Wi-Fiルーター

激安ポケットWi-Fiを見つけた!初期費用無料で月100GB利用できる「超格安WiFi」を解説

2022年9月4日

ポケットWi-Fi

昨今では無制限プランが登場し、徐々に需要が縮まっているポケットWi-Fiですが、使い方次第ではキャリアの無制限プランを利用するより快適、かつ月々の利用料金を抑えることがかのうです。

ポケットWi-Fiにおいて月額料金が安い会社会社は多く存在しますが、「安い」=「品質が落ちる」という方程式を、良い意味で覆してしまうポケットWi-Fiがありました。格安で便利なポケットWi-Fiを探している方必見、月100GB通信可能で激安なポケットWi-Fiをご紹介していきます。

\初期費用・解約違約金なし!/

超格安WiFi公式サイトはコチラ

激安ポケットWi-Fi提供の「超格安WiFi」

超格安WiFiトップ

サービス名称がその名のとおり「超格安WiFi」と言い、株式会社スペースエージェントが運営しているポケットWi-Fiサービスです。料金プランや端末のスペックを見ていきましょう。

項目概要
サービス名称超格安WiFi
通信エリアソフトバンク対応4Gエリア
データ通信量100GB/月
通信制限日数制限なし
月間100GBを超過した場合に限り低速(128Kbps)
データ量追加購入不可
※100GB超過時翌月1日にリセット
料金プラン・スタンダードプラン
・1年プラン
支払方法クレジットカードのみ
到着日数13時までに申込むと最短当日発送
※配達日指定不可

ポケットWi-Fiレンタル界隈によくある「3日間制限」は、超格安WiFiにはありません。しかし、異常な通信量と回線元(ソフトバンク)がみなした場合、低速になる可能性があります。

超格安WiFiの料金プラン

料金プランはシンプルに2つから選べます。短期間だけレンタルしたい場合の「スタンダードプラン」と、長期間レンタルしたい場合の「1年プラン」があります。

それぞれの料金は以下の通りです。

スタンダードプラン1年プラン
月額料金3,828円3,410円
データ通信量100GB100GB
端末費用0円0円
初期費用0円0円
解約金0円0円
※1年以内の解約で10,450円の違約金
安心サポートパック
(任意)
月550円月550円

スタンダードプランと1年プランの月額料金の差は418円あり、1年プランだと1年以内に解約すると10,450円の違約金が発生します。1年以内に解約する可能性がある場合、月額料金の差額では違約金分元を取れないため、必ずスタンダードプランにしておきましょう

またスタンダードプランの場合、最低利用期間などの縛りがないため、気楽に申し込むことができるのもメリットのひとつです。

レンタルできるポケットWi-Fi

超格安WiFiにてレンタルできる端末は2種類から選ぶことができます。スペックは以下を参考にしてください。また本体の貸し出しは必須で、SIMのみのレンタルは行っておりません。

ラボちゃん
SIMカードをぶっこ抜いて他の機械に入れるのもダメよ。
MF855+F FS030W
イメージポケットWi-Fi「MF855」+F FS030W
サイズ約75×102.2×22.3mm約74.0×74.0×17.3mm
重量約235g約128g
受信時最大速度112.5Mbps150Mbps
送信時最大速度37.5Mbps50Mbps
同時接続台数最大9台
(Wi-Fi接続8台+USBケーブル接続1台)
最大15台
連続通信時間約18.5時間無線LAN通信 最大20時間(LTE通信時)
Bluetooth 最大24時間(LTE通信時)
連続待受時間約1,560時間約600時間

以上2機種のどちらかが発送されますが、端末を指定することはできません。また自然故障などにより端末に不具合が生じている場合以外、端末の交換は認められません。

通信速度についてはベストエフォート方式により云々かんぬんありますが割愛します(まぁ要は通信環境によって速度が変化してしまうよということ)。この2機種を比較すると「FS030W(黒い方)」の最大通信速度やバッテリー駆動時間、持ち運ぶ際の重量などあらゆる点において優れているように見えます。

端末トラブル時の費用

もしレンタルしたポケットWi-Fiが「破損した」「紛失した」などトラブルに見舞われた場合、弁済金が発生します。しかし任意の保険である「安心サポートパック」に加入しておくことで、万が一の弁済金額を抑えることができます。

破損紛失
弁済金22,000円22,000円
安心サポートパック加入時0円11,000円
ラボちゃん
任意保険だけど心配なら入っておこう。転ばぬ先の杖である。

\初期費用・解約違約金なし!/

超格安WiFi公式サイトはコチラ

超格安WiFiと他社の比較

ポケットWi-Fiレンタルサービスの中でも、安い会社を選別しました。

超格安WiFiWiFiレンタルどっとこむZEUS WiFi縛りなしWiFi
イメージ超格安WiFiWiFiレンタルどっとこむZEUSWiFi縛りなしWiFi
月額料金3,828円1日:470円~
1ヵ月:3,565円~
2,618円~4,708円1,890円~3,980円
データ通信量100GB5GB~無制限20GB~100GB10GB~90GB
契約期間なしなしなしなし
利用可能エリア国内のみ国内・海外国内・海外国内・海外

当然、利用できるデータ通信量によって月額料金が異なりますが、「超格安WiFi」はバランスが取れていることが見て取れます。海外利用ができないところはデメリットですが、国内利用を目的とするならば特に気になりません。

ラボちゃん
少ないデータ通信量でよければ超格安WiFi以外でもいいと思う。1ヵ月間で自分がどれくらい使用するのかは把握しておこう。1GBでどのくらい利用できるかのデータ量については後述している。

決め手となるのは月間のデータ使用量

超格安WiFiは月100GB利用ができ、月額料金も他社と比較して安いことは分かりました。しかし、月100GBも必要がない方にとっては、小容量プランが設けてある会社を選んだ方が当然安くなります。

その点、20GB・40GB・・・とプランが用意されているZEUS WiFiや縛りなしWiFiの方が、柔軟性が高いと言えるでしょう。

データ通信量の目安

自分自身が、毎月どのくらいのデータ通信量を使用しているのか確認したことはありますか?ほとんどの方が、あまり気にせずに利用していると思います。

では実際1GBや他容量でどれくらい利用できるのか見ていきましょう。

1GB20GB40GB100GB
WEB閲覧約4,000ページ約80,000ページ約160,000ページ約400,000ページ
メール送信約2,000通約40,000通約80,000通約20,000通
ZOOMビデオ通話約1.5時間約34時間約68時間約170時間
YouTube(360p)約3時間約60時間約120時間約300時間
映画視聴(中画質)2.5時間約33時間約66時間約166時間

あくまで目安となりますが、100GBだとざっとこのくらい利用できます。ただ、大容量な動画をダウンロードしたり、オンラインゲームがしたいなどといった場合は、光などの固定回線を引くことをおすすめします。

\初期費用・解約違約金なし!/

超格安WiFi公式サイトはコチラ

株式会社スペースエージェントの他サービス

本記事にて解説している株式会社スペースエージェントでは、超格安WiFiの他にもポケットWi-Fiのレンタルを行っています。詳しく見ていきましょう。

他サービスはコチラ!

  • 最安値保証WiFi
  • SPACE Wi-Fi

最安値保証WiFi

最安値保証WiFiは超格安WiFiと同様、初期費用がなく契約期間の縛りがないポケットWi-Fiレンタルサービスです。月額料金など細かい箇所は多少違うものの、安いのは事実です。詳細は以下の通りです。

項目概要
イメージJT-101
機種名JT-101
サービス名称最安値保証WiFi
通信エリアドコモLTE対応エリア
※800MHz以外
月額料金3,608円
データ通信量100GB/月
通信制限4GB/日
データ量追加購入不可
※100GB超過時翌月1日にリセット
契約手数料0円
解約違約金0円
契約期間なし
支払方法クレジットカードのみ
到着日数申し込み後翌営業日に発送
あんしん端末補償550円/月
※破損/紛失時44,000円→11,000円

本記事のテーマである超格安WiFiと比較したところデメリットとなるポイントは2点あります

デメリット

・端末トラブル時の費用が2倍
・一日の通信制限(4GB/日)がある

SPACE Wi-Fi

続いてのSPACE Wi-Fiは、最安値保証WiFiや超格安WiFiと同様、初期費用がなく契約期間の縛りがないポケットWi-Fiレンタルサービスです。また端末は2種類からランダムで送付されますがスペックに差はありません。

項目概要
イメージH01U3
機種名H01U3
サービス名称SPACE Wi-Fi
通信エリアドコモ・au・Softbank
月額料金4,048円
データ通信量無制限
通信制限2GB/日
データ量追加購入不可
※100GB超過時翌月1日にリセット
契約手数料0円
解約違約金0円
契約期間なし
支払方法クレジットカードのみ
到着日数申込みから3日で発送
あんしん端末補償550円/月
※破損/紛失時44,000円→11,000円

SPACE WiFiは、これまで解説してきましたサービスと異なる点が、「無制限」で利用できるところです。ところが、超格安WIFiと比較したデメリットなポイントは同じく2点あります。

デメリット

・端末トラブル時の費用が2倍
・一日の通信制限(2GB/日)がある

まとめ

今回はレンタル用ポケットWi-Fiについて解説しました。ポケットWi-Fiをレンタルするということは、目的は様々だと思いますが、長期的に借りるものではなく、

  • 光回線が導入するまでのあいだだけ
  • 1週間旅行に行くあいだだけ
  • カフェで仕事をするあいだだけ

など、短期的に利用するものと考えています。

ラボちゃん
光回線と違って、工事の手間や初期費用・解約金がかからない点はかなりポイントは高いが。

なんにせよ、いつでも解約できるところは柔軟性が高いので、気軽に試してみるのもよいのではないでしょうか。

\初期費用・解約違約金なし!/

超格安WiFi公式サイトはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ラボ

ドコモに勤めて15年。 ドコモショップスタッフによるドコモユーザーや覚えることで大変なドコモで勤めるスタッフの手助けになるようサイトを立ち上げる。 長年培ったプロの視点でドコモサービスを解説・評価・他社比較をするサイト。 ドコモを利用するすべての人のためになるよう忌憚なく記事を書いていきます。別サイト「ちょっとWiFi」にてドコモ記事の監修者も手掛ける。

-Wi-Fiルーター

© 2022 ドコモラボ -docomolab-