
ビデオ再生(ストリーミング)/最大20時間
オーディオ再生/最大75時間
高速充電に対応
■ iPhone 14 Pro Max
ビデオ再生/最大29時間
ビデオ再生(ストリーミング)/最大25時間
オーディオ再生/最大95時間
高速充電に対応
充電ポート Lightning端子Lightning端子

iPhone 14と比較してiPhone 14 ProではA16 Bionicチップが搭載されていることもあり、カメラやビデオの撮影、バッテリー駆動時間において差があります。また新しいiPhoneのシステムである「ダイナミックアイランド」が搭載されているのは強いのではないでしょうか。

前作iPhone 13とのスペック比較

まず通常モデルから比較していきます。13シリーズは元々5色展開でしたが、新色としてグリーンが登場し全6色展開です。一方14シリーズはパープルが初登場し全5色展開となっています。

iPhone 13 mini/ 13iPhone 14/ 14 Plus
イメージiPhone 13iPhone 14
ディスプレイ5.4インチ/6.1インチ6.1インチ/6.7インチ
ストレージ128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB
プロセッサA15 Bionic
6コアCPU
4コアGPU
16コアNeural Engine
A15 Bionic
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
通信エリア5G5G
サイズ■ iPhone 13 mini
高さ131.5×幅64.2×厚さ7.65mm
■ iPhone 13
高さ146.7×幅71.5×厚さ7.65mm
■ iPhone 14
高さ146.7×幅71.5×厚さ7.80mm
■ iPhone 14 Plus
高さ160.8×幅78.1×厚さ7.80mm
重量140g/173g172g/203g
カメラ1,200万画素
デュアルカメラ(メイン+超広角)
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
センサーシフト式手ぶれ補正
1,200万画素
デュアルカメラ(メイン+超広角)
Photonic Engine
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
センサーシフト式手ぶれ補正
ビデオ4Kビデオ撮影
シネマティックモード
※最大4K HDR、30fps
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
センサーシフト光学手ぶれ補正
4Kビデオ撮影
シネマティックモード
※最大4K HDR、30fps
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
センサーシフト光学手ぶれ補正
アクションモード
安全緊急SOS緊急SOS
衝突事故検出
バッテリー■iPhone 13 mini
ビデオ再生/最大17時間
ビデオ再生(ストリーミング)/最大13時間
オーディオ再生/最大55時間
高速充電に対応
■iPhone 13
ビデオ再生/最大19時間
ビデオ再生(ストリーミング)/最大15時間
オーディオ再生/最大75時間
高速充電に対応
■ iPhone 14
ビデオ再生/最大20時間
ビデオ再生(ストリーミング)/最大16時間
オーディオ再生/最大80時間
高速充電に対応
■ iPhone 14 Plus
ビデオ再生/最大26時間
ビデオ再生(ストリーミング)/最大20時間
オーディオ再生/最大100時間
高速充電に対応
充電ポートLightning端子 Lightning端子

前作iPhone 13 Proとのスペック比較

続いて13 Proシリーズとの比較です。13 Proシリーズも元々4色展開でしたが、新色でグリーンが登場し5色展開に増やしました。形はほとんど変わっていませんが、やはり14 Proシリーズから搭載されている「ダイナミックアイランド」が魅力かと思います。

iPhone 13 Pro/ Pro MaxiPhone 14 Pro/ Pro Max
イメージiPhone 13ProiPhone14Pro
ディスプレイ6.1インチ/6.7インチ6.1インチ/6.7インチ
ストレージ128GB/256GB/512GB/1TB128GB/256GB/512GB/1TB
プロセッサA15 Bionic
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
A16 Bionic
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
通信エリア5G5G
サイズ■ iPhone 13 Pro
高さ146.7×幅71.5×厚さ7.65mm
■ iPhone 13 Pro Max
高さ160.8×幅78.1×厚さ7.65mm
■ iPhone 14 Pro
高さ147.5×幅71.5×厚さ7.85mm
■ iPhone 14 Pro Max
高さ160.7×幅77.6×厚さ7.85mm
重量203g/238g206g/240g
カメラ1,200万画素
トリプルカメラ(メイン+超広角+望遠)
3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
6倍の光学ズームレンジ
最大15倍のデジタルズーム
センサーシフト光学式手ぶれ補正
ナイトモードのポートレート
マクロ写真撮影
Apple ProRAW
4,800万画素
トリプルカメラ(メイン+超広角+望遠)
3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
6倍の光学ズームレンジ
最大15倍のデジタルズーム
Photonic Engine
第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正
ナイトモードのポートレート
マクロ写真撮影
Apple ProRAW
ビデオ最大4K、30fpsのProResビデオ撮影
※容量128GBのモデルでは1080p、30fps
シネマティックモード
3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大9倍のデジタルズーム
マクロビデオ撮影
※スローモーションとタイムラプスに対応
センサーシフト光学手ぶれ補正
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影
※容量128GBのモデルでは1080p、30fps
シネマティックモード
3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大9倍のデジタルズーム
アクションモード
マクロビデオ撮影
※スローモーションとタイムラプスに対応
センサーシフト光学手ぶれ補正
安全緊急SOS緊急SOS
衝突事故検出
バッテリー■iPhone 13 Pro
ビデオ再生/最大22時間
ビデオ再生(ストリーミング)/最大20時間
オーディオ再生/最大75時間
高速充電に対応
■iPhone 13 Pro Max
ビデオ再生/最大28時間
ビデオ再生(ストリーミング)/最大25時間
オーディオ再生/最大95時間
高速充電に対応
■ iPhone 14 Pro
ビデオ再生/最大23時間
ビデオ再生(ストリーミング)/最大20時間
オーディオ再生/最大75時間
高速充電に対応
■ iPhone 14 Pro Max
ビデオ再生/最大29時間
ビデオ再生(ストリーミング)/最大25時間
オーディオ再生/最大95時間
高速充電に対応
充電ポートLightning端子Lightning端子

iPhoneにつけるべき補償サービス

さて、ここまではスペックのお話をメインに話してきましたが、せっかく新しいiPhoneを購入したなら万が一のトラブルにも備えておきたいものです。ここからはiPhoneにつけておくべき補償サービスを解説していきます。

ドコモでは新しい補償サービスがスタート

2022年9月15日より、ドコモでは新しいスマートフォンへの補償サービス「smartあんしん補償」が始まります。今作iPhone 14シリーズより対応している補償で、サービススペックも従来の「ケータイ補償サービス」と比較して上がっています。

補償上限額/
利用者負担額
補償上限額補償開始日補償対象
利用機種の補償・330円プラン:5,500円
・550円プラン:8,250円
・825円プラン:12,100円
・990円プラン:12,100円
2回/年まで契約開始日~2022年9月15日以降に発売した
ドコモケータイ/スマホなど
※譲渡、貸与、拾得した機種は対象外
イエナカ機器補償補償上限額
・PC:70,000円
・タブレット:40,000円
・テレビ:70,000円
・その他:30,000円
個人名義:
2回/年まで
法人名義:
6回/年まで
契約開始日から15日目・パソコン
・タブレット
・テレビ
・ゲーム機
・プリンター
・外付けHDD など
スマホ不正決済補償補償上限額
100万円/1事故
個人名義:
1回/年まで
法人名義:
5回/年まで
契約開始日から翌日・QRコード決済
・後払い式電子マネー
携行品補償mini補償上限額
10,000円
※自己負担額3,000円
なし
※補償上限額に達するまで
何回でも可
携行品miniの申込み日の
翌月1日
日本国内の外出先で
所有物に損害が生じた場合

 

詳しくはドコモのsmartあんしん補償がすごい!iPhone 14シリーズ買う方に注目してほしいにて解説しています。

ドコモ補償サービス
あわせて読みたいドコモのsmartあんしん補償がすごい!iPhone 14シリーズ買う方に注目してほしい

NTTドコモは新しい補償サービス「smartあんしん補償」の提供を2022年9月15日より提供開始と発表しました。 本記事ではサービスの概要や補償範囲、加入条件などを詳しく解説します。 目次1 sma ...

続きを見る

iPhoneに強い補償「モバイル保険」

モバイル保険バナー

モバイル保険は紛失以外のトラブル時に最大10万円まで補償してくれます。また利用している機種とは別に副端末として2台、合計3台まで月額700円で加入することができます。

詳細はiPhone利用者が「モバイル保険」に加入すべき5つの理由|メリット・デメリット・評判を徹底的に解説!にて記載しています。

iPhoneとモバイル保険
あわせて読みたいiPhone利用者が「モバイル保険」に加入すべき5つの理由|メリット・デメリット・評判を徹底的に解説!

新しくスマートフォンを購入したのに、「落として画面割れ(水没)させてしまった」なんて話は日常茶飯事でよく耳にします。 1~2万円で購入した格安スマートフォンならまだしも、それが新しく購入したiPhon ...

続きを見る

まとめ

今年も新たなiPhoneが発表され、午前2時からのAppleイベントを食らいついて見ていた方も多いと思います。それほど魅力があるからこそ、日本国内ではiPhoneを利用する人が多く、注目を集めているのでしょう。

個人的にも今作iPhone 14シリーズの、主にProシリーズはかなりおすすめしたい。ただ大きくは代わり映えしていないため、iPhone 13シリーズを購入する人はかなり多いと思います。

今後また新たな情報があれば更新していきます。

ドコモオンラインショップはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ラボ

ドコモに勤めて15年。 ドコモショップスタッフによるドコモユーザーや覚えることで大変なドコモで勤めるスタッフの手助けになるようサイトを立ち上げる。 長年培ったプロの視点でドコモサービスを解説・評価・他社比較をするサイト。 ドコモを利用するすべての人のためになるよう忌憚なく記事を書いていきます。別サイト「ちょっとWiFi」にてドコモ記事の監修者も手掛ける。

-iPhone

© 2022 ドコモラボ -docomolab-